テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

ゲーミングマウスを買いました。

ゲーミングマウスを購入しました。別にゲームなんてやるつもりはありません。

IMG_2679
いかにもゲームっぽいデザイン。自分で買っておきながら、「ダッサーーーーー!!」

そもそも、つい最近までゲーミングマウスなる物があることをまったく知りませんでした。なにやら感度が良いだとか、クリック性が良いとか、普通のマウスとはやはり違うようです。IMG_2689




IMG_2688
しかも、電源を入れると怪しく光ります。「うわぁ〜〜〜、恥ずかしいーーーーー!」


最初にも書いたとおり、ゲーム目的ではなく日常使いです。

ちなみに、これは左利き用のマウスです。久しぶりのマウスの購入で知ったのですが、左利き用のマウスは極端に少ないです。このような分野のマウスでは特に選択肢が少ない。


そもそもマウスの左手操作ですと、右手でテンキーを打てたりキーボード操作がとても快適なので、あまり不便を感じてはいませんでしたが、親指のところにあるマルチボタンを使う目的で購入しました。

@IMG_2678
親指のところに12個のボタンがあります。そんな使いこなせる気はしません。慣れるのも結構大変そうです。


何はともあれ、日常の気になったことはとことん効率化をしたいと思います。どれだけの効果があるかは不明ですが、常に試行錯誤することは大事だと思います。



ただ、効率化しすぎて自分の人生そのものがショートカットしてしまったらどうしよう。人生は遠回りするくらいがいいんでしょうかね、、、

今週はAdobe In Designによるマニュアル制作(基本編)セミナーです。

10月21日(土)はAdobe In Designによるマニュアル制作(基本編)のセミナーがあります。テクニカルイラストレーション作成のセミナーではありませんが、マニュアル製作に関わっている方であれば、参考になる点は多いのではないでしょうか。テクニカルイラストレーション作成が主な仕事であっても、関連する仕事を知ることはとても有効だと思います。

セミナー詳細より転載画像image87


一日完結のセミナーで、Adobe In Designによるマニュアル制作の基本を学べる機会は、少ないと思います。また、日本ビジュアルコミュニケーション協会で毎年開催しているセミナーではありませんので、この機会をお見逃しなく。

まだ、ご応募可能です。

今年度の技能検定試験の申し込み終了しました。

今年度の技能検定試験の申し込みが終了しました。今回、受験の申し込みをされた方は、一発で合格できるように頑張ってください。

来年度は3級だけでなく、隔年となっている1級と2級の試験があります。3級では物足りないという方は、是非、こちらに挑戦してみてください。


3級の課題図ですと、少し単純な内容に見えてしまいがちですが、2級からはより専門な機械系の内容になっていきます。

何年か前の日本ビジュアルコミュニケーション協会で行った、テクニカルイラストレーション技能検定試験受験対策セミナーの時に出題された模擬試験課題図を、これまたAdobe Illustratorで描いてみました。2級相当
<線ウェイトはつけません。あと、色もつけません。あくまでご参考です。>


今年度、受験されない方も、次年度の試験に向けてちょっとづつトレーニングしてみてください。

技能検定試験の申し込みが迫っています。

技能検定試験の申し込みは10月13日(金)までです。まだ、申し込んでいない方はお気をつけください。

ご参考までに、実技試験課題について紹介テクニカルイラストレーション技能士の実技試験概要より、一部抜粋。

【実技試験課題】
■第三角法で描かれた課題図から、等角投影図(等測投影図)で、立体外観図(姿図)をCAD(グラフィックソフトを含む。)により作成する。

■試験時間:2時間 (ちなみに、CADも手描きも課題図は共通です)


日本ビジュアルコミュニケーション協会のwebサイトで公開されている、<3級の試験の問題例>をAdobe Illustratorで描いてみました。3級の図
等測投影図(等角投影図)、等測図の理解は必要です。特別難しい内容ではありません。3DCADでもアイソメなどの言葉が出てくるかも知れませんが、ちゃんとその意味を知っていたほうがいいと思います。意匠図面でも、等測投影図などの言葉はでてきます。

以下、日本ビジュアルコミュニケーション協会では、Adobe Illustratorで描くテクニカルイラスト、テクニカルイラストレーション技能検定試験の作図の2つのセミナーがあります。テクニカルイラストレーションの基礎知識を学ぶにはもってこいかと思います。

【Adobe Illustratorで描くテクニカルイラスト《入門》/特許図面作成 〜より早く正確に!〜】
■日時:平成29年10月14日(土)13:00〜17:00
■会場:大阪市立青少年センターKOKO PLAZA 講義室504号室


【テクニカルイラストレーション技能検定試験(3級)受験対策セミナー】
■日時:平成29年11月18日(土)13:00〜17:00
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟C-511

テクニカルイラストレーション技能検定試験3級の学科

テクニカルイラストレーション技能検定試験の申し込みの締め切りが近づいています。受験をする方は、お気をつけください。

受付期間 平成29年10月2日(月)から10月13日(金)まで (土日祝日を除く)

テクニカルイラストレーション技能検定試験は実技の作図だけではなく、学科試験もあります。

学科試験は以下の範囲で出題されます。詳しくはコチラを確認してください。

==================
1 製図
製図に関する日本工業規格 投影法 製図用器具の種類及び使用方法 製図用紙の種類及び規格

2 立体図
立体図の種類、特徴及び用途

3 立体図作成法
立体図の作図方法 スケッチ

4 CAD
CADに関する知識
=============..

作図だけやっていればいいやと思わず、学科も勉強しておいてください。これらはテクニカルイラストレーションの作図だけでなく、特許・意匠図面の仕事をする上でも、必要になる基礎知識だと思います。

ただ、作図の練習をしていれば自然と身に付いてくるような知識ですので、身構える必要はありません。テクニカルイラストレーションの本や機械製図の本などが参考になります。

「4、CADに関する知識」についても、コンピューターで作図をしている方であれば、すでに知っている知識も十分あるかと思います。

尚、11月に開催する、【テクニカルイラストレーション技能検定試験(3級)受験対策セミナー】では、学科試験の傾向と対策も解説いたします。


何はともあれ、作図が一番の主役です。しっかり練習しておいてください。日本ビジュアルコミュニケーション協会のwebサイトでは、以下の<3級の試験の問題例>も公開していますので、練習として作図してみてください。3kyuu_rei

スモーク(燻製)作りに挑戦!

陣場形山のキャンプ場で一泊した後、今度は精進湖に移動してキャンプイン。

_DSC1531
富士山が目の前に見えるのがいいです。

_DSC1532
まだ、初冠雪はしていない模様。やっぱり富士山は雪を被っていたほうがいいな。

_DSC1533
ここは有料のキャンプ場です。

今回は、スモーク作りをしてみた。用意したのは、ダンボールと網とスモークウッド。後はお好みの食材だけでOK。

_DSC1524
近所のスーパーで空きダンボールをいただいてきた。

スモークウッド。肉、魚など燻製にする内容に合わせて、木の種類を代えると良いらしい。今回は一番、万能なタイプを選んだ。500円でお釣りがきた。_DSC1525


_DSC1529
あまり見栄えは良くない。ペットボトルの水は風で飛ばないように置いている。

_DSC1528
定番のチーズとたら子とソーセージを入れてみた。

_DSC1534
途中の様子。この後、30分ほど燻して完成。

酒のつまみに最適でした。

とても簡単でお金もかからないので、お勧めです。ただし、煙の量が多いので住宅街でやるのは難しいかも。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ