テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

特許情報フェア2016

image

特許情報フェア・2016、今年も科学技術館で開催中。


ここ数年は中国企業の出展や中韓の方々の来場が多く見受けられる。欧米の出展はさほど多くない。

今年で25回目の開催、マンネリ化は歪めない。各社毎年違いを出すのに苦労しているご様子。

ちなみに、図面関連の情報はほとんどないです。

北の丸公園、今年は本当に寒い。

image

さいたまクリテリウム、

ツールドフランスさいたまクリテリウムに行って来ました。

以前から気になっていたのですが、やっと会場に行くことが出来ました。
image


プロのロードレースを見たのは初めて、スピードが速いとは聞いていたが、実際に目の当たりにすると本当に速い。一瞬で目の前を通り過ぎる。
image


日本には多くの自転車関連のメーカーがあり、自転車人口も多いが、自転車競技としては自転車先進国のヨーロッパとは大きな開きがある。
日本では今後、この様な大会の開催や自転車向けの道路整備の充実が大事だと思う。あとはマナーかな、人のこと言えないですけど。

ツイート

前会長が大学時代の仲間と定期的にやっている飲み会に参加。image


以前、サンフランシスコでお世話になった方が一時帰国されており、一年振りの再会ができた。
アメリカ現地の選挙戦の様子や海外から見た日本のお話はテレビやネットではわからない臨場感がある。

締めはいつもの岐阜屋image


ワンタンimage


平日だけど飲み歩いている人が多かった。良いことです。
image

テクニカルイラストレーション技能検定・受検対策セミナーを行いました。

今回の受講者はCADとイラストレーターでの受講で、手描きは一人もいませんでした。IMG_1029
午前から、午後にかけての講座はそれなりに疲れます。



さて、個人的なつぶやきですが、テクニカルイラストレーション技能検定試験について思うことです。

テクニカルイラストレーションの技能検定の受験者は、残念ながら減少傾向にあります。しかし、個人的には今後、テクニカルイラストの技能制度の普及・認知の向上、受験者の増加につながるように力を入れて行きたいと思っています。
以前は技能試験の運営、試験問題など、時代にしっかり対応していないと不満を感じており、それならば自分達でオリジナルの資格試験を作ったほうが良いのではないかと考えていましたが、最近は少し考えを改めるようになってきました。
やはり、国家検定である点は強みのひとつだと感じるようになりました。さまざまな団体による資格試験がいろいろありますが、やはり国による制度であることは信頼性がとても大きいと思います。


資格試験は時代背景やトレンドの要素がとても大きいと思います。今後なくなる資格、新しくできる資格。認知度の皆無の資格。
新しい資格で国の技能検定制度に認可されるのは、そう簡単なことではないと思います。


何はともあれ、資格試験は図面作成者と仕事を依頼する立場の人、また、図面作成者を雇用する立場の人に認知されることが、何よりも大事だと思います。


やはり、東京の試験開催はキーワードになるかな、

思いつきを正しい裏づけもなく書いてしまいました。また、私はテクニカルイラスト2級しか持っていないです。説得力、言う資格もないです。

やはり1級もそろそろ視野に入れなくては、、、、、、、、と感じます。手を出す度胸がないね!☆☆☆☆

しまなみ街道でサイクリング

先日、今治から尾道までの、しまなみ街道を自転車で走ってきた。当初は北海道ツーリングに行く予定だったのだが、天候が良くなさそうだったので急遽予定を変更して、しまなみへ行った。

しまなみ街道は自転車で有名で名前は知っていたが、正直、何処にあるのかは今まで全く知らなかった。大慌てで準備に取り掛かった。

ざっと以下のルートを走った。約70km程、走りなれている人には余裕を持って走れる距離であり、慣れていない人でもなんとか走り切れる位の距離。(再生ボタンで動かせます)


東京駅から新幹線で岡山まで行き、そこから松山行きの特急に乗り換えた。まずは電車で四国に渡る。IMG_2901


今治駅に到着。東京からだと電車がいいか、飛行機の利用が良いか、絶妙なところ。IMG_2908


軽く今治周辺を観光。今治城IMG_2927


商店街は残念ながらシャッター街化が激しかった。それでも不思議と雰囲気はよかった。IMG_2915


商店街のすぐ脇、東洋のベネチアかッ!?IMG_2917


翌日、しまなみ街道を走る。橋をいくつも渡っていく。徒歩・チャリも渡れる。多くの企業などの協力によりサイクリングロードは無料です。IMG_2962


結構な迫力がある。不思議とゴールデンゲートブリッジが脳裏に浮かんだ。IMG_2966


これだけの大きさの橋を渡るには結構な登りがある。IMG_2963


今治は造船が盛んらしい。このような風景をよく見かけた。すぐ隣の呉市は戦艦大和で有名。そのような土地柄なのかな?IMG_2988


コースはいくつも選択できる。また、各コースにラインが引いてあり、初めてのひとでも安心して走れる。IMG_2983


ところどころに案内がある。外国人観光客も多く走っていた。以外にも知られているのか。IMG_2990


橋・土木建築マニアにもお勧め。橋をまじかに見ることができ、建築のすばらしさも感じられる。IMG_3002


向島から尾道間は渡り舟の利用を推奨されている。IMG_3015


一瞬だったけど、船は旅心をくすぐる。IMG_3017


尾道に到着。IMG_3031


走り足りなさを少し感じつつも、四国から本州へ渡ってきたという、面白さと達成感は感じられた。

尾道は小さな港町であり歴史的な建物も多く、興味をそそられる。
商店街はこちらもシャッターが目立ったが、昭和レトロな店も多くなかなか良かった。IMG_3033


宿泊したゲストハウス。古い建物を改築したもの。外国人観光客も多かった。IMG_3042


IMG_3040


翌日は尾道から岡山駅まで自走。風景に畑が多くなった。IMG_3048


ちょっとした起伏があるくらいが、飽きずに走れる。IMG_3046


10月なのに泳げそうな気温だった。IMG_3077


岡山駅に到着。新幹線で東京に帰る。IMG_3083


さすがに北海道断念の思いは埋め切れなかったが十分楽しめた。いままで全く馴染みのない地域であったが、走ったおかげで意識のひとつとして刻まれた。知らない土地に赴く良さだと思う。四国・中国地域にはまたいつか訪れてみたいと思う。

今週末のセミナー、じっくりいきます。

関西支部です。

今週末のJAVC大阪セミナーは、いつもより地元関西エリアからの参加申込みが多く、楽しみにしています。
しかもほとんどが初対面の方。

現在、セミナー資料の作成中ですが
AutoCADの操作テクニックを駆使した、
早ワザ的な解説は封印

いわゆる
作図テクニックよりも、理論
をじっくり解説いたします。

それと同時に
AutoCADが持つ高度な機能
を学んで、実務に活かしていただく事にウェイトを置いています。

アメブロにも書いていますのでよろしければご覧ください。
セミナー資料制作中!今回は理論にウエイトを置いています。
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー

■有限会社 アドヴァンス

■ニテコ図研
■ニテコ図研社長ブログ
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■C.T.I.Tayama
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■デジタル工房Mew
■田代泰夫
■Gallery I&P


  • ライブドアブログ