テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

もはや、暑いのか寒いのかわからない。

チェスターから電車で一気にホーリーヘッドまでやってきました。



本当はリバプールまで行き、そこからアイルランドに渡りたかったのですが、リバプールからは、自転車を載せられるフェリーが無く、やも無く今回のルートを選びました。

やはりリバプールでビートルズに触れたかったが、今回は見送ります。ストロベリーフィールズフォーエバー!


さて、こちらがチェスターの駅。image


ヨーロッパでは、自転車をそのまま電車に載せられるので、駅構内やプラットホームに自転車をそのまま持ち込むのは自然な環境。image


image


image


image
チケットの購入と合わせて、自転車を置くスペースの予約ができます。

image
私はテツではありませんが、ヨーロッパに来ると鉄道の魅力にそそられます。

うまく説明できませんが、プラットホームの感じや、少し大雑把な感じや、鉄道の歴史が長いからこその魅力を感じます。

image
こんな感じで自転車を詰みました。

日本だと原則、袋に入れる必要ですあります。折りたたみ自転車でない限り、自転車を袋に詰めるのはなかなか手間です。

このように気軽に自転車を積めたら日本の自転車文化は180度変わると思います。



約1時間半の移動。15ポンド。image


image


image
ホーリーヘッドに着いた直後は薄曇りで寒かったです。今までと一転、風が冷たくなりました。

あれ程、暑い暑いと言っていたのがウソの様です。


今後もずっと北上するので、これからは寒さと付き合っていく必要がありそうです。早く身体を慣らさないと。


ここは、田舎の小さな港街です。長居する街ではなさそうです。image


image
カラオケ、みんな何を歌うのだろう。吉田拓郎の曲入ってっかな?


陽が照とまた暖かくなる。image


image
海を見ながらのビールがうまい。また心地よくて動けなくなる。


今日は自転車での移動はせずに、休息日になりました。


気候の変化から、それなりに移動してきたのだなと感じます。

気を抜かず、引き続き地道にやって行きたいと思います。

イングランドは走り終えた。

アイアンブリッジから約90キロ走り、チェスターと言う街までやってきました。

今朝、泊まっていたB&B。image


宿のおじさんとおばさんがとても親切にしてくれてリラックスできました。シャワー無しのシングルルームで予約していたところをダブルのシャワー付きの部屋にアップチャージ無しで変えて頂いた。

image
典型的なイングリッシュブレックファースト。サイクリストであるからと、量を多目にしてくれました。食事はサイクリストの何よりのエネルギー源です。

とても美味しかったですけど、イギリスの伝統的な料理には彩りに乏しことがわかりました。

image


宿の前にはなんと火力発電所がありました。image


恐らく景観を損ねない様にレンガらしいもので作っていました。image


これが四機ありました。なんとも言えぬ造形に萌えます。


今日も晴れていましたが、少なからず北上しているせいか、日差しの強さがだいぶ和らいできた様です。

ヨーロッパ特有のカラッと晴れた心地よい気候で、サイクリングもやっと気持ちよくなってきた。

道中、お馬さんに遭遇。image


チャリンコを停めたら、近づいてきました。image


image


結構かわいい。image


今日は走り足りないと感じながら、チェスターに到着。
image


image


image


image
地元の人にとって、生まれた時からこういったものが当たり前の様に育つと言うのは、どんな感覚なのだろうか。日本はどの様に映るのだろうか。

今日、泊まるホテル。image


いつもの様にチャリを停めたいと頼むと、

image
部屋の中に持ち込んで良いとのこと。

安心だけど、なんか不自然。

明日は当初から予定していた通り、電車で一気にウェールズまで行きます。自転車はほとんど走ると言う距離は乗らないので、休息日の様なものです。

だいぶ今の環境に慣れてきたかなと感じています。

心地よいひととき、

1日だけ滞在したウスターの写真。今日はこの街を流れるセバーン川を遡上する形で走りました。image



今朝、泊まっていたホテル。一階がパブで二階から上が宿泊客用の部屋となる。image


パブで接客とホテルの受付をこなす、元気なおねーさんにチャリを置きたいと頼んだらパブの脇に置かせてもらえました。image


今日も丘稜地帯を走る。image


この植物は何だと思い、近づいてみると、image
麦でした。身がとても大きく、うまいビールの秘訣を垣間見た気がしました。

image
北海道らしい風景がありました。

道中たまたま通りかかった街。とても素敵でした。ガイドブックを持っていないので分かりませんが、観光スポットもある様でした。image


長崎やサンフランシスコもそうですが、街に起伏があると、より魅力的に感じます。

image


image



今日は約70キロ程走り、アイアンブリッジという世界遺産のある街にやってきました。

image
世界遺産、アイアンブリッジ。世界初の鉄橋との事。

産業革命が始まった象徴とされている様です。

鉄で組まれたアーチがとても美しかったです。image


骨組みの鉄は角柱で、全て鉄で詰まっている様でした。現在のH型鋼までは考えられなかったのかもしれない。

橋の上からの写真。image


小さな村ですが、のんびりしていてリラックスできました。image


image


image


世界遺産を見ながらビールを飲む。image
あまりに心地よく、なかなか席を立てなかった。


二件目に移動して食事。image
ハンバーガー、ポテト、とても美味かった!

今日は70キロ程しか走らず、時間的にも体力的にも、いくらか余裕がありました。

身体はそれなり疲れが溜まってきましたが、その代わり今の環境に慣れてもきたなと思います。

今日は程よい休憩、リラックスタイムになりよかったです。明日はまた本格的な走ります。

カントリーサイドを満喫⁉︎

オックスフォードから、コッツウォルズと言う有名な観光地を回って、今、ウスターと言う街に着きました。

ウスターって、ウスターソース発祥の地らしいです。ソースって日本食に馴染んでいるから、不思議な感じがします。

さて、コッツウォルズとは言うと、やはりよかったです。

ちなみこの写真はコッツウォルズではないけれど、この様な小さな古い町並みがところ何処にありました。image


image


こちらがボートンオンザウォーターと言う村。image


image


image
川がとても、いい具合に流れています。

ただ、人が多い。

image
今日は平日だったのですが、観光地にはイギリス人の現役を引退したであろう、年配の方が多かったです。この辺は日本と一緒です。

image
コッツウォルズは公共交通機関のアクセスが悪いのですが、その点、自転車はフリーダムです。

image
いかにも、イギリスらしい丘稜地帯を進みます。

image


コッツウォルズは複数の村が点在しています。

次はブロードウェイと言う村。image


image
オーバーに言うと現実の物とは思えない。ここにはどんな生活があるのかと考えてしまいます。そして日本の生活はどんなものだろうかと思いを馳せます。

今日も約100キロ程を走りました。

度々になりますが、本当に暑いんです。日差しが体力を確実に奪います。

カントリーサイドの道は走っていて確かに気持ちはいいのですが、途中にコンビニなんてありませんし、ひと気もゼロ。

食料、水分は絶対に欠かせませんし。オーバーヒートして熱射病にならない様に、かなり気を使います。

それと、丘稜とは言え高低差が200mもあったりします、もはや山です。今日はトータルで400mも登った、これは大変です。image


この調子でいくと、イングランド滞在中はずっとこんな感じではなかろうか。

東京は涼しいのかなぁ、、、

オックスフォードに着きました。

ロンドンからオックスフォードに移動しました。ロンドンから約100kmで7時間くらいかかりました。

オックスフォードは学園都市で有名です。距離的にも、東京から筑波の学園都市に来たらイメージです。

ロンドンから50キロ程は幹線道路がずっと続きました。車が高速道路のように飛ばしているので、非常に怖かったです。image


イギリスでの交差点はラウンドバンドと言う方式です。image


image

単線ならいいですが、二車線以上のラウンドバンドは自転車には本当に危なかしです。

しばらくしてやっと落ち付いた道に出ました。こういった道は走っていてとても気待ちいい。image


やっと、イギリスらしい風景が現れる。image


風景はよいですが、登り下りがある。峠道とは言えないが、結構キツイ。


イギリスは兎にも角にも暑い。日本の湿度を抜いた夏です。

image


image
道の途中の休憩所。ビールのタップがいくつもあり、飲みた衝動に駆られる。


走るルートは事前にネットの地図ソフトを使い自分で作りました。

なるべく、自転車が走りやすい道を選んだつもりですが、
image
そう上手く行くものではなく、未舗装路を走る羽目に。

スピードは出ないし、ひと気もないし、不安を感じながらひたすら走る。

image
道が拓けたと思ったら、何故か突然アイスクリーム屋が出現した。たまらず、コーラを購入。

サンタクロース見たいなおじさんが、ナイスバイクと褒めてくれた。


やっとこさ、オックスフォードに到着。

古い町並みが残っています。疲れが吹き飛ぶ。image



image


まるでセットの様な、とても現実の物とは思えないくらいでした。

image
町の人は古い町並みを当然の様に利用している。

image


image


オックスフォードに来てやっとヨーロッパに来たなと実感しました。

アメリカとは違い、歴史がある!

今日はB&Bに泊まります。イギリスの民宿の様なものです。image


裏庭で一杯。image


これは夜の7時の写真です。

とにかく暑いんです。部屋には入られません。


走行中は日差しを遮るものがなく、もろに日差しを受けます。とてもこたえます。

日差しから逃れられない感じです。

ちゃんと水分補給しないと日射病になります。この暑さは本当に予想外。


一体何が楽しくて、こんな事やっているのか自分でも分かりません。

でも、明日も頑張ります。

ロンドン市内に入りました。

朝、宿泊したホテルで自転車を組み立てていたら、宿泊客の入れ墨の入ったヒッピー見たいなおばちゃんが、話しかけてきた。

image

いつきた?何処に行く?などのたわいの無い話し。

俺が自転車を組み立て、去り際にヒッピーおばちゃんから「楽しんでね、気を付けてね、」と声をかけてもらった。

特別な言葉ではないけれど、海外で一人自転車旅の自分には、こういった一言でも身にしみる。感謝!

ロンドン市内に向けて走り出しました。

イギリスは車は左側走行。日本と同じなので不安はありません。image


ヒースロー空港から市内まで、約20キロ程でした。だいたい羽田空港と都内と同じくらいの感覚です。

今日はロンドン市内のユースホステルに宿泊します。image


image
4人部屋でした。

自転車は裏庭の専用スペースに駐輪させてもらいました。ロンドンは自転車の盗難が多いらしく、これなら安心です。image

自転車旅の場合、自転車を何処に留めるかは非常に気がかりな要素です。

今日は自転車でロンドン市内を観光しました。自転車があれば主要な観光スポットを効率良く回れます。image


image


image


image

自分の自転車でロンドンをサイクリングするなんて不思議な感じです。

予想に反してロンドンはとても暑い。湿度は低いのですが、日差しがとても強い。軽いサイクリングのつもりが、少し疲れてしまいました。

今日の夜もスーパーで晩飯を買いました。もっと郊外に行ったらパブに行って見ようと思っています。

やはりビールコーナーは種類が豊富で悩ましい。

image
IPAだけど、アルコールが4.9%と少なめで飲みやすい。

明日から、本格的に走り始めます。とにかく頑張るのみ。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ