テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

意匠図面研究会を行いました。2017.05

先日、特許・意匠図面作成に関わるメンバーで運営している「意匠図面研究会」を行いました。(本会の運営はJAVCとは独立して行っております)

意匠図面研究会はセミナーとは違い、基本的に講師は設けていません。自分たちで課題を考え、その課題に取組む、主体的な勉強会です。

phot2


現在は、形状を表すのに最適な図面表現の研究や、スピーカーのデザインを通してプロダクトデザインと強い意匠権について考えるをテーマに取組んでいます。

ちなみ開催は2ヶ月に一回のペースです。開催場所は新宿にある貸し会議室で行っております。費用は有料の会議室を利用しないかぎり、原則無料で行っております。

phot1


また、意匠図面研究会は特許・意匠図面作成に関わる人たちがコミュニケーションを取れる場としての役割もあります。

研究なんて言うと大げさですが、テーマは特許・意匠図面・作図ソフトに関するものであれば何でも構いません。日頃の図面作成の疑問点を「みんな、どうしてる?」と参加メンバーに投げかけるのでも大丈夫です。

日頃はSNSを活用して、ゆる〜く情報共有しています。よろしければ覗いてみてください。
意匠図面研究会
意匠図面研究会_バナー

クラウドベース3DCAD入門(Fusion360)セミナー のご案内

東京と大阪で「クラウドベース3DCAD入門(Fusion360)」が開催されます。

【東京】開催日時 平成29年6月17日(土)13:00〜17:00
【大阪】開催日時 平成29年7月29日(土)13:00〜17:00


今まで3DCADを使ったことがない人でも、こちらのソフトは初期投資を低く抑えられるので3DCADの取っ掛かりとして、良いのではないでしょうか。

JAVCでFusion360のセミナーを開催するのは今回が初めてです。ご検討中の方はお早めにお申し込みください。

特許・意匠公報の図面は金になる!?

特許・意匠公報に掲載されている図面をポスーターにして販売しているサービスが複数ある。


■Vintage patent drawings take artistic geekery to old heights■
vintage-lego-brick-patent-drawing_zps14a1ec90


vintage-1888-photographic-camera-patent-drawing_zps8fb865c7
(図面を白黒反転させるの好きです)


【部屋に飾れる!iPhoneやMacなどの特許図面のポスターが販売中 】
iphone_frame3_2048x
特許・意匠公報について知らない人なら、つい買ってしまうかも。公報自体ならネットで無料でダウンロードできるんだけどね。

それにしても、当時のドラフツメンの図面やイラストは美しい。私は古い図面やイラストを見るのが好きです。CGも素晴らしいですが、どちらかと言えば手仕事を感じられるものに萌えます。

いいものはイイ!ちゃんとこれらの美しさに気づいている人がいる。
こうして一般の人にも、美しい特許・意匠図面を知っていただく機会になり、よいことだと思います。

ポスターだけではつまらないので、Tシャツがあったら着てみたい。
今日はimacのTシャツ、明日はiphonのTシャツなど、毎日のコーディネートが楽しくなる?

イヤ、話のネタになるだけかな。

セミナーご参加ありがとうございました

jp-cc-tonegawa-10


5/13開催の「写真トレースAdobe Illustrator超入門セミナー」ですが、大変ありがたいことに、満員御礼で終了いたしました。
参加者の皆さん、部屋が狭くてミッチミチに窮屈ななか、大変お疲れさまでした。

今回のセミナーは、まさにタイトル通り「イラストレーターの超入門」的内容でしたが、後半には、講師からちょっと驚きのテクニックの披露がありましたね。
スペースキーが「人生やり直しキー」(笑)として使えるとは!
イラストレーター使用暦15年ほどのわたしですが、これは目からウロコでした。
(何のこと!?と思った方、ぜひまたの機会にセミナーにいらしてください。
JAVCのスタッフ(のうちの、いくらか若そうなの)に声をかけていただければ、いつでもご説明します!)

ちなみに、今回のセミナーでわたしが個人的にうれしかったのは、特許事務所勤務の方や特許図面関係の方が、いつもより多めだったこと!
こうしてJAVCが、少しずつでも交流を図る場になっていけば、と心から願っています。
普通に生活していて、自分の事務所以外の特許図面描きと遭遇することって、まず滅多にないことですからね〜。
ある意味、ツチノコ並みに貴重な存在ですよ。
特許図面/意匠図面を描く中で、どんな工夫をしているのか、どんなこだわりがあるのか、
もしくは、特許事務所あるあるなどなど、ほかでは聞けない話を、ツチノコ同士楽しく話し合える日が来ればいいですよね。

交流といえば、毎度おなじみのセミナー後の懇親会ですが、ぜひぜひ気軽に参加していただければと思います。
お酒が苦手な方でも大丈夫、女性ひとりだって、全然大丈夫!
(ちなみにわたしも女性で、ほぼ毎回参加します。全力でフォローいたしますので、ご安心ください
メンバーはとっても気さくで、テクニカルイラストのベテランが、それはもう豊富に控えております。
普段の仕事の話からなんでもないバカ話まで、
そしてときにはテクニカルイラストへのあふれてやまぬ情熱など、話題はなんでもアリです。
セミナー終了後の教室に、ちょっとダラダラしつつ残っていてくだされば、それが懇親会への参加表明と勝手に受け取りますので(笑)、なにとぞよろしくお願いします。
(※なお、裏技として、セミナーに参加せずに懇親会にだけ出る、というのもアリだそうです。
この場合、セミナーが終わる16時30〜45分あたりにそっと教室に近づいて、扉があいたらスッと教室にもぐりこみ、あたかもずっとそこにいたかのような顔でしれっと参加します。わたしだったら。
別に、普通の顔で参加して下さってもかまいません。)

と、いう訳で、JAVCの次回セミナーもよろしくお願いします!!


★画像は、このところ話題の、アドビ公式と「中間管理録トネガワ」(「カイジ」の焼き土下座の人ですね)のまさかのコラボ。
仕事中にネット広告をみかけて、思わずハアァ!!?という声を上げたのは、わたしだけではないはず。
ざわ…ざわ…
http://www.adobe.com/jp/creativecloud/information/cc-tonegawa.html

今週はセミナーです!

以下のセミナーは終了いたしました。

写真トレースAdobe Illustrator超入門セミナー
平成29年5月13日(土)13:00〜17:00 (東京開催)


以下、講座の内容を一部紹介
======================

単純化した線を速く描くには、ペンツールを選択したまま左手でショートカットキーを押し、一時的にツールを切り換えて描くことが不可欠です。
image81

硬いものは、直線部分をヒゲ(方向線)のない直線として描くと、応用のきくイラストになります。手などの軟らかいものも、理論的な曲線で描いておくと、後々便利です。
image82

この3種の仕上がりになるように、ペンツールの状態でショートカットキーで切り替えて描けますか。このような練習をテーマごとに行います。
======================

改めて講座の内容を見ましたが、プロっぽいというか、イラストレーターのペンツールに関してこのように考えている人がいるというのも面白いなと思います。入門講座ではありますが、普段から使っている人にも役立ちそうですね。

*イラストレーターの入ったノートパソコンをお持ちの方は、できるだけご持参いただけますと幸いです。


【懇親会について】
セミナーの後に懇親を行います。会場は[魚民 新宿西口総本店] 17時ごろから2時間ほどです。 予算は一人三千円程です。出欠はセミナー終了後に取ります。
(セミナーに参加しなくても、飲み会だけの参加でも大丈夫です)

テクニカルイラストレーション・特許/意匠図面作成に関わる人たちが多く参加します。
ご興味のある方は是非、ご参加ください。

GW最終日!?

ゴールデンウィーク最終日は飲みに行っていました。

打ち合わせの名目で集まったのだが、最初のビールを一杯飲んだ時点で「しゅ〜りょ〜う!」一気に打ち合わせをする気がうせました。前回も同じ過ちを犯しているので、さすがに打ち合わせで飲み屋を選んでいけないことをようやく理解しました。まさに愚の骨頂。

また、店のチョイスも致命的だったのかもしれない。日本酒を楽しく、おいしく飲める店でした。

日本酒原価酒蔵 秋葉原店
厳選された全国各地の日本酒が60種類以上、全てが「仕入れ価格」の「原価」で楽しんでいただける場所「日本酒原価酒蔵」

@IMG_1387


IMG_1388


IMG_1389


IMG_1390


IMG_1392


IMG_1393


IMG_1395


「あれ、こんなに飲んだっけ?」オープンと同時に店に入り、あやうく閉店まで居そうになった。

最後に食べた「国産牛のぷるぷるもつ鍋」がうまかったです。しめの雑炊も満足。日本酒好きな方にはお勧めです。秋葉原以外にも店舗あります。


[最後に覚書]
ジャビック公式のテクニカルイラストレーターの懇親会(飲み会)ができたら良いねとの話が上がりました。普段セミナーの後に懇親会として飲み会を行っていますが、あくまで懇親会をメインとして企画します。テクニカルイラストや特許・意匠系の図面に興味がある方ならどなたでも参加できるものです。セミナーに参加しなくても良いので敷居は低くなるかな。業界の人たちのコミュニケーションの場となればいいと考えています。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ