テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

特許事務所で・・・

おはようございます。

本日も都内の特許事務所で図面描き。

図面なんていうと製図をするのかと思う方もいらっしゃると思いますが、特許申請の明細書という書類には、発明の内容がわかるように説明図を沢山つけるんです。
これを総称して”図面”と呼んでいます。

テクニカルイラストである斜視図、グラフ、表、フローチャート、ブロック図から、もちろん製作図面の流用のようなものまで多彩です。

Adobe Illustratorをこねくり回して全てを描き表す仕事です。

Illustratorでの仕事を探している方には魅力的かな?


ただね...。

時給で働かせていただいておりますが...交通費が出ない!

往復で¥1200以上...。
これ結構きつい。

時給自体はコンビニのバイトの数倍はいただいておりますが...。


5月末で1年契約が満了するんで、その後も雇ってくれるなら交通費何とかならないもんでしょうか!

では、行ってきます。


技能検定試験

実は、昨年度テクニカルイラストレーション技能検定1級CADという試験を受けました。

今年の1月に実技試験、2月に学科試験がありました。

関東ではCAD試験は神奈川県と確か群馬県のみで受付。
埼玉県民の当方は、神奈川で受験です。

実技は普段使わないCADを使わなければならないので、とりあえず体験版を入手して、まあそれなりに練習しました...で、実技は合格。

しかし...学科試験は試験数日前から電車の中で過去問をやる程度で...当然といえば当然、不合格。

まあ、実技を受かってしまえば来年(確か5年間)は免除。
学科だけ勉強しよう!ということで、自分用にも兼ねて、問題集&解説集作成中です。

学科問題の対策本なんて探してもありませんよ。中央職業能力開発協会で昔は販売していたんですが、今は無し。

で、同じようなことで困っている人のためにも...。


本にするか、下のような物にするかはいろんな人に相談して決めます。

mondaisyuu


いづれ、JAVCから販売予定。

乞うご期待!!!

では。

【6月4日、3D活用テクニカルイラスト講座(新大阪)参加申し込み受付中】

6月4日、3D活用テクニカルイラスト講座を新大阪で開催します。

只今、参加申し込み受付中です。

正式申込みをいただだいた方の内訳(4月6日現在)
関東地方:3名
近畿地方:2名
中国地方:3名
講師、補助スタッフ:3名
計11名(うち女性3名)

定員は20名です。

詳細、申し込みはこちらからどうぞ
http://www.javc.gr.jp/katsudou/2011_6_4-3D.pdf

もがいていこう!

今日は家でお仕事。
といっても、パーツリストの修正依頼くらいしかない。
寂しい状況...。
その分、JAVC関係のHPやこのブログを充実させるか!


昨日の晩は特許事務所での仕事帰りに、ラティステクノロジーという会社の社長さん・営業さんと少しお話してきた。
その後飲み会。
種々の3DCADのネイティブデータを読み込めるイラストソフトについて評価が欲しいとのこと。
こちらとしても興味はある。
面白いものであった場合は、当方HPにて公開する予定。
あちら様はそれがご希望。こちらはそれがビジネスになればという思い。


景気停滞の世の中。

フリーの方々。もがいていきましょう!

はじめに

twitterにつづきblogまで、ひとに勧められて始めるものばかり。はじめは緊張する。イラストからはずれるがこのところまた作っているシャツ作りの工夫からかな。

ブレンドツールで...

Adobe Illustratorで簡易の歯車を描くような場合、下のような円柱の側面に縦線を細かく入れたい場合などがあります。

1

手で1本ずつ引くのも手ですが、きれいに仕上がらなかったり、結構な手間がかかってしまいます。

そこで、以下のような方法はいかがでしょうか?

 ケ瀉譴Ctrl+2でロックします。
◆ゥ撻鵐帖璽襪捻瀉譴茲蟶戮だを選びます。(見てくれの問題)
.ペンツールで、円柱の側線2本を両方とも上から下にトレースレベルの線を引きます。

2


3


ぁズ0いた2本の線だけ取り出します。
ァゥ帖璽襯椒奪スの”ブレンドツール”をダブルクリックします。

4


Αド充┐気譴織瀬ぅ▲蹈哀椒奪スで以下のように設定します。(数字は任意です)

6


Аイ修里泙泪屮譽鵐疋帖璽襪芭省の線を続けてクリックします。

7


─ゥ屮譽鵐匹任垢里播然以下のようになります。

8


.先ほどの円柱の細い楕円の部分のみコピーします。

9


.両方とも選択状態にします。

10


.ブレンド軸の置き換えを行います。

11


.すると以下のように変化します。

12


.これをそのまま元の円柱にセットすれば、出来上がりです。
13


.例えば、この本数では数が少ないなと思ったら、ブレンドした部分を選択して...

14


先ほどの8を、例えば15にすると...

15


こうなります。

以上、以前どこかで書いたことがあったチョイ技でした。

by taya
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ