テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

学科問題〜その2

それでは、テクニカルイラストレーション技能検定試験・学科問題もどき?です。


問1
等側図で標準平歯車を描く場合、全歯たけはモジュールの約3倍で描く。


問2
A2縦の用紙で描いた太さ0.5mmの線は、A4縦に拡縮コピーすると約1mmになる。


問3
Vベルトの角度は、どのようなベルトも一律40°である。


問4
ねじ切り丸ダイスは、めねじを切る工具である。


問5
材料や温度が同じ条件であれば、導体の電気抵抗は断面積に比例する。


問6
100ワットの電球を10時間ずつ点灯すると、30日間の電力量は300キロワット時である。


以上、いかがでしょうか。


学科試験では、おおむね、3級は立体図・製図・コンピューター、2級と1級は難易度の差はありますが、立体図・製図・機械要素・材料・電気・コンピューターが試験範囲です。
もちろん例外はありますが...。


回答は近々書きます。


では。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

学科問題〜その1

テクニカルイラストレーション技能検定試験というものをご存知でしょうか?


一般的にテクニカルイラストというと、3Dデータから色鮮やかなCGを制作したり、写真をトレースしてマニュアル用のイラストを作成するものであると思っている方が多いと思います。

この2種類も、確かにテクニカルイラストレーションの一種です。



しかし元々テクニカルイラストレーションと称されたイラストは、これらとは別物なのです。


それは、製造現場やサービス分野で、いわゆる製作図面(三面図)ではわかりにくい形状をどうやって人に伝えるか...3Dなどと言うものが無かった時代...製造工程では現物がまだできていない段階で写真など無いのが当たり前...。

このような状況でも、人に形状を伝えなくてはいけない...でも製作図面では判ってもらえない...。


ここで登場したのが「元祖・テクニカルイラストレーション」なのです!!!


製作図面を読み込んで、それを正確に、ある手法を用いてイラストにする。
その手法を用いれば誰が描いても、基本同じイラストになる。

これが重要でした。


ただイラストにすればいいと、写実的であったり漫画チックであったりすると、大規模な装置のイラストを複数人で描く事ができない...担当者によってタッチがまるで違う、描く方向もまるで違うのでは...使い物にならないのです。



この「元祖・テクニカルイラストレーション」の重要性をお国の方々も認めて、ものづくり日本の旗の下、技能検定試験の職種(技能の種類)に認定したのです...かなり昔の事ですが...。


その技術は職人の域に達します。特に手描きの技術はすごい!のひと言。

私も現在のテクニカルイラストレーターという仕事を始めたときは手描きでした。始めて半年くらい???たった頃、インキング中に阪神大震災のニュースをラジオで聞いた...といった頃の話です。
その頃、お会いした手描きの方々の技術のすごい事...脱帽...でした。

まあ、そういう話はまたの機会にして...。


テクニカルイラストレーション技能検定試験には、実技試験(もちろん製作図面を読んでイラストにする...写真や3Dデータは有りません...ゼロから描くのです)と、学科試験(イラスト制作に欠かせない知識???を審査する)に分かれています。


このブログで、その学科試験に出そうな(出たかもしれない???)問題と回答をちょっと書いていこうかと考えています。
(ブログの話題が無いときに助かる....なんて思わないで!!!...事実かも?)

その1回目を明日発表します!!!!

乞うご期待!!!



にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村

回転しない頭脳?

明日は家で仕事。

オンラインパーツリストの、リスト部修正方法のマニュアル作り。
お客さんが独自に修正・変更をかけたいとの事。

イラストに変更が無く単に修正であれば、お客さんが独自に修正するほうが早い...確かに。

5月中を目処に、表示項目などを見直す予定なので、その間少しだけ使う予定のものとなる。


現行システムと新システムのデータ移行に関連するので注意要!!!



現行システムでは、イラストとリストを同時にオンライン化するマクロとなっているので、そのへんを変更して使いやすいようにプログラミングし直す。
同時に、説明用の資料を作成する。


こういう資料って、サラリーマン時代に山のように作った。プログラムの仕様書がそれである。

内容を概略から詳細までドキュメント化して、メンバーや顧客に伝える手段である。


得意と言えば得意。

プログラミングは...もう頭が着いていかない...。


ちょっとしたマクロでさえ、何時間もかかってしまう...。



歳やな〜...。



にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村

腹を割って...。

最近、また太ってきた。

太っているのは昔からだが、特に最近また...である。

そんな中、母が勝手にあるものを買って渡してきた。いわゆる「腹筋ベルト」である。
母はテレビ通販が好きで、そこで見た「スレンダートーン エボリューション」の腹筋ベルトが気に入り、「あんた、お腹だけも何とかしな!」てな事である。


05160001

こんなやつです。


私の息子も最近ポヨポヨしてきたので、「やってみな。」と渡したのだが、やろうとしない。



今日、何となく使ってみた。

最初は良くわからず、ぜんぜん効かないと感じたが、説明書を読んで強度を上げていくと...結構くるじゃない!
ギュッと腹筋を締め上げてくる感じ...。

ちょっと良いかも???



少しの間使ってみようと思う。



何か変わってきたら、また報告します!



にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村

いざ鎌倉2

今日は念願?の鎌倉へ。

息子と娘は初鎌倉。夫婦では1度来ている。


鶴岡八幡宮と大仏。この2点に特化。

CA330111


家を出る時間が遅かったので、まあ仕方が無い。

埼玉から16号をひたすら走り、東名町田付近で右折。そのまま藤沢へ。

藤沢駅周辺に車を置き、後は江ノ電オンリー...実は人のおすすめを拝借した。渋滞に巻き込まれずに大正解であった。



久しぶりの家族旅行。旅行とまで言ってはいけないほどの物ではあったが、皆満足したようである。


フリーで仕事を請けていると...週の半分は勤務と言う立場なので...なかなか時間が取れずスケジュールも会わず。



しかしGWに行かなくて良かった!


鎌倉周辺を車で抜けるのに2時間だとか...それだけ人も多かったんでしょう。今日は...混んではいたがこんなものと言う感じ。


良かったよかった.!!!



では。


にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村

JAVCセミナー

今日はJAVCのセミナーがあった。当方講師。

前半戦を他の方に任せて...その方が講義時間の7割程度を担当してくれるものと...。
しかし半分くらいで当方の番に。


何も課題関連を用意していかなかったので...前半戦の担当者が用意した課題を、AutoCAD LTとIllustratorの両方を使って、交互に描いていく事にした。


前半戦担当者の描き方は、テクニカルイラストを幾何学的に解析した描き方。片や当方はあくまでも実戦的にどうすれば簡単に早く描けるかを考えた描き方。

参加した方々がどのように感じて、今後どのように役立てていただけるのかが気になるところ...。



それにしても、2つのソフトを交互に使って同じ課題を描くと...混乱...ショートカットが...。


ご参加いただいた方々、お見苦しくてすみませぬ!



にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ