テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう その1

【テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう!】というタイトルでブログを更新していこうと思います。


テクニカルイラストレーション技能検定には1級、2級、3級とありますが、その中でも3級の受験対象者を主な対象として記事を書いていきたいと思います。と言いますのも、1級、2級の受験を検討中の方は、すでにテクニカルイラストレーションの重要性を理解されていますし、基礎技術も備わっていますので、また別の機会で紹介したいと思います。



テクニカルイラストレーション技能検定 3級の課題図の例(Adobe Illustratorの作図例)
技能検定 課題


3級をお勧めするのは、作業時間が2時間以内で描き切れる程度の内容であること、それでいて立体図の基礎が十分備わっている点です。


1級、2級となるとはボルト、歯車など機械要素が含まれてきて、難易度が増してきます。まだ、この分野の仕事を始めた人がすぐに挑戦するのには、少し難しいと思われます。歯車


その点、3級の課題図は、テクニカルイラストレーションに関連する図面作成、特許図面作成の仕事を始めたばかりの方であっても、勉強をすれば充分に合格に達するチャンスが大いにある試験です。

どの様な問題が出るのか、どの様に描くのかは日本ビジュアルコミュニケーション協会のセミナーで行っております。
日本ビジュアルコミュニケーション協会

新年度のセミナーもテクニカルイラストレーション技能検定合格していただける技術を身に付けることができる内容を提供していきます。

主にテクニカルイラストレーション作図に関するセミナー
<東京開催>
4月6日 特許図面作成者のためのテクニカルイラスト入門(Adobe Illustrator編)
6月1日 テクニカルイラストレーション入門講座(手書き編)
7月27日 テクニカルイラストレーション入門(Adobe Illustrator編)
9月7日 テクニカルイラストレーション技能検定試験3級対策セミナー
12月7日 テクニカルイラストを描くための機械図面読図セミナー

<大阪開催>
8月24日(予定) テクニカルイラストレーション技能検定試験3級対策セミナー

その他のセミナーはコチラ
2019年度開催セミナー


通して参加していただければ、合格の確率は大変あがりますよ。例ねん、足蹴よくセミナーに参加されている方の合格率は高いです。セミナーの内容だけでなく、技能検定の合格者が沢山いますので、そこでテクニカルイラストレーションの出題傾向や疑問点などを聞ける点が大きいのでしょう。


テクニカルイラストレーション技能検定の実技試験は2010年の1月ですので、今からでも十分間に合います。まずは、腕試しに3級課題を描いてみてください。特許図面作成者の方はトレースはしないでね!

技能検定制度のポータルサイト「技のとびら」
技能検定の普及ロゴ

2019年のJAVCセミナー日程

2019年度JAVC年間予定表が出来ましたので、お知らせいたします。


まだ、セミナー詳細が記載されていない暫定版にはなりますが、日程、内容は決定しております。

2019年度開催セミナー
2019_yoteihyou_ol


前半までは以下のセミナーを開催予定です。

<東京開催>
4月6日 特許図面作成者のためのテクニカルイラスト入門(Adobe Illustrator編)
5月11日 DesignSpark Mechanicalを使用した特許図面作成セミナー
6月1日 テクニカルイラストレーション入門講座(手書き編)
7月27日 テクニカルイラストレーション入門(Adobe Illustrator編)


<大阪開催>
5月25日 3Dを活用したテクニカルイラストレーション入門セミナー


●参加費について
  年間パスポート(¥10,000-)所持:無料
  一般:¥5,000- (ビジター)
  学生:¥3,000-(1回の参加で年間パスポート進呈)


セミナー一回の参加(ビジター)は¥5,000となりますが、年間パスポート¥10,000を購入していただくとすべてのセミナーが無料で参加できます。

2回以上セミナーに参加したいとお考えの方は、年間パスポートを購入していただいたほうが断然お得です。

JAVCは創立50周年を迎えます。

日本ビジュアルコミュニケーション協会(ジャビック)は今年で発足、50周年を迎えます。50年も続いている団体なんだと、意外に思われる方も多いかもしれません。こう見えても歴史のある団体です。

50周年



協会沿革はウェブサイトにありますので、この機会にご覧ください。
http://www.javc.gr.jp/kyoukai/enkaku.htm


日本ビジュアルコミュニケーション協会の前身である、日本テクニカルイラストレーション協会が発足したのが昭和44年(1969年)です。手書きの時代から、グラフィックソフト、三次元CADなど、作図環境は大きく変わっても、脈々と協会が受け受け継がれてきたのは立派なことだと思います。

先達が築いてきたものを今のメンバーで、しっかり受け継いでいかなくてはいけないという責任も感じます。目指せ日本ビジュアルコミュニケーション協会「100周年!!」

全国の工業高校へ通う学生の国家資格受験の状況

公益社団法人全国工業高等学校長協会にて、大変興味深い資料を見つけた。
01_高校
公益社団法人全国工業高等学校長協会


全国の高校生の国家資格の取得状況をまとめた資料が提供されている。

国家資格取得状況調査
https://zenkoukyo.or.jp/tyosa_irai/

高校生の国家資格受験状況をいくつか紹介

■平成29年度 受検者数の多い技能検定 (技能士3級の場合)
1 機械加工・機械検査(受験者数 4,271人)
2 機械系保全 (受験者数 2,682人)
3 機械加工・普通旋盤 (受験者数 2,357人)

※上位の3つは機械系が占めている。

ちなみにテクニカルイラストレーションは上位のランク外ではあるが、ちゃんと受験者数が記されている。

平成29年度
■技能士3級(テクニカルイラストレーション・手書き)
受験者:24名 合格者:19人

■技能士3級(テクニカルイラストレーション・CAD)
受験者:91名 合格者:72人

※高校生でも圧倒的にCADでの受験が多いようである。また受験者は機械科の学生が一番受験者が多いようだ。


ちなみに知的財産管理の情報もあった。
■技能士3級(知的財産管理)
受験者:65名 合格者:31人

工業高校の生徒に限定しなければ、受験者の多い試験ではあるが、比較的少ない印象である。また、受験者のほとんどが情報系というのも興味深い。




公益社団法人全国工業高等学校長協会は、昨年、ジャビックのセミナーに参加された方から教えていただいた組織。

コチラの団体では、全国の工業高校の教員に向けた夏期講習夏期講習を実施している。先生が生徒に教えるためには、先生も勉強しなくてはならないですからね。ソリッドワークス、オートキャド、3Dプリント、技能検定の指導方法の講座などがある。

平成30年度 夏季講習会
https://zenkoukyo.or.jp/top/summer_lesson/

夏季講習会実施団体には、ソリッドワークス・ジャパン、オートデスク、武藤工業などなど。
日本ビジュアルコミュニケーション協会も、将来的にここで夏期講習が実施ができれば、高校生へのテクニカルイラストレーションの認知・普及に大変有効であることは間違いない。


全国の工業高校へ通っている学生さん、先生方も一生懸命勉強しているんですよ!

2019年度の技能検定

新年度の技能検定のご案内 が 中央職業能力開発協会(JAVADA)に公開されていたので、リンクを張らせていただきます。

https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html
H31_ginoukentei-1


人工知能AIの進歩が目まぐるしいですが、今だ、人の手による技能が必要となる場面は多いと思います。

尚、テクニカルイラストレーション技能検定は、後期に実施されます。例年の日程は、10月に試験の申込。1月に実技試験、2月に学科試験となります。

技能検定の概要や、具体的な描き方のセミナーは今後、セミナーやブログでも紹介する予定です。3級の試験はさほど難易度が高くはありませんが、立体製図の基礎を身に付けるには大変良いかだなので、初心者の方には、是非とも受験、そして合格していただきたです。

今年度のセミナーはすべて終了しました。

平成31年度の日本ビジュアルコミュニケーション協会のセミナーはすべて終了いたしました。新年度のセミナースケジュールは3月9日の運営委員会で話し合あいます。


新年度も例年通り、大きな内容の変化はないと思いますが、工場見学など、セミナーとは違うイベントも検討しています。


新しいスケジュールが出るまで、今しばらくお待ちください。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ