テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

機械製図のセミナーを行いました。

「テクニカルイラストレーションを描くための機械製図セミナー」を行いました。機械製図の講習と実習を通して機械製図の基本に触れていただきました。 IMG_3814
IMG_3815
機械製図は社会人になるとなかなか学ぶ機会がないので、この様な機会はとても貴重です。 IMG_3821
簡単な模型を実測して図面を描く実習をしました。 IMG_3820
「どの面を正面とするのか」、「どこを基準にするのか」など、実際にやってみないと気づかないことが多々あります。 IMG_3822
先ずは、ラフなスケッチに寸法を書き入れていきます。 IMG_3823
寸法が入ったら、定規を使って仕上げていきます。 IMG_3827
描き上げた図面を元に、立体図を起こします。 ここ数年、女性の参加が増えてきたなと思っていましたが、今回初めて男性よりも、女性の参加者が上回っていました。共通の仕事の人も多く、賑やかな感じでとても良い傾向だと思います。 IMG_3826
ちなみにこちらは、会場の国立オリンピック記念青少年総合センターからの景色。東京会場は、基本的にここで開催しています。小田急線の参宮橋駅が最寄り駅です。 さて、今年度の日本ビジュアルコミュニケーション協会のセミナーは、これにて終了です。来年度の予定は、来月の運営委員会で決めます。予定が決まり次第、年間スケジュールが公開されます。 是非、来年度もよろしくお願いいたします!

キャンプ行って来ました。

静岡のふもとっぱらキャンプ場に行って来ました。都内からクルマで2時間程です。

IMG_3804

今回のキャンプで一番感じたのは、暖冬のこと。

2月だと言うに、富士山に全然雪がない。これには驚きました。

IMG_3808

夜も冷え込みがきつくなく、楽なんですが、何か変な感じ。


IMG_3811

キャンプ場では、特に何をするでもなく、時間ある有り余っているようでも、一瞬で時間が過ぎます。(まぁ、呑んでるか!)


気がついたら、もう東京に帰って来ていた感じです。


たった一泊でしたが、貴重な時間です。

引っ越しをしました!

つい先日、引っ越しをしました。転居先は、今まで住んでいた所から、徒歩2、3分の場所です。ものすごい近いので、引っ越し業者は使わず、全部一人で荷物を運びこんでしまいました。


そもそも引っ越す気なんて全くなかったんですが、理由は、立ち退きです。(今、話題のレオパレスの物件ではないです)

ただの引っ越しと違い、転居にともなう費用は全て出してもらえたのと、迷惑料、引っ越し代も浮かしたので、40万円以上の臨時収入になりました。

 最初は、立ち退きの話しが出た時は、ネガティブな考えしかできなかったんですが、結果的に良い転居先も見つかり、今では、めちゃくちゃついてると、真逆の気持ちになりました。

引っ越や諸々の手続きは、全てバッチリだったんですが、唯一うまくいかなかったことがありました。

インターネットの工事の予約が取れず、二週間以上、自宅でネットが使えない状況です。wifiも使えない。これは結構キツイ!

どれだけ、ネットに依存していたのかに気づかされました。

しばらく、スマホからブログ書きます。

今週末は、技能検定の学科試験が行われます。

2月10日は、技能検定の学科試験が行われます。

先月、実技試験が行われましたが、実技だけでなく学科も合格しなくてはなりません。テクニカルイラストレーションの学科試験の範囲は以下のようになっています。


学科試験の範囲

1. 製図
製図に関する日本工業規格 投影法 製図用器具の種類及び使用方法 製図用紙の種類及び規格

2. 立体図
立体図の種類、特徴及び用途

3. 立体図作成法
立体図の作図方法 スケッチ

4. CAD
CADに関する知識



「図面が描ければ、学科なんて必要ないんじゃないか」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。しっかり理論がわかっていないと、表面的な知識だけで図面を描いていることになりかねません。理論とは言っても難しく考えず、技能検定の課題を練習していれば自然と身に付いてくるようなものです。

実技試験も大変だったと思いますが、あともう一息頑張ってください!

スピーカーボックス完成

年末のなんでも発表会の時はできていなかったスピーカーボックス、やっと完成しました。一個17000円で期待以上のクリアーな音です。部屋に合わせて好きな形に作れるのが良いです。05
04
03
02
01
毎日CDを取っ替え引っ替え聴いています。

H30年度のテクニカルイラストレーション技能検定が行われました。

国家検定制度である、「テクニカルイラストレーション技能検定」が行われました。

IMG_3706


日本ビジュアルコミュニケーション協会は東京都の実施・運営機関でありますので、協会のメンバーの何名かも試験会場へと行って参りました。


試験を受けられた方は、皆さん必死だったと思いますが、試験を実施する側も、多くの気づきや発見があります。ただ、ブログで具体的なことを書くと問題になりかねないので、詳細は控えます。


どのようにしたら受験者をもっと増やせるのか、どのようにテクニカルイラストレーションを指導したらよいのか、一日の仕事を終え、いろいろ感じることがありました。IMG_3707


試験の実施を通じて、改めてテクニカルイラストレーション技能検定は大事だなと感じました。日本ビジュアルコミュニケーション協会では、多くの人に受験をしていただけるように働きかける活動を続けますが、ただ受験者を増やすだけでなく、受験する人ができるだけ良い成績で合格できるように試行錯誤していきたいと思います。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ