テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

(今さらですが)セミナーご参加ありがとうございました

開催から三週間も経ってこの記事を上げるのも何なんですが…、前回、4/7に開催された「特許図面レベルアップセミナー」についてです。
今さらかい。
いや、JAVCブログをどうこうする暇がないというある人の悲鳴(笑)をツイッターで目撃したのと、こちらはたまたま暇になったもので、まあ言うなれば援軍です、援軍。

ともかく、大変ありがたいことに、「特許図面レベルアップセミナー」は大盛況のうちに終了しました。
今回のセミナーの内容は、現実の特許図面作成実務そのもので、
イラストレーターの使い方といい、効率のいい図面の描き方といい、非常に参考になったのではないでしょうか。
講師Tさんの、超・鬼速の作図(とりあえず、たいていの受講者を「今、何が起きた?」とポカーン状態にさせるのが毎年恒例)をみて、
普段、主にツールパレットをぽちぽちして描いている方は、「ショートカットキーだのスクリプトだのを使うと、ここまで速くなるんかい!?」という発見があったかと思います。
ただ、セミナー後半のテクニカルイラストの実践となると、ポカーンを通り越してとてつもない静寂が生まれていましたね(笑)。

「 シ ー ン 」

それはもう、こわいくらいの静けさ(笑)。

寸法の記載された三面図などから作成する立体図(斜視図)のことを「テクニカルイラスト」といいますが、特許図面描きというのは、数値を入力して図面を描く機会が基本的にありませんから、この静寂の意味もよく分かります。
もしかすると、線を引くときに数値(直線の長さ寸法)を入れたことは初めて、という方もいらっしゃったんじゃないでしょうか(そもそも数値入力で線を引く機能がイラレにあったことさえ知らなかった、という方もいたりして)。

あのとき、
「いやー、特許図面はさあ、数値なんか入れて描いたりしないから、この勉強はする必要ないかな〜」
と、思ったあなた!
特に、
「アイソメ? んなもん三面図描いて、アクションで変形してから組み合わればいいじゃん〜、わざわざ描かなくても〜」
と、思ったそこのあなた!

実は、わたしもそんなふうに思って、話をテキトーに聞き流した経験がありますが(笑)、
テクニカルイラスト流の描き方を知ってしまうと、それがまったくの間違いだったことがはっきりと分かります。
なんでかって言うと、数値入力がいらない場面でも、原理や考え方を知っておくことで、作図効率は圧倒的にスピードアップするからです。そして修正対応もスムーズ。
これほんと。いや、まじでまじで。

ちなみに、当日、皆さんの様子を見ていてわたしがとても気になったところは、
数値入力で図面作成する機会があまりにもないため、イラストレーター上でどの方向が0度になるのか、みんなピンときていないんじゃないか!?という点です。

TI_イラレ角度


上図の、赤い線で描かれているのがいわゆる「アイソメ角度」。矢印の先にある角度が、イラレ上で入力すべき数値です(*の中心が線の始点になると思ってください)。
講師のTさんはスイスイと角度入力してましたね。
慣れるまではむずかしく感じるかもしれませんが、一度慣れてしまえばアクション等で角度を決定するよりも、かなり感覚的かつスピーディに描けるようになります。

そうか、そのテクニカルイラストとやらはなかなか面白そうじゃないか、もっと詳しい内容が知りたいぞ、と思われた方には良いお知らせ。
JAVCでは、6,7月に、テクニカルイラストレーションの入門セミナーが、二つもラインナップされています。
6/16に開催される「テクニカルイラストレーション入門講座(手書き篇)」は、
テクニカルイラストの超・入門編で、まずは手描きで描いてみることでテクニカルイラストの原理を学ぼうというセミナーです。
また、7/7の「Adobe Illustratorで描くテクニカルイラストレーション入門」では、Adobeイラストレーターを使ってテクニカルイラストを描く場合の描き方やコツなどを学ぶことができます(こちらの講師は、今回の講師と同じ方、イラレの鬼・Tさんですよ〜)。
それから、この二つの講座は、講座内でも説明があった「テクニカルイラストレーション技能士」に興味を持った方が、最初に学んでみるスタートアップ講座としても最適です。
興味のある方はぜひぜひ、いらしてみてください。

それでは、また次回皆さんにお会いするのを楽しみしています!

テクニカルイラストレーション技能検定について

テクニカルイラストレーション技能検定についての情報

まずは、この検定の位置付けは、立派な「 国家資格」です。

試験制度
働く上で身につける、または必要とされる技能を一定の基準によって評価する国家検定制度で職業能力開発促進法に基づいて実施されている。

試験に合格すると「技能士」の称号が与えられる。
特級、1級、単一等級 → 厚生労働大臣名の合格証書
2級、3級、基礎級 → 都道府県知事名の合格証書



テクニカルイラストレーション技能検定には、受験資格が定められています。


【受験資格:テクニカルイラストレーション3級】

※高等学校、短期大学、高等専門学校、大学においてこの職種に関する学科に在籍している方または卒業された方 (例:機械科、電気科、建築科)

※この職種に関する職業訓練課程(一定の訓練課程に限る。)に在籍している方または修了された方

※この職種に関し半年以上の実務の経験を有する方




実務経験については、取扱説明書制作会社、設計並びに図面作成にかかわる会社、特許事務所などで、テクニカルイラストレーション図面作成に関する業務をしている必要があります。

受験資格を満たしているか、心配な方は中央職業能力開発協会(JAVADA)に問い合わせるのが良いかと思います。

H30年度 テクニカルイラストレーション技能検定の日程

国家検定制度であるの「テクニカルイラストレーション技能検定(H30年度)」のスケジュールについて紹介します。



■職種名:テクニカルイラストレーション手書き&CAD 1・2・3級
※今年度は1・2・3級の試験が実施されます。


■実施公示:平成30年 9月 3日(月)
※試験の実施について、正式に中央職業能力開発協会より正式な発表がされます。
中央職業能力開発協会


■受検申請受付:平成30年 10月 1日(月)から10月12日(金)まで 
※申し込み期間中しか、申し込みを受け付けてくれません。


■実技試験:平成31年 1月20日(日)
平成30年度(後期)技能検定試験(統一実施)日程表


■学科試験:平成31年 2月3日(日) 

■合格発表:平成31年 3月15日(金)
上記のスケジュールでテクニカルイラストレーション技能検定が行われます。


以下は、日本ビジュアルコミュニケーション協会で行う、テクニカルイラストレーション技能検定に関する日程です。

■テクニカルイラストレーション技能検定試験 無料説明会(東京開催)
日程:平成30年 7月14日(土)

テクニカルイラストレーション技能検定はどのようなものなのかといった基本的なことから、具体的にどのように描くのかを紹介いたします。また、技能検定の課題図を実際に描いて見せる、プチセミナーも行います。
※無料説明会ですので、年間パスポートをお持ちでない方でも、無料でご参加できます。


■テクニカルイラストレーション技能技能検定 受験対策講座(東京開催)
日程:平成30年 9月8日(土)

こちらは、実践的にテクニカルイラストレーション技能検定の模擬問題に取り組んでいただきます。試験の注意点、コツなどを解説いたします。


■テクニカルイラストレーション技能検定試験受験対策セミナー(大阪開催)
日程:平成30年 8月4日(土)※予定

大阪でも、技能検定試験の対策セミナーを行います。

平成30年度開催セミナー スケジュール

テクニカルイラストレーション技能検定の受験を検討している方は、上記の日程をあらかじめ把握しておくとよいかと思います。また、昨年から東京での試験の実施が再開されたので、東京にお住いの方も受験しやすくなりました。



実際、どのように受験の準備をしたらよいのかと 言った場合、以下のテキストをやるのが良いと思います。


【問題集】
3級実技模擬問題集

image4


2級実技模擬問題集
image12


1級実技模擬問題集
image17


【テクニカルイラストレーションの書き方について】

『ゼロから始めるテクニカルイラストレーション』http://www.javc.gr.jp/hanbai/Zerokara.htm
zero_01



試験の公示やセミナーの日程が近づきましたら、改めてご案内いたします。

特許図面作成レベルアップセミナーを開催しました。

特許図面作成レベルアップセミナーを開催しました。年度最初のセミナーでしたが、大変多くの方に参加していただきました。

@_DSC1579


Adobe Illustratorを使用して、特許図面作成でよく実務で出てきそうなものをテーマに作図をしました。


_DSC1581



特許図面は特許出願をするための図であり、ただの製図ともイラストも違う、独特の分野だと思います。Adobe Illustratorを使うにしても、一般的なイラストとは、また一味違ったテクニックが必要になります。日本ビジュアルコミュニケーションでは、この一味違ったノウハウの提供が得意なのかもしれません。



尚、ここ最近は、初めて参加される方が増えてきた印象があります。web、ブログなどの地道な発信で、今までテクニカルイラストレーションや特許系の図面を知らなかった人にも、届く機会が増えてきたような手応えがあります。


次回のセミナーは5月26日です。
Fusion360を使った3D工業デザインイメージの作成セミナー 初級〜中級

JAVCセミナーについての補足

関西支部の田中です。

JAVCセミナーについての補足記事を下記のページに書いています。

Fusion 360で3D工業デザインを学ぶセミナー

6月2日セミナーのご案内

関西支部の田中です。
6月2日(土)に下記のセミナーを開催します。
Fusion 360を使った3D工業デザインイメージの作成(初級〜中級)

image_180602


詳細・申し込みページは下記からお願いいたします。
https://business.form-mailer.jp/lp/1b7c194f85428


6486ede8b9dbfae33fb280032a91e027


なおそれに先立って、東京で5月26日(土)開催のセミナーは同じ内容を予定しています。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ