テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

テクニカルイラストレーション技能検定 手書き作業につてい

テクニカルイラストレーション技能検定の手書き作業について、簡単に解説します。

手書き作業は、テクニカルイラストレーション技能検定が始まった時からある作業です。
試験は、会場にある製図台(ドラフター)を使い作図をします。
@IMG_2878
(こちらは、東京会場の写真です)

トレーシングペーパーに課題図を描きます。3級はA3サイズ、1級、2級はA2サイズの用紙を支給されます。


手書き作業では、製図用のシャーペンなど、基本的な製図用具が必要になります。これらは、簡単にそろえることができますが、テクニカルイラストレーションを手書きで描く際、楕円定規が特に重要なアイテムになります。

img_page_01_00_01

この楕円定規がないと、ほとんど作図はできません。


先日、新宿の世界堂を訪れた際、35°楕円定規の販売をしているのを見かけました。IMG_3271


IMG_3272



UHIDA社製のものとSTAEDTLER社製のもがありました。どちらも、アイソメスケールも入っていたので、試験に利用できるかと思います。


テクニカルイラストレーション3級の課題であれば、基本的に、この35°楕円定規一つで描ける内容でありますが、2級以上では、楕円の大きなものや、10°楕円、25°楕円など、楕円度の異なるものを複数枚用意する必要があります。

現在、この楕円定規の入手が難しくなって来ていますので、2級以上の受験を検討している方は、CAD作業の方が良いかもしれません。

ちなみに、私は3級・2級共に手書きで受験しました。当時の写真がブログのデータに残っていたので張り付けました。

試験01
実際の過去問

試験02
同じく過去問


IMG_1155
2級では、ボルトナットを描かされることがあります。

試験03
練習用に書いたものです。試験では連絡線で各部品をつなぐなどの必要があります。
写真を見ていたら、この時代がよかったな〜、なんて思ってしまいました。

次回はCAD作業について、どのようなCADソフトが使えるのかなど紹介しようと思います。また、以下のセミナーでも、詳しくご紹介します。


■3級テクニカルイラストレーションCAD技能検定試験 受験対策セミナー(大阪開催)
日程:2018年8月4日(土) 13:00-17:00
会場:大阪市立青少年センター 大阪市東淀川区東中島1-13-13
詳細:https://www.niteco.jp/event-information/


■テクニカルイラストレーション技能検定試験 受験対策セミナー(東京開催)
日程:2018年9月8日(土) 13:00-17:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 東京都渋谷区代々木神園町3-1
詳細:http://www.javc.gr.jp/katsudou/180908.html

テクニカルイラストレーション技能検定 試験の実施内容について

テクニカルイラストレーション 技能検定について、このブログで、何回かにわたって解説しようと思います。今回は試験の実施内容について解説します。


まず、テクニカルイラストレーション技能検定では、「実技試験」と「学科試験」の二つに合格する必要があります。実技試験は「手書き作業」か「CAD作業」のどちらか、ご希望の作業を選択して受験していただきます。

実技試験につきまして、「手書き作業」も「CAD作業」も問題と作業時間は同じです。ただし、CAD作業は1時間毎に10分の休憩が入る点が異なります。実質的な作業時間に変わりはありません。


学科試験は、手書きもCADも問題と試験時間は同じです。


次回は「手書き作業」について、紹介させていただく予定です。今後も、CAD作業や試験の実施会場についての情報も、ご紹介できたらと考えております。

テクニカルイラストレーション技能検定のスケジュール

H30年度のテクニカルイラストレーション技能検定のスケジュールのお知らせです。

H30_ginoukentei-1

中央職業能力開発協
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html


実施公示:平成30年 9月 3日(月)

受検申請受付:平成30年 10月 1日(月)から10月12日(金)まで

実技試験:平成31年 1月20日(日)

学科試験:平成31年 2月3日(日)

合格発表:平成31年 3月15日(金)



取説の会社でイラストを描いている方、特許事務所で特許図面を描いている方の中で、まだ経験の浅い方であれば、テクニカルイラストレーション3級の受験を強くお勧めいたします。
3級は初級者向けの内容ではありますが、立体製図の基本が詰まっています。難易度は高くなく、テクニカルイラストレーションの入り口には、ちょうど良い試験であります。

今まで、なんとなく立体図を描いていた方は、3級の受験を通して正しい技能を身に付けてください。正しい技能は、早くて綺麗な作図につながります。

日本ビジュアルコミュニケーション協会では、東京と大阪でテクニカルイラストレーション技能検定の受験対策講座を行います。

当協会で作成した、模擬問題に取り組んでいただきます。作図方法の指導と試験の注意点などを解説いたします。

■テクニカルイラストレーション技能検定試験 受験対策セミナー(東京開催)

日程:2018年9月8日(土) 13:00-17:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 東京都渋谷区代々木神園町3-1
詳細:http://www.javc.gr.jp/katsudou/180908.html



■3級テクニカルイラストレーションCAD技能検定試験 受験対策セミナー(大阪開催)
日程:2018年8月4日(土) 13:00-17:00
会場:大阪市立青少年センター 大阪市東淀川区東中島1-13-13
詳細:https://www.niteco.jp/event-information/


自己投資をして、よい仕事をしてください!

IllustratorとDXF

関西支部の田中です。


弊社スタッフがコーポレートブログを更新しました。
IllustratorでDWG、DXFデータを開く場合注意したい事

意匠図面と機械図面

関西支部の田中です。


弊社スタッフがコーポレートブログを更新しました。
意匠図面と機械図面の違い ギャップにオドロキです。


テクニカルイラストレーション技能検定 ”無料説明会”のご案内

【テクニカルイラストレーション技能検定試験  無料説明会】
日程:2018年7月14日(土) 13:00-17:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター東京都渋谷区代々木神園町3-1
詳細:http://www.javc.gr.jp/katsudou/180714.html


20180714_技能検定説明会の案内(一部制)

テクニカルイラストレーションは国家検定の職種の一つです。日本ビジュアルコミュニケーション協会独自の検定ではなく、国が実施している権威ある資格であります。


日本ビジュアルコミュニケーション協会では、この技能検定の受験を推奨しており、できるだけ多くの方に受験してもらいたいと考えております。そこで、この度、テクニカルイラストレーション技能検定の無料説明会を開催することにいたしました。


説明会では、技能検定の実施スケジュールや、試験内容、受験会場などの基本的事項の解説と、【テクニカルイラストレーション(CAD作業)】をAdobe Illustratorを用いて、実際どのように図面を描くのか実演をしながら、解説いたします。受験予定の方はもとより、まずは、どんな試験なのか知りたいという方も大歓迎です。


無料説明会ですので、どなたでも無料でご参加いただけます。今まで、日本ビジュアルコミュニケーション協会に参加したことがない方も、この機会に会場に足を運ぶのも良いかもしれません。

尚、定員がございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みをお願いいたします。


マニュアル会社・図面会社・特許事務所などで、テクニカルイラストレーションの作成に関わっている方は、是非とも合格して、ご自身の技能を証明していただきたいと思います。また、初学者であれば、技能検定の合格を目標として、ご自身のスキルアップに役立てていただくと大変有効と思います。


技能検定制度のポータルサイト 「技のとびら」
http://www.waza.javada.or.jp/
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ