イラストレーターの基礎、その2

破線のときに知っておくべき機能線の基本2


私は仕事上(特許図面作成)やら無くても問題ないですが、製図的にはやはり「きれいに仕上げる」と考え、なるべく上記のことに気を使っています。