この数日は、今月行う第4回 意匠図面研究会で発表する為の図面を作成しています。仕事から帰ってきてから作図をするのは、なかなかしんどいですが、活動していれば何かしらの為にはなるはずです。

作図をすることで勉強になることはもちろんですが、描いた図面はその後、自分の作品集(ポートフォリオ)に加えることができます。このような業界ではポートフォリオは転職活動や、フリーであれば仕事の営業のときに必須だと思います。@IMG_2285


テクニカルイラストや特許図面・意匠図面ですと、仕事で散々描いていても、守秘義務のため他者へ見せられないことがよくあると思います。その点、個人的に描いた図面であれば一向に構いません。このような時くらいしか個人的な作図をしないですし、一石二鳥だと思ってやっています。

また、ポートフォリオは転職活動の目的だけでなく、同業である図面作成者の人に見てもらうのもとても良いことだと思います。@IMG_2286


以前、独学で特許図面とイラストレーターを勉強していた時があります。そして書き溜めた図面の中で、良いなと思えるものはクリアファイルにまとめていきました。ある程度、図面が描けるようにはなりましたが、なにぶん一人でやっていたのでこれで問題がないのか不安は残りました。

そんな時に、初めてジャビックのテクニカルイラストレーションの入門セミナーに参加しました。セミナーで学ぶだけでなく、特許図面の実務をしている人が参加しているを知っていたので、そこで自分のポートフォリオを見てもらいたいとも考えていました。


ちょうど懇親会のときに作品集を見てもらいました。結局、席中を回覧する羽目になるのだが、おかげでいろいろな意見を聞けて本当に参考になったのを覚えています。方向性が間違っていなかったことが分かっただけでも大きな収穫でした。今から、7年以上も前の話です。

ポートフォリオは、必ずしも100%よい作品をまとめようとは思わず、自分の活動の記録くらいにまとめておくので良いと思います。それを見せる相手や状況に合わせて内容を代えるのが本来のポートフォリオ(Portafoglio)意味であります。

ポートフォリオに平行して趣味系のものがあっても面白いかも、加えてみるかな、