「意匠図面研究会」を行いました。意匠図面研究会_バナー


今回は研究会の立ち上げメンバー以外にも一般の募集をかけ、新しい方たちにもご参加いただきました。

テーマは特に限定せず、各自がテーマを決めて会で紹介するかたちで行いました。今回は以下のようなテーマが上がりました。

意匠の図面表現、円柱の図面表現、部分意匠の判例の紹介など。また、メンバー共通の課題として取組んでいる、意匠出願のプロジェクトについての検討もしました。


今回は新しい方が参加していただけたおかげで、意見や感想が多様になり、より有益になったと思います。参加者それぞれ働いている環境が異なりますし、バックグラウンドも異なります。いろいろな意見が知識が出てきて当然かも知れません。

自分の職場環境だけに閉じこもっていると、視野が狭くなりがちです。具体的なスキルを身に付けることだけでなく、外に出て視野を広げるためにもこのような場があるのはよいことだと思います。


今回、初参加していただいた弁理士の方が「意匠図面をテーマに集まっている会なんて、マニアックだなと思った」と言っていました。会を行っている自分たちには一切そのような気はなかったですが、そう言われてみると、確かにかなりマニアックなのかもしれないです。

次回は8月の最終土曜日か9月の最初の土曜日を予定しています。会場は西新宿です。日程が決まりましたら、改めてご案内いたします。