平成30年1月14日、国家検定制度である。テクニカルイラストレーション技能検定が全国一斉で行われました。

@IMG_2875
こちらは東京会場です。


私は試験の補佐員として、東京の会場に行きました。東京で試験が行われるのは、約10年振りです。日本ビジュアルコミュニケーション協会が中心となって、開催にこぎつけました。

IMG_2883


こちらが、CAD(パソコン)による作図の会場。IMG_2886
これだけの台数があれば、多くの受験者を受け入れられます。



こちらが、手書き(製図室)の会場です。
IMG_2877


@IMG_2878




今年度は3級のみの実施でしたが、次回の平成30年度は、1級、2級を含を含む全部の級の試験が行われます。


実技試験は毎年1月に開催となっています。来年度の試験まで、今からほぼ、一年の期間があります。2018年は始まったばかりですので、テクニカルイラストレーション技能士の取得を今年の目標に見据えてはいかがでしょうか。今年も日本ビジュアルコミュニケーション協会では、テクニカルイラストレーション技能検定対策のセミナーを行う予定です。



=========================
【技能検定補佐員の後記】

今回、初めて試験の審査官側の仕事をしました。事前の準備、当日の運営、その後の採点など、なんだかんだで、一仕事で、それなりに疲れました。仕上がった図面を検定という基準したがって採点するということは普段ありませんので、とても良い経験になりました。

試験の準備、採点など、審査官側の大変さが、初めてわかりました。

開催会場となっていただいた、学校にはとても丁寧に対応していただいて、大変助かりました。去年から、少しづつ準備を重ね、ちゃんと開催できるのか不安もありましたが、この度、無事に検定を行うことげできて、ホッとしてます。



試験会場は、設備、アクセス面など、非常に整っています。受験者を受け入れる受け皿は十分にあります。今後は、実務でテクニカルイラストレーションに携わっている人はもとより、学生を中心にもっと受験者数を増やしたいと考えています。
=========================