2月4日の日曜日、テクニカルイラストレーション技能検定試験の学科試験が開催されました。

東京都の会場は東京学芸大学で行われたようです。学科はテクニカルイラストレーション以外の職種も一斉に行われました。ちなみに、東京都のテクニカルイラストレーション実技試験は日本ビジュアルコミュニケーション協会が主な運営を行いましたが、学科は各都道府県で実施されます。


参考までにテクニカルイラストレーション技能検定の3級学科試験の一部を紹介。@IMG_2916



〇か×の二択です。

・日本工業規格(JIS)によれば、製図に用いる尺度は、分数で表す。

・二等投影図(二等測投影図)で書かれた立方体の2面のだ円角度は、同じである。

・等角図(等測図)で直径100mmの球体を描くときは、直径100mmの円を描けばよい。

・CADで数値化された形状データを、NC機械の入力データとして利用することが可能である。
こんなのが出ます。

機械製図の基礎知識、等測投影などのテクニカルイラストレーションを描く上での基礎知識、後はコンピュターに関するものなどです。テクニカルイラストレーションを描いていれば、自然と身についている知識も多いかと思います。


「テクニカルイラストレーションの学科試験って、どんなのが出るの? どうやって勉強するの?」と思いの方もいらっしゃるかと思います。日本ビジュアルコミュニケーション協会では、受験対策セミナーを毎年開催していますし、テクニカルイラストレーション技能士がたくさんいますので、いろいろと情報を得る機会があるかと思います。



私は、今回試験を受けていませんが、今年度試験を受けた人たちの打ち上げに、ちゃっかり参加しました。IMG_2915
「かき小屋」


まだ、お昼です。日曜の昼でも開いている良い店をチョイスしていただきました。


IMG_2921



IMG_2920
蓋を開けた瞬間を撮り逃し、中途半端な絵。



明るいうちからの飲むのはいいものです。僕は試験を受けていませんでしたが、なんだか勝手に一仕事終えた気分になってました。