この度、本ブログへテクニカルイラストレーション技能検定について、ご質問をいただきましたので、ブログの投稿にてご回答させていただきます。


ご質問の内容
受験の際に使用ソフトは選べるのでしょうか?(3DCADソリッドワークスの利用の可否について)



【ご回答】
テクニカルイラストレーション技能検定について、私の分かる範囲で回答いたします。

まず、テクニカルイラストレーション技能検定には「手書き」と「CAD」の二つの作図方法が選択できます。どちらも課題内容・作業時間は同じです。

さて、本題の使用可能なソフトについてですが、テクニカルイラストレーション技能検定 CADでは、使用ソフトについて決まりはありません。ですので、 SolidWorksやInventorなど、どのソフトを使っても原則問題はありません。


ただし、受験する会場でどのソフトが利用できるかが、重要になります。受験する地域(会場)により設置されているソフトが異なるためです。

どのソフトが利用可能かは、受験を希望される都道府県へお問い合わせください。
都道府県職業能力開発協会の所在地及び電話番号は以下の通りです。
都道府県職業能力開発協会


会場によっては自分のノートパソコンを持ち込んでの受験ができる会場もあります。ノートパソコンをお持ちの方であれば、日ごろ使いなれたパソコンで受験ができるのがメリットかと思います。


尚、もう一点大事な点として、試験の採点はCADデータをもとに行うのではなく、プリントアウトした紙で行います。そのため、書き上げた図面をPDFにするなど、印刷できるようにすることが必須です。


ご参考までに、今年の1月に行われた東京会場についてですが、東京会場ではAuto CAD、SolidWorksが利用可能です。また、ノートパソコンの持ち込みも可能です。
※注意 平成29年度の情報となります

ソフトのバージョンは以下の通りです。(2017年9月の情報)
  AutoCAD 2011
       2017 N.52.0.0 
 
  Solid Works 2016-2017
        2013-2014



次回の平成30年度の試験概要は9月初旬頃に職業能力開発協会より公表されるはずです。正確な情報は、それ以降に確定するかと思います。

また、日本ビジュアルコミュニケーション協会でも、今年の9月か10月頃にテクニカルイラストレーション技能検定の説明会及びセミナーを予定しております。こちちらもご利用ください。



最後に一つ、テクニカルイラストレーション技能検定は3Dモデリングの技能を試すことが、本来の目的ではなく、立体製図の技能を試すものです。

現在、テクニカルイラストレーションの実務で3DCADは欠かせません。多くの方が、テクニカルイラストレーションを作成する際、何らかの形で3DCADを利用していることでしょう。3DCADは立体形状を容易に確認できるなど、大変便利な道具です。その反面、二次元から立体をイメージする能力、読図力が衰える危険も潜んでいます。また、簡単な立体形状でも、3DCADがないと描けない方も少なくないかと思います。

テクニカルイラストレーション技能検定では、3Dモデリングの力を試そうと考えるのではなく、手書き・二次元CADを使用し、立体図の基礎、読図力を高める目的で受験するのがよいかと思います。二次元から立体図を書き起すことで、これらの能力を身に付けることにつながります。立体図の基本を理解してから、3DCADを使うほうが、より効果的にテクニカルイラストレーションに活用できるかと思います。



ご質問がありましたら、日本ビジュアルコミュニケーション協会のお問い合わせか、本ブログでも受け付けています。ブログの「comment」をクリックしていただければコメントが可能です。古い記事の内容でも大丈夫です。コメント2