テクニカルイラストレーション技能検定についての情報

まずは、この検定の位置付けは、立派な「 国家資格」です。

試験制度
働く上で身につける、または必要とされる技能を一定の基準によって評価する国家検定制度で職業能力開発促進法に基づいて実施されている。

試験に合格すると「技能士」の称号が与えられる。
特級、1級、単一等級 → 厚生労働大臣名の合格証書
2級、3級、基礎級 → 都道府県知事名の合格証書



テクニカルイラストレーション技能検定には、受験資格が定められています。


【受験資格:テクニカルイラストレーション3級】

※高等学校、短期大学、高等専門学校、大学においてこの職種に関する学科に在籍している方または卒業された方 (例:機械科、電気科、建築科)

※この職種に関する職業訓練課程(一定の訓練課程に限る。)に在籍している方または修了された方

※この職種に関し半年以上の実務の経験を有する方




実務経験については、取扱説明書制作会社、設計並びに図面作成にかかわる会社、特許事務所などで、テクニカルイラストレーション図面作成に関する業務をしている必要があります。

受験資格を満たしているか、心配な方は中央職業能力開発協会(JAVADA)に問い合わせるのが良いかと思います。