来月はIllustratorで描くテクニカルイラストレーション入門講座を行います。


この講座で使う主なツールや操作をいくつかご紹介しますので、受講にあたり、事前にこれらの操作に慣れておくと、当日、スムーズに作図ができるかと思います。

講座:Adobe Illustratorで描くテクニカルイラストレーション入門
日時:平成30年7月7日(土)13:00〜17:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター東京都渋谷区代々木神園町3-1
詳細


当日はこのような立体図を描きます。図形


尚、本講座ではllustratorのバージョンの指定はありません。線画のテクニカルイラストレーションでは、キャラクターや風景などのイラストを描くのに比べると、使う機能は限定的です。これからの紹介する操作が出来れば、問題ありません。

また、ショートカットキーを多用しますので、覚えておくと作業がだいぶ早くなります。事前にショートカットキーをメモしておくとよいかもしれません。

” ”はショートカッキーです。

◇直線ツール
"¥" 日本円の「¥」です。

直線

Illustratorでは、あまり馴染みのない操作だと思いますが、数値入力をしてテクニカルイラストレーションを描いていく場合、この「直線ツール」をよく使います。
少し二次元CAD的な操作に近いかと思いますが、そこはIllustrator。CADほどに精密ではなく、ほどほどに感覚的なところもあります。

「長さ」と「角度」を入力して線を引きます。
直線2


◇回転
"R" オブジェクトを選択して"R"

続いてよく使うのが、「回転」です。立体図(等測投影図)はZ軸・X軸・Y軸と三軸が基準になります。そのため、オブジェクトの回転や、角度の入力は頻繁に行います。これらは良く覚えておいて下さい。

等測投影図の角度の関係
回転1
この角度の関係を覚えておくとよいでしょう。

Illustratorの回転の考え方
回転2



◇移動
"Enter" オブジェクトを選択して"Enter”
移動1

オブジェクトを数値入力して移動させる場面もあります。これもいくらかCAD的な発想に近いかもしれません。



以下はIllustratorの基本操作になりますが、少しピックアップします。

◇選択ツール
""

◇ダイレクト選択ツール
"A"

◇長方形ツール
"M"

◇楕円形ツール
"L"

◇拡大・縮小
"S オブジェクトを選択して"s"


ここには書きませんでしたが、ペンツールなどの基本操作も、もちろん使います。ちなみに、
Illustrator苦手という方、ベジェ曲線を駆使するような場面は、ほぼないので安心してください。


さて、ブログではこれ以上、こまごま書くわけにもいきませんので、割愛させていただきます。テキストだけで作図を覚えることもできますが、長年の経験から編み出された、プロのテクニカルイラストレーターの操作を直に教わるほうが、手っ取り早く正確です。

ここでは紹介できなかった、基本操作、効率的な作図のテクニックは講座にて学んでください。


また、翌週の7月14(土)はテクニカルイラストレーション技能検定試験 無料説明会です。

国家資格である、テクニカルイラストレーション技能検定の説明会です。まずはどのような試験なのか、こちらの会でご説明いたします。

試験自体は来年の一月に実施されますので、今から勉強すれば、初級レベルである3級に間に合います。そんなことも含めてご説明いたします。