テクニカルイラストレーション 技能検定について、このブログで、何回かにわたって解説しようと思います。今回は試験の実施内容について解説します。


まず、テクニカルイラストレーション技能検定では、「実技試験」と「学科試験」の二つに合格する必要があります。実技試験は「手書き作業」か「CAD作業」のどちらか、ご希望の作業を選択して受験していただきます。

実技試験につきまして、「手書き作業」も「CAD作業」も問題と作業時間は同じです。ただし、CAD作業は1時間毎に10分の休憩が入る点が異なります。実質的な作業時間に変わりはありません。


学科試験は、手書きもCADも問題と試験時間は同じです。


次回は「手書き作業」について、紹介させていただく予定です。今後も、CAD作業や試験の実施会場についての情報も、ご紹介できたらと考えております。