【テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう その2】

今回は、テクニカルイラストレーション技能検定3級の問題を紐解いてみましょう。紐解くといっても難しい内容ではありません。



まずは、技能検定3級の模擬問題の解答例
00_問題
カメラです(。・ω・)ノ゙





上記が解答例ですが、本来は隠れていて見えない線を入れるとこんな感じ。01_問題
どのように作図されているのか少しイメージし易くなったかと思います。




今度は、それぞれの要素を分解してみます。02_問題
こうするとより、どのようなもので構成されているのか分かり易くなります。




各要素ごとに見ると、円柱、直方体、球など基本的な立体形状の集まりであることが分かります。03_問題




後は、これらを組み合わせた形状です。04_問題


こう見ると、とても簡単に見えてきませんか?



確かに簡単に見えるかもしれませんが、正しく理解して立方体、円柱、球などを描けるでしょうか。

とりあえず描けたからOK!でもいいのですが、検定試験の限られた時間で、指示通りに作図し、学科も合格するのとでは、理解の違いに大きな差があるかと思います。


来月の【特許図面作成者のためのテクニカルイラスト入門(Adobe Illustrator編)】でも、このようなテクニカルイラストレーションについてもレクチャーしますよ。

平成31年4月6日(土) 13:00〜17:00
詳細


日本ビジュアルコミュニケーション協会では、できるだけ多くの方に合格していただけるように頑張りたいと思います。


技能検定の普及ロゴ