テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

Illustrator Tips

折れ線グラフ...。

特許図面を描いていると、結構折れ線グラフが出てきます...。


単に折れ線を描けばいいのなら問題は無いのですが...。


プロット点に、例えばひし形を描いて欲しいとか...結構有るんです!


例えば...


g-1



こんな感じのグラフで...例えば...

g-2



を、各頂点に置く...。



この位なら何とか...でも、この数倍あったら...!?





こういう場合には、このスクリプト...。


http://park12.wakwak.com/~shp/cgi-bin/wiki.cgi/view/JavaScript_scripts#fukusei


ダウンロードしたスクリプトの置き場は、バージョンによって異なるので...ご自分で調べてください...ちなみにWindows7 64ビットのCS5なら、


C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Illustrator CS5.1\Presets\ja_JP\スクリプト


です。




スクリプトを使うと、ボタン一つで瞬間でこれが作れます!


g-3





注意事項は、配置するひし形を前面にして両方選択してスクリプト実行です。



では。


使い方次第です...ネ

イラストレーターなどやっていると、いろいろなソフトを使用する。

まあ、どうしてもメインはCADかドローソフトと言う事になるのだが...。


私はテクニカルイラストを描くのに、CADから入った。


それ以前は手描きで描いていた。もちろん製図台を使用していた。

お客さんから、「ペーパーではなくデータでもらえないかな?」と相談され、躊躇無くCADの中からソフトを選んだ。


製図的なイラストなので当然だと思っていた。



ある頃から、Illustratorでも仕事をするようになり、今では8割はIllustratorである。


CADから転向すると、Illustratorに何とCAD的ツールの無い事!!!

線のトリムも延長も無い。フィレットも無い。

最初は、どうしようもないと思っていたが...それに代わる使い方と言うものが、使い込んで来ると...できるようになる。

ツールに頼っている人には理解できないかも...。


駄目とあきらめず、何とかしようと工夫すれば...何となく何とかなるのである。



例えば線の延長...線を拡大すれば良い...いらない方は切れば良い...判る人には判る。

例えばトリム...パスファインダーのアウトラインにして再度線幅を指定すれば良い...判る人には判る。



わからない方は、判るように努力をしてください。

自分で見つけたやり方は、すぐ身につくものです!


では。

Illustratorって特許図に...どうよ!

先日、Webを徘徊していたら、あるCAD系のソフトを評価しているサイトに出会った。

特許の他、やいろいろな場面で使われている「花子」のサイトである。



私自身「花子」は大昔にほんの少し触れた程度であるので、どうこう言う立場に無い。


「花子」はドローソフトである...と言い切れない...微妙なソフトである...。


CADほど特化してなく...Illustratorほど特化もしていない...逆に言えば...値段も手ごろで使用しやすいのかもしれない...。


そのサイトで花子とIllustratorの機能比較をやっていた。非常に興味深い???


このサイトのオーナーさん、多分Illustratorをあまり使っていないと思われる。



円心スナップ△???普通にできますよ...。


等角度回転コピー×???普通にできますよ...。


線の交点カット×???普通にできますよ...。


正直、Illustratorを使っていて一瞬ト惑うのは、面取りと角の丸め程度...でもそれも瞬間でできない程度で、作図の方法を知っていれば2ステップ程度のロスで済む...。


私も経験ありますが、CADって何でもツールでまかなえちゃうんです。


IllustratorってCADとは発想が違うんで、ツールが無いんです...だから使う人が工夫しなきゃいけないんです...頭使うんです...慣れが必要なんです...お馬鹿なソフトなんです...でもいろいろできるんです...。


使い始めると...それなりに愛着も...。


では。

Illustratorで接線を!

Illustratorを使っていて時々「できたらいいな〜。」と思うのが、”接線”。



普通にイラストを描いているのなら、多分必要は無いと思いますが...テクニカルイラストというイラストの性質上、CADの操作が必要になる...。


もともと、テクニカルイラスト(アイソメ図)は製図色の強いイラストですからね。


で、先日のセミナーでもお見せした、”接線スクリプト”です。


フリーのスクリプトなので、作られた方に感謝しつつ、ご紹介いたします。以下、どうぞ。



■円や楕円同士の接線は...

http://park12.wakwak.com/~shp/cgi-bin/wiki.cgi/view/JavaScript_scripts#kyotsu



■あるポイントから円や楕円までの接線は...

http://park12.wakwak.com/~shp/cgi-bin/wiki.cgi/view/JavaScript_scripts#fromapoint


以上、ご参考までに....。


では。


にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村

Illustratorで描いてみよう!〜その2

第2回目です。

今回の図面は、以下のようなものです。


02



ポイントとなる点は、下の円柱に空いている穴でしょうか。
正方形と正円の合体版のような形状です。



右の図面で、破線の×点になっているのは、その部分(内側です)が平面である事を意味します。

左の図面で、上部のM8は今のJISでは2重丸ではなく、外側が1/4程欠けた円で表されます。



私が描くのは次回にしたいと思います。


皆さん(って見ている人いるかな?)、是非ご自分で描いてみてください。もちろん等角図ですよ!



では。


日本ビジュアルコミュニケーション協会(JAVC)。「テクニカルイラスト中級講座(立体分解図と角度測定)」開催!手描きの技術を知らないテクニカルイラストレーターの皆様!チャンスです!
http://www.javc.gr.jp/H23_06_18-pamphlet.pdf

Illustratorで描いてみよう!〜その1

まずは、下図のような部品です。機械の分解図には良く登場するような物ですね。

Illustrator01_1



こちらの環境はWin/Illustrator10ですが、CS3/CS4/CS5を客先で使っていますが同じです。

Illustratorの設定は自由でかまいませんが、ここでは、塗りなし/線は丸型線端/ラウンド結合/線幅1pt/破線なし でいきます。

描く方向は、Xが右上がり30度方向、Zが垂直上方です。このへんの設定に関しては、それ関連のHPや書籍で勉強してください。おすすめは下の書籍です。
icon
icon



 イ泙此■魅ーを押して、画面内をクリックします。これで楕円形ダイアログが表示されます。基本的にツールボックスはあまり使いません。マウスが行き来する動作が時間の無駄ですし、あまりやっていると腱鞘炎になるので...実際に腱鞘炎になった人が言っているので確かです...。

Illustrator01_2


◆ィ隠唖唯圍瓧皀ー⇒5.8⇒ENTERとキーボードで入力します。
Illustrator01_3


.等角図で描きますので、できた楕円を122%拡大します。楕円選択状態で、S⇒ENTERとし、拡大・縮小ダイアログを表示させます。
Illustrator01_4


Illustrator01_5


ぁソ腸H罎鮓把蠅如■隠横欧汎力してENTERを押下します。これで等角図における10mmの35度楕円ができました。
Illustrator01_6


Illustrator01_20


ァタ淕未任和μ未侶造Φ18なので、できた楕円を180%拡大します。楕円選択状態で、S⇒ENTER⇒180⇒ALT+Cとします。ALT+Cとは、ALTキーを押したままCキーを押すという事です。これでΦ18の楕円がコピーされてできます。
Illustrator01_7


Αズ禿拆さいほうの楕円を選択し、S⇒ENTER⇒120⇒ENTERとします。10mm楕円を残す必要は無いので、ここはコピーではありません。
Illustrator01_8


Аィ欧弔梁扮澆鯀んで、R⇒ENTERとして回転ダイアログを表示させ、120と入力してENTERを押下します。
Illustrator01_9


Illustrator01_10


─ヂ扮濮択状態なので、そのままV⇒ENTERとし、移動ダイアログを表示させ、Tabキーを2回押し、15⇒Tabキー⇒30⇒ALT+Cとします。これで全体が15mm右上30度方向にコピーされます。
Illustrator01_11


Illustrator01_12


.小楕円は要りませんので削除します。
Illustrator01_13


.Cを押してはさみツールにし、アンカー2箇所を切って不要部分を削除します。
Illustrator01_15


Illustrator01_21


.あとは稜線をつないで完成です。
Illustrator01_19


わかりましたでしょうか。
説明を端折っているので、不明点はコメントで質問してください。

なお、ここで描いたイラストは保存しておいてください。いずれまた使います。



それでは...。

にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ
にほんブログ村

■日本ビジュアルコミュニケーション協会(JAVC)。「AutoCAD(LT)で描くテクニカルイラスト講座」開催!これであなたもテクニカルイラストレーション技能士に!
http://www.javc.gr.jp/11_05_14%20pamphlet.pdf

Illustratorで描いてみよう!〜はじめに

タイトルのとおり、これから少しずつIllustratorを使ったテクニカルイラスト作図法みたいな事を書いていきたいと思います。

今日の時点では、まだ図面も用意していないので、実際に描き始めるのは次回以降になります。


このような企画は、私のHPで以前CADを使ってやっていました。まだ以下のページが残っています。

http://ti-master.com/0002.htm



まあ、どうなるかわかりませんがとりあえず始めてみます。

次回をお楽しみに...!



それにしても今日の帰りは西部池袋線の人身事故で20分くらい電車内で待たされた...昼間は暖かかったのに、結構冷えた...。


では...。


にほんブログ村 イラストブログ Illustratorへ

にほんブログ村



Illustratorで配列複写...もどき...

CADを使っていて結構便利なのが配列複写です。
ある図形を、例えば四角形の各頂点に配置したり、円形に配置したりする機能です。

これがIllustratorに無い。結構痛いですね...。


そこで、簡易的にブレンド機能を使ってみましょう。


 タ涎舛鰺儖佞靴泙后グループ化を忘れずに。

blend01_1


◆ツ樟を引きます。

blend01_2


.直線の両端のアンカーポイントに、先ほどの図形を位置します。

blend01_3


ぁゥ屮譽鵐疋帖璽襪鬟瀬屮襯リックして、以下の設定にします。

blend01_4


ァゥ屮譽鵐疋帖璽襪芭消爾凌涎舛鬟リックします。

blend01_5


blend01_6


Αデ枌屬靴燭ぐ銘屬膨催世来るように正方形を描きます。

blend01_7


Аゥ屮譽鵐匹靴真涎舛蛤I舛い神喫形を選択状態にします。

blend01_8


─ゥブジェクト→ブレンド→ブレンド軸を置き換えとします。

blend01_9


.このようになります。

blend01_10


いかがでしょう?

円形でも同じです。いろいろ試せますね!


では...。

ブレンド2

Adobe Illustratorで簡易の歯車を描く場合のTipsを前回書きましたが、今回は立体図ではなく平面図の場合です。
技術資料や特許図面などでよく出てくるのが、歯車を横から見た場合のイラストです。

下のような四角で、真ん中に中心軸があるような場合ですね。

b01


通常、この歯車の縦方向に縞模様を描きます。

まあ単純なブレンドで、両端の縦線をトレースするような形で細線を入れます。

b02


ブレンドツールをダブルクリックでダイアログボックスを表示させます。

b03


”ステップ数”を”30”程度で”OK”します。

b035


そのまま先ほど描いた2本の縦線をクリックしてブレンドさせます。

b04


まあ、通常これで良いといえば良いのですが、ちょっとこだわって立体的にしてみます。

楕円ツールを選択します。

b045


歯車の中心でクリックした後Altキーを押しながら右にドラッグします。
一番右の縦線に来たところで、そのまま真上にドラッグしてShiftキーを押すと、以下のようになります。ここでドラッグを終了します。

b05


つまり、歯車の直径と同じ円を描いたことになります。
この円を、左右のアンカーポイントで切断して90°垂直上方にずらします。

b06


選択ツールで先ほどのブレンドした縦線と、この半円を選びます。

b07


”オブジェクト”→”ブレンド”→”ブレンド軸を置き換え”とします。、

b075


以下のようになります。

b08


”オブジェクト”→”分割・拡張”を選びます。

b09


オブジェクトのみチェックして”OK”します。

b10


右クリックで”グループ解除”します。

b11


そのまま、下の歯車部分も選択します。

b12


”整列”の”垂直方向下に整列”をクリックします。

b13


以下のようになります。

b14


歯車の左右方向の幅が徐々に狭くなって、円柱ッポイでしょ?



それでは...また。



スウォッチ2

先日、スウォッチ1で書いたやり方ですが...すいません。もっと簡単な方法がありました。

スウォッチが入ったオブジェクト全体を選択状態にした後、

11_04_11-01


のように、回転角度を入力し、オプションの”パターン”だけチェックを入れて”OK”にすれば、四角は回転せずにスウォッチのみ回転します。





こういうこと書いていると、普段Illustratorを使っていても見逃していることが多いと気づいて、結構自分が勉強できますね...
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ