テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

taya

第1回特許図面研究会

午前中は日差しもあり日に当たると汗すら出るくらいだったが、少し雨の降った後の空気は冷たく、風邪も強くなったせいで、何だか1日で春と冬が同居していたような一日...。

そんな中、「特許図面研究会」の第1回のお知らせを会員に一斉メール。

第1回なので正会員限定です。



皆さんふるってご参加ください!



個人的には、昨年の京都研修旅行の土砂降りでほぼダメになったリュックの替わりに、今月の会津研修旅行のためにリュックを探しに...。


パソコンを入れて使うことも考えて電気屋に行ってみたが、鞄はあってもリュックが無い...。


D2に行ったらペラペラの安物ばかり...。


仕方が無いので帰ろうと...そうだ!イオンがある...。


で、ちょうど良いの見つけました!


特許事務所通いの普段使いも可能です。




で、今日のつまみ。


131111




豚スペアリブの煮込み。


ビタミンB系補充して元気に!



では。

今年の研修旅行!

11月16日〜17日は、JAVC研修旅行。


毎年行われていますが、参加者はここの所のいつものメンバー...。


まあそれはそれで、気心知れているんで気楽です。



いつもは誰かの車に便乗させていただいておりますが、今年は会津ということで一人で大宮から新幹線に。


交通費は高くつきますが、気楽で良いかも?


実は会津には母の姉が住んでいる...。


それも城下町に...。


寄るか?

思案中...一応団体行動ですからネ。



鶴ヶ城から飯盛山...時間があれば野口英世記念館!



鶴ヶ城は小さい頃登ったことがありますが、天守閣が凄く狭かった記憶が...階段も1人がやっとみたいな...。

考えてみれば、そりゃそうだよね!

戦を想定していたら、殿様の最後の砦。

いっぺんに何人も上がってこられないように狭くて当然!

小田原城のように広い階段(改築したからか?)はありえない!

鶴ヶ城も、最近改装していたからどうなっているか楽しみです!



飯盛山は白虎隊の記念碑があるのかな?



野口英世記念館???

生家なら行ったことが有りますが...。



その日の温泉も楽しみ!

焼き鳥で一杯の予定なので、それもっ〜楽しみ!



翌日のK氏の工場見学も楽しみです...Illustratorで墓石の文字のデザインをなされている方です!


では。

3Dからイラスト化...仕事が無くなるのか?

10月12日(土)の『Adobe Illustratorで描くTI立体分解図』の講師を勤めさせていただきました。


参加者の多くは特許図面制作関係のお仕事...。


みなさんIllustratorの効率良い使い方や、立体図・斜視図の描き方に興味があるようです。


午前中は、自己紹介や最近の業界の状況や、私の過去の経験、アイソメ図に関する簡単な理論や簡単な部品の描き方の紹介などで終了。


午後は実際に組図と部品図から分解図制作の実演です。


過去に何回も同様のセミナーを開いている為、過去に参加していただいた方々は私がどう描くか推測しているようでした。


それはそれで、私が長年経験して実践してきた技術が、少なくとも参加していただいた方々に受け入れられている、または理解して実践?されているのかと思い、うれしく思っております...目新しさが無いという点では...反省!


16:00過ぎから三次元データからの分解図制作の話もさせていただきました。


現在の業界の状況から、3Dは外せない...そんな思いで...。


特許業界と言うのは、最先端の技術を扱っていながら、実は図面屋さん達は最先端の技術を必要としなかったんです...。


3Dなんて不要???でした...今までは...。


3Dデータで申請なんてまだまだ先の事ですから...。


でもね、お客様から3Dデータをいただく事は、確実にこれから増えてくるんです!


そんな訳で、”XVL Studio Basic ”というソフトで3Dモデルから製品分解図制作の過程を紹介!


皆さん...「しーん」として聞いていらっしゃいました。


「こんなに簡単に...!」


と言うのが、多分感想...ひしひしと感じられました。


これが現状なんです...3Dデータをお客さんからもらえれば、外観図も分解図も断面図も...ほんの少しの手間でイラスト化...。


これで、私達の仕事がなくなるんじゃないか、といったご意見もありました。


でも...。


特許事務所に勤務しているのであれば、その心配は...。


だってあなた以外に誰が描くの???


取って代わられる事は無いでしょう。




特許事務所から仕事を頂いている人の場合、こういうソフトを導入して対応すれば問題なし!


今までの実績があるんで、そう簡単に他に...と言うことにはなりません。


もちろん手をこまねいて見ているだけなら、仕事が無くなる可能性はありますが???




メーカーさんが図面を作ってしまうかも?


ありえません!


知的財産権関連の部署で、この為だけにこういうソフトを導入する事はあまりにもコスト高。


それに誰がこのソフトを扱うの?


明細書を作るのは特許事務所、3D以外の図面も特許事務所...。


3Dの部分だけ自分達で...そんな事やりませんよね。





では、パーツリストを作っている方々への影響は?


メーカーさんが作ってしまったら仕事がなくなるのでは...。


これはケースバイケース。


結構今でも内製しているメーカーさんはあります...その場合影響ありませんよね...だって元々こっちへは廻って来ない仕事ですから...。


今、外注しているメーカーさんが内製化するか?


パーツリスト作っている人には判るでしょうが、パーツリスト作るのにかなりの労力が必要です。


何だかんだマンパワーが必要なんです。


昨日今日始めた人が、満足いくパーツリスト作れるようになるまでにはかなりの時間が...人件費が...。


そういう事をやるでしょうか?


ましてや、景気が回復傾向ではありますが、まだまだ予断は許せません。


売上に貢献できないパーツリスト制作のために人を裂くなんて...。




それじゃあ設計の人にお願いする...設計部門には3DCADも3Dデータもあるんだから!


無い無い!


企業と言うのは大手になればなるほど縦割りです...経費も売上も...。


そんな中で、マニュアル制作部門(部品管理部門?)のために設計部門が作業することはありえないと思います。




あるメーカーさんで、私が作ったパーツリストを他部門も使いたいから...といった要望があったらしいですが、そのための加工はどっちが経費を持つの?...といった事でボツになりました。



そんな状況ですから、マンパワーの裂き方、金銭面での問題等々、なかなか内製化への動きは難しいんではないかと思います。




そんな状況ですから、今のうちに手を打っておくのが得策かなとも思っております。


XVL Studio Basic ”...とりあえず私の知る限り、テクニカルイラストレーターが3Dを扱う場合、現在最高のソフトです。



長々、まとまりの無い事を書いてしまいましたが...今日のつまみです!


手羽中の酒蒸し焼き。


131023-1



煮ている最中に洗い物なんかやっていたら、チョット焦げてしまいました。



では。


見習え!

最近、JAVCブログはまじめな話題が多いので...。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


明日朝納品の特許図面...。



明日朝という事は...土日で作業しろとのご命令...。



個人事業者にとっては痛いところを突かれます...。



まあ、当方...仕事も趣味のうちと割り切っておりますが...。




その図面を描く時、息子を傍らに呼んで、こんな時はこうするなどと見せながら作業...。



先週末、先日の土曜日までにやってみなと18図渡した...昔私が実際に仕事で納品した元図。



今日聞いたら未だ5図目...オイオイ!



まだまだ慣れていないのもあるが、ゲームと仕事(研修みたいな物だが仕事は仕事!)と両立させろと説教!


また、出来ないなら出来ないと、報告しろとも...。



そんな訳で、”見習え”と、描いている所を実際に見せることに...何が自分と違うか、本人に考えて欲しい。



今後もチョクチョクやっていこうと考えている...。





で、今日のつまみ。



131020-1






実は先日も作った、鳥胸肉と大根・冬瓜の煮物。


鶏がらスープ煮です。


色取り悪いけど...これがさっぱりしていて旨い!





では。

『Adobe Illustratorによる特許図面作成研究会』

『Adobe Illustratorによる特許図面作成研究会』...。


発足させましょうか?


皆さん、どう思います?



要は、みんな特許図面制作で、苦労している事、困っている事...あるでしょ?


それを...もちろんメーカー名や発明内容までは公開しないで...こんな事例の場合にはどうすればより早く、正確に描けるのか...。




事務所内部のみで制作している方々...井の中の蛙では?...不安に思っていませんか?


フリーで書いている方々...相談する所も無い...いろいろ相談しませんか?



数ヶ月に1回程度でも集まって意見を出し合う...作図方法を研究する...。


そんな会です!




Illustratorに限らず、その他のソフトを使用している方々も大歓迎!


こんな事やっている団体は無いので、草分けになってみませんか?



では、ご意見お待ちしております!


まだまだ...頼めない...。

通いの特許事務所に11月から来る新人さん。


事務兼図面担当...。




本日訪問していらっしゃり、私も事務所に行く日だったので顔合わせ...。


まじめそうな感じでした...。


どれくらい出来る人なんでしょうか???




別のタイミングで弁理士さんと話していて、今週土曜日にセミナー講師をやるという話題に...。


じゃあ新人さんも参加させよう...てな事に...私は勧めていませんので...役に立たなくても知りませんよ...。



それに今日の土曜日じゃ、新人さんだってスケジュールがあると思いますが...。


メールで連絡してみるそうです...。




参加人数は未だに不明です...事務局から連絡が来ないのでネ...。





案の定...昨日書いた通り...急ぎの特許図の仕事が今日来ました!


思った通りでした...明日、5+8+7+13図...描かないと、セミナー資料作る暇が...。




少しはまともになってきましたが、まだまだ息子には頼めない...。


そんな状況です...。




では。


それ以上の技!

一週間ほどあくせく紙図面から分解図を制作。


先日からの一件が本日終了!


一週間の対価としては申し分無しの見積でOKが出ました!!!


長く続くクライアントであれば良いのですが...。




そんな訳でチョット気持ちに余裕が出たので、息子に課した作業のチェック。


その後、息子にIllustratorのレクチャーを1時間ほど。





これはどうやって描いた?


こういう場合はこうやるほうがお客さんの意向に沿っているでしょ?


グラフなんだから綺麗になだらかに!


ブレンドとパスのアウトラインを使って...。


この場合はパスファインダーでも白塗りを重ねても...。


同じ平面の穴なんだからつぶれ方は大きさに関係ないでしょ!


Ctrl+kのスマートガイドで角度を指定すれば邯鄲でしょ?


Ctrl+Shft+Ait+Dで個別に変形できるから...。


ナイフツールでは線は切れないよ!


等々等....。


いづれ私がやったテクニカルイラストレーション通信講座をやらせて、いろいろ教えようと思っております!




なお、今年も10月12日(土)に、日本ビジュアルコミュニケーション協会主催のセミナー講師を務めます。


是非是非ご参加を!


息子に教えた技以上の物がそこにあります!


皆さんも是非習得して帰ってください!




では。



Illustrator CS6

大学を卒業してプータローを決め込んでいた息子に...


「何がしたいんだ!」


「これからどうするんだ!」



問い詰めた...どうも...反応が無い...。



「俺の仕事、とりあえず手伝え!」


「うん...。」



てな感じで、Illustratorを教える事に...簡単な特許図から。



Illustrator CS5のライセンスは1つ...1人で2台のパソコンに入れて、同時に使わなければ問題ないんですが...。


2人で使うんであれば問題!



仕方なくCS6購入...バージョンアップ版...¥20000−弱です。




CS6って何が違うのかも知らずに、やむにやまれず購入...。


立ち上げてみると...黒い!...どす黒い!


そう...画面全体が黒い...今までのIllustratorは白いでしょ???


一応、環境設定のUIの部分で変えられます...ライトグレーに。



使い勝手は...線画であれば...何にも変わってない感じです。



1日目の感想でした...。



では。


パーツリストの仕事...。

ここの所、パーツリスト制作の仕事が増えた。


まず、現行機種のマイナーチェンジ機。

変更部品数、約100点。

これは2DCADで紙図面からの描き起し...。





次が一部従来機種からの流用もありますが、基本SolidWorksによる新規設計。

3Dデータがもらえるので、データからXVL Studio Basicにてパーツリスト制作...。





次が専用の部品の分は紙図面があるが、大型の電気機器系なので電気部品の購入が多く、それらの部品は図面が無い...組図も無いので実機バラシ...前回ブログでこの件は書いたかな...。

実は昨年の夏に分解&組立で大変な思いをしたので...仕方なく安物(中国製...)ですが電動ドライバー購入!

すこぶる楽でした!

購入は正解!

約¥4000−也!





今やっているのがParasolidデータからのパーツリスト制作。

3Dデータをもらって、やはりXVL Studio Basicで...。

何せ日本で流通している多くの3DCADのネイティブデータが読める...XVLという超軽量データに変換...スペックの低いパソコンでも500Mbの3Dデータがサクサク扱える...。




でもイラストへの変換は...まだまだ納得のいくレベルではありませんが...。

メーカーさんは改良に前向き!

これは素晴らしい!

先日お会いしてお話させていただいても(チョット訳有りな関係ですが...)、前向きでした!期待してます!



道具と言うのは使う人間が気持ち良く使えるのが優良の条件でしょう?

気に入らない金槌で建てたきれいな家は、建てた家主は満足でも建てた大工は不満!


両者満足いく道具になって欲しい!




まあなにしろ...今後もパーツリストの仕事...続けば最高です。



では。



最近の受注状況!

6月から8月にかけて、メーカーさんからの見積が3件。

その内、1社と正式に商談成立...で、2機種のパーツリスト受注...現在進行形!



ダメになった見積は...あの...一時期話題になった自動車メーカーさんでした...。





また、新規にお付き合いを始めた特許事務所さんが2所。




メーカーさんは仕事としての旨味というか、金額も特許事務所と比較して圧倒的に大きい。


特許事務所さんの仕事が、まあ1案件数千円から3〜4万というところでしょう...特許に限ればね...。

3〜4万なんていうのは30図位あったりするんで...。

(意匠図は別ですよ...神経使うんでネ...)



メーカーさんの仕事は100万円単位なんていうのも昔はありました...今は???




そんな...申し訳ないですが旨味のあまり無い特許図も、仕事の確保と言う点では大事です。


メーカーさんからの仕事はいつ来るか不明。


でも特許事務所さんはコンスタントにある。


ご飯を食べていくには必須です!




明日納品が1件...22日納品が1件...今月なるべく早めと言うのが1件...26日納品が2件...現状の特許図受注状態です...その他に週2で特許事務所勤務...。


折角受注した新規メーカーさんの仕事...やる暇が...作らねば!



では。


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ