テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

niteco

3D活用テクニカルイラスト講座の内容について

6月4日開催の「3D活用テクニカルイラスト講座」について何件かお問い合わせをいただいております。
内容に関してのお問い合わせもありましたので、私からの回答の一部を記載しておきます。
ご興味がありましたら、是非ご参加ください。

--------------------------------------------

AutoCADレギュラー版で、直接3Dデータを読み込んでテクニカルイラストを作成する方法だけでなく
AutoCAD LTだけでもできる3Dデータの作成方法についてもご説明いたします。
ご要望があれば、2次元のCAD(AutoCAD LT)で斜視図を作成する方法についてもご説明いたします。


3DのCADデータを、2Dデータに変換する方法を含め様々な内容をご説明します。
(ACISデータを2Dデータに変換、他)
但し、LTだけでは、不可能な内容もございます。

その他
・どれだけのコストをかけて
・どんなソフトを導入すれば
・どの程度の事ができ
・どれぐらい仕事が効率アップできるか

という内容を特にお話しするつもりです。

今回のセミナーは、上記のような一方的な説明に終わらず
参加者相互の情報交換、問題解決の為の講座でもあります。

CADの世界の進歩は著しいものがあります。
CADユーザーにとって、定期的な情報収集、交換は不可欠かと考えています。

最近では、LTよりも高機能なdwg互換ソフトが完全フリーで登場しています。
そのあたりの最新情報も紹介いたします。

【6月4日、3D活用テクニカルイラスト講座(新大阪)参加申し込み受付中】

6月4日、3D活用テクニカルイラスト講座を新大阪で開催します。

只今、参加申し込み受付中です。

正式申込みをいただだいた方の内訳(4月6日現在)
関東地方:3名
近畿地方:2名
中国地方:3名
講師、補助スタッフ:3名
計11名(うち女性3名)

定員は20名です。

詳細、申し込みはこちらからどうぞ
http://www.javc.gr.jp/katsudou/2011_6_4-3D.pdf
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ