テクニカルイラストだったりなかったり...

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

日常...っぽい事

また、イベントに出展してます!

先日、静岡でものづくりフェスタに出展していましたが、ただいま、勤務先で「2017“よい仕事おこし”フェア」に出展しています。IMG_2439


今回は一転、開場は東京の中心地「東京国際フォーラム」です。やはり、洗練されている。IMG_2449



このイベントは簡単にいうと、自社サービス・商品の紹介ですが、業種は限定されているわけではなく、製造業・バイヤー・各地の自治体など、様々なブースが出展されています。

具体的な業種を絞っているわけではないので、私達のサービスが仕事につながる可能性は皆無でしょう。IMG_2447


製造業務もそれなりに興味深いですが、一番人気なのは物産品です。一般の人も入れるので、物産コーナーが一番盛り上がっています。


私はついついお酒の試飲できるコーナーに足が行ってしまいます。IMG_2427
宇都宮のカクテル


IMG_2426
福島のワイナリーの出展も。


IMG_2425
勤務中にはなりますが、もちろん全種類を飲みました。

他にも日本酒メーカーも多数出展。(ちなみにお酒だけではなく食べ物もたくさんあります)

お弁当も各地のご当地弁当が食べれます。IMG_2443



私が選んだのは牛タン弁当

IMG_2444


ステージでのパフォーマンスもあります。

IMG_2436
テツ&トモ、「あんまりおもしろくなかったなぁ〜、」


会場内をいろいろなユルキャラが歩いていました。

IMG_2448
意外とサイケでかっこいい。


ユルキャラが階段を上る。
IMG_2450




いろいろ楽しんでしまいましたが、仕事です。

夏休みですかね?

多くの方は夏休み何でしょうか?

私の勤め先は特に夏休みは決まっていないので、普通に出社しています。恐らく知財業界の方はだいたい、同じようなものではないでしょうか。

仕事に行っても全然電話は鳴らないし、新規問い合わせもほぼなく、暇です。社内は全体的に少し「ダルッ」とした雰囲気で時が過ぎていきます。

必要な仕事を片付けた後は、個人的な調べものをしたりして時間を使っています。さすがに業務と全く関係ないものでは罪悪感があるので控えますけど。


こんな具合なので、この三連休も特に出かけていません。自宅でテクニカルイラスト描いたり、意匠図面のこと調べたりしてました。

「他にやることはないのかっ!!」と、何度も自分に突っ込みたくなる連休でした。

天然温泉加仁湯に行って着ました。

栃木県日光市にある「加仁湯」という所まで、日帰りで行ってきました。

加仁湯温泉へは一般車両の乗り入れが禁止されているため、女夫淵温泉パーキングというところに車を止め、1時間程、山道を歩いていかなくてはなりません。


東京からパーキングまで車で約3時間半、そこから1時間歩く。片道約4時間半の長〜い道のりです。


_DSC1356
女夫淵温泉のパーキング。


_DSC1363
登山道の入り口。山をなめるなとの警告があります。


_DSC1357
「熊に注意」って言われても、どうする!?


_DSC1367
久しぶりの山歩きで楽しい。

_DSC1370
山歩きは気持ちいいのだが、先週当たりから風邪を引いてしまい、体はだるいし、咳込みながら歩く。


1時間かけて、やっと到着。

_DSC1373



なんとっ!!ここの温泉は混浴です。山ガールが居やしないかと、いやが上にも期待が高まる!


_DSC1378
妄想は程ほどに、貸切状態でした。乳白色のとても雰囲気のよい温泉でした。

せっかく、汗を流したのに、また来た山道を1時間かけて歩いて帰らなくてはいけません。

_DSC1359
また、一汗かきました。


ですので、温泉をハシゴします。


再び移動して、同じく日光市の川治温泉へ_DSC1393
いかにも温泉街らしい雰囲気。


_DSC1391
薬師の湯。もはや、何の為に風呂に入るのか分からなくなってきます。東京から日帰りで行く場所ではなさそうです。


さすがに長い距離走りましたので、花火大会に3箇所も出くわしました。IMG_2341
少し遠かったですが、久しぶりの花火は綺麗でした。

結局、夜遅くに家に帰り、また、シャワーを浴びる。無駄な行動が多すぎて風邪は一向に治りません。たまには、体を休めるために、温泉でも行きたいもんです。

バーべQ!

先日、前会長のお宅でバーベQをしました。

ビールはいつ飲んでもうまいですが、暑い時期は格別です。@_DSC1318


今回は比較的、肉料理が中心。_DSC1323


ここのバーべQは、東京の狭い空の下という珍妙なシチュエーションが面白い。普通の住宅街のど真ん中です。

ここは炭が特上で多彩な料理が可能である。過去には焼き物のあとに残った火でおでんや焼きうどんを作ったりもした。


_DSC1324
焼酎に本場四国のスダチを絞っていれると夏らしく本当においしい! 焼酎のボトル一本軽く空けてしまいました。

夏場のバーべQもいいが、やはり寒い時期のほうが断然いい。特に冬場の海鮮ものはいい。炭の火を利用して熱燗をつくったり、食べきったサザエの殻をおちょこがわりにして日本酒を飲むのも好きなスタイル。

秋が楽しみだ。

ブログのPVアクセス数が "10万" を超えました。

このブログ「テクニカルイラストだったりなかたり....」のPVアクセス数を見てみると、100,000台に達していました。

名称未設定-1
(ちなみにPVアクセス数は訪れたページの数を表すので、ページに訪れた人の数ではありません)

そもそも、このブログは私の仕事に直結しているものではないので、いくら数が増えたところで私には一切関係ありませんが、ちょっとした節目の数だったので少し嬉しかったです。

なにはともあれ、このブログとジャビックのウェブサイトは、ジャビックの事務局をやっている方が立ち上げてくれたものです。当初はその方がメインでずっと投稿をしていました。

私は途中からこのブログを書き出したので、なによりもその土台があってこそのものです。また、グループブログであり、私以外の投稿もちょくちょくありますので、私だけの力では一切ありません。


ところで、いつから自分は書き出したのか一番最初の投稿を探してみると、2013年6月15日が人生初のブログ投稿でした。今から4年前。名称未設定-2
なんだか、今とあまり代わらない投稿でショック('A`|||)



私はこれまでに250件の投稿をしていました。一年当たり約60件ほど、だいたい週に一回のペースってことになります。

どういった経緯で書くようになったかは忘れましたが、ジャビックのセミナーの雰囲気を紹介したり、セミナーの内容をイメージできるようにすることで、今までジャビックセミナーに参加したことがない人でも参加しやすいようにできたらいいなとは、当時から考えていました。

最近は、ただの自分の趣味ブログになってしまっていますが。できればもっとお役立ち情報をアップしたいです。



アクセス数はジャビックがあってこそのものなので、やはり自分のホームページ、自分のブログでやってこそのものだと思います。

仕事に関わらず、「自分のホームページを作りたいなぁ〜」とぼんやり考えています。

無事に帰国しました&これから

イギリス自転車の旅から無事に日本に帰国しました。

最終目的地のインバネスからロンドン乗継で帰りました。ここはとても小さな空港で搭乗用の通路がなく、飛行機まで直接歩いていって搭乗しました。_DSC1269


ロンドン近郊の写真。上空から見ると畑が多いのがよく分かります。_DSC1278


ロンドン中心地の真上を飛行してランディングしました。自分の走った街を真上から再度見れるなんて、とても嬉しかったです。_DSC1287


ロンドンからは11時間のフライトで成田に到着しました。_DSC1291


成田エクスプレスからの写真。田んぼの稲を見て「日本に帰ってきたぁ〜!!」と実感しました。_DSC1296


いったん荷物を家に置き、その後、ジャビックの懇親会に参加しました。これにて旅は終了です。@_DSC1298
今回は大きなトラブルもなく無事に目標通りの旅を達成することができて本当に良かったです。会社員でありながら、このような貴重な時間をいただけた会社に改めて感謝です。

すばらしい景色を見たり、自転車でつらい思いをしたり、それらがずべてプレミアムな時間になりました。


ただ、思っていた以上に時差ボケと生活ボケは大きかったようです。


懇親会から帰り、いざ寝ようとするも全く寝付けない。確実に30時間以上ろくに寝ていないのに緊張状態が解けないのか、目はパッチリ。また、いくら疲れているとは言え、スコットランド北部からいきなり日本の気候では体が受け付けない。

挙句の果てには、夜中に自転車の梱包を解いて、夜な夜なサイクリングをする始末。いつの間にか非日常に体が適用してしまっていたようです。

朝5時頃になって、ようやく眠ることができました。


現地に滞在中は日本のニュースには全く触れず、また、仕事のこと図面のことはできるだけ考えないようにしていました。いきなり元の環境に戻っても、すぐに気持ちは切り替えられない。


社会復帰へのリハビリが必要な様です。3週間分のたまったメールのチェックが恐ろしい(*゚∀゚)っ

まぁ、まぁ、焦らずに。ちょっとづつ、ちょっとづつ。

ついにゴールしました。

最終目的地のインバネスに無事ゴールしました。

約三週間ほど前に出発したロンドンがはるか南に感じます。

image
ロンドンにいた時は、インバネスに着いたらどれだけ嬉しいのだろうかと想像しましたが、着いてみると以外とアッサリしています。

飛び跳ねる程に嬉しかった訳ではないですけど、素直に嬉しいです。


そもそも何でこの旅をしようと思ったのか、振り返って見ます。

二年ほど前に同僚と話しをしていた時です、同僚が「リフレッシュ休暇を貰っても使い道が分からないなぁ〜」と言っていました。

その時は特に気を止めなかったのですが、しばらくして、自分だったらこの時間をどうするだろかと考えて見ました。

以前よりヨーロッパを自転車で走って見たかった、イギリスには興味があったが行ったことはなかった。それならイギリスを自転車で旅したら面白いんじゃないかと思いついたのが、そもそものきっかけでした。

やってみようと思いついた瞬間、とても気持ちが高まったのを今でもちゃんと覚えてます。

image
(最後の走行も天気に恵まれました)

今乗っている自転車も海外自転車旅を想定して購入したものでした。

実際に行けるか分からず、不安もあったので、あまり周りの人には口にはせず、ずっとイメージしていました。

やはりイメージをしていると、行動につながります。

image


少なからず日本での空白期間を作ってしまいました。これからは気持ちを切り替えて日本で頑張っていきます。

明後日の便で帰ります。インバネスからロンドン経由で日本時間の8日の昼に成田着の予定です。

次の投稿は日本から、それでは!

ネッシーはいなくとも、

今、ネッシーで有名なネス湖の中間辺りに滞在しています。



ゴールのインバネスはこのネス湖の最北端にあります。ゴールは目前です。

image
ネス湖に来る途中に偶然出くわした機関車。実際に動いている機関車を見たのは初めてでした。イギリスらしさを感じられました。

image
遠くに見えるのが、ネス湖です。今回、スコットランドに来る予定を立てなければ、ネス湖がスコットランドにあることを全然知りませでした。

image
ネッシーはネス湖に欠かせない観光のマスコットになっています。

さすがイギリス、ご当地キャラの歴史も長い!

image
ネス湖は海につながっていて、フランス、スウェーデン、ノルウェーなどの海外のヨットがやって来ていました。

image
これは高低差のある湖を繋ぐ川になっていて、水量を調節して、少しづつ進んで行きます。

ついつい見入ってしまいました。日本ではなかなか見れない光景です。

image
ネス湖から湖や川を通じて反対側の海にでれます。何ともかっこいい船旅です。

image
またしても、川沿いの散歩が気持ちよすぎました。

image



image
ネス湖にある、アーケート城と言う遺跡を見て来ました。

image
イングランドとの戦いに敗れて破壊されたようです。

image
15世紀のもののようです。当時の人も同じ景色を見ていたと思うと不思議な気持ちになります。

image
スコットランドのホステルにはバーが併設されているところが多いです。

ここのオーナーは日本に三年いたそうで、日本語が少し分かります。久しぶりに日本語を話しました。

スコットランドと言えばスコッチウィスキーです。私はお酒が好きなので、ご当地のお酒も楽しみの一つです。image



あれ程長いと思っていた旅も、気がつけば帰国までのカウントダウンが始まりました。もっと旅を続けたい気持ちもありますが、日本が生活の拠点です。


ゴールも目前に迫りましたが、気を抜かずに走りたいと思います。

今、北アイルランドにいます。

今、北アイルランドのベルファストにいます。ダブリンからドローヘダ、アーマーと回ってやって来ました。

ダブリンはロンドンに比べると下町っぽいイメージを私は持ちました。ダブリンから自転車で2時間も走ると完全に田舎道になり、アイルランドはのんびりした田舎っぽい印象です。


特筆する景色ではありませんが、こんな様な所を気持ちよくサイクリングして来ました。image


もちろん、場所によってはキツイ時も度々あります。

ドローヘダは期待していませんでしたが、こじんまりと落ち着いた街でなかなか居心地がよかったです。image


image


アイルランドに入ってからは、ずっとバックパッカー向けのホステルに泊まってます。image


どの街に行っても、パブはあります。image


image
地元の人達がどの様にパブで過ごしているのか、ほんの一面ですが、見れて良かったです。


アイルランドに来てから毎日パブでギネスビール飲んでます。場所にもよりますが、Pintで600円ほどです。image
ギネスは本当にアイルランドの国に欠かせないものだと感じました。決して言い過ぎではないです。

アーマーという街。ここはもう北アイルランドでイギリスになります。image


国境などなく、あまり北アイルランドに入った気がしませんでしたが、通貨はまたポンドになります。image

image


気がつけばベルファストまで来ている。自転車のスピードはたかが知れてるが、地道に走っていると、ここまで来れるのだなと単純に思う。


とにかく今は、体調を崩したり、身体を痛めないように一日一日に集中して過ごしています。

もちろん、毎日のお酒は欠かせません。

アイルランドに上陸しました。

今、アイルランドのダブリンにいます。

日本を出国してから、ちょうど一週間がたちました。これから第二ステージのアイルランドの旅になりかます。

アイルランドはイギリスではないので、フェリーから降りて港を出る時に入国審査がありました。image


お金もポンドからユーロに変わります。image



今朝はウェールズのホーリーヘッドからフェリーに乗り込みました。

フットパッセンジャーはバスに乗って、バスごと搭乗しました。image


image
出航時は雨降りで寒かったです。

船内の様子。image
約3時間の船旅でした。この路線はトラック野郎と車移動の人が中心で一般搭乗客は少なかった。

アイルランドはロンドンに比べると、少し小汚い感じがしました。

落書きが多い、ゴミが多いなど、場所にもよりますが暗くなってからは無闇に歩き回らない方がいいないと感じました。

image


アイルランドと言えばギネスビールの生まれた国です。ギネスビールの工場と併設したギフトショップ。
image


東京で言えば、恵比寿の恵比寿ビールの観光に行く様な感じです。image


早速、ギネスビール飲みました。image
ダブリンに居るという事で、なんとも言えぬ特別感があり、旨さが身にしみました。

image
ローストビーフの下にハッシュドポテトが隠れている。あっさりと平らげてしまいました。

なんだかんだ、二日間自転車に乗っていないので、また乗りたくなって来ました。明日、少し観光して次の街に行く予定です。

気候も今までと異なりますし、違う国に来たわけですから新たな気持ちで走りたいと思います。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ