テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

テクニカルイラストレーション技能検定

テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう その23

【テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう その2】

今回は、テクニカルイラストレーション技能検定3級の問題を紐解いてみましょう。紐解くといっても難しい内容ではありません。



まずは、技能検定3級の模擬問題の解答例
00_問題
カメラです(。・ω・)ノ゙





上記が解答例ですが、本来は隠れていて見えない線を入れるとこんな感じ。01_問題
どのように作図されているのか少しイメージし易くなったかと思います。




今度は、それぞれの要素を分解してみます。02_問題
こうするとより、どのようなもので構成されているのか分かり易くなります。




各要素ごとに見ると、円柱、直方体、球など基本的な立体形状の集まりであることが分かります。03_問題




後は、これらを組み合わせた形状です。04_問題


こう見ると、とても簡単に見えてきませんか?



確かに簡単に見えるかもしれませんが、正しく理解して立方体、円柱、球などを描けるでしょうか。

とりあえず描けたからOK!でもいいのですが、検定試験の限られた時間で、指示通りに作図し、学科も合格するのとでは、理解の違いに大きな差があるかと思います。


来月の【特許図面作成者のためのテクニカルイラスト入門(Adobe Illustrator編)】でも、このようなテクニカルイラストレーションについてもレクチャーしますよ。

平成31年4月6日(土) 13:00〜17:00
詳細


日本ビジュアルコミュニケーション協会では、できるだけ多くの方に合格していただけるように頑張りたいと思います。


技能検定の普及ロゴ

テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう その1

【テクニカルイラストレーション技能検定を受験しよう!】というタイトルでブログを更新していこうと思います。


テクニカルイラストレーション技能検定には1級、2級、3級とありますが、その中でも3級の受験対象者を主な対象として記事を書いていきたいと思います。と言いますのも、1級、2級の受験を検討中の方は、すでにテクニカルイラストレーションの重要性を理解されていますし、基礎技術も備わっていますので、また別の機会で紹介したいと思います。



テクニカルイラストレーション技能検定 3級の課題図の例(Adobe Illustratorの作図例)
技能検定 課題


3級をお勧めするのは、作業時間が2時間以内で描き切れる程度の内容であること、それでいて立体図の基礎が十分備わっている点です。


1級、2級となるとはボルト、歯車など機械要素が含まれてきて、難易度が増してきます。まだ、この分野の仕事を始めた人がすぐに挑戦するのには、少し難しいと思われます。歯車


その点、3級の課題図は、テクニカルイラストレーションに関連する図面作成、特許図面作成の仕事を始めたばかりの方であっても、勉強をすれば充分に合格に達するチャンスが大いにある試験です。

どの様な問題が出るのか、どの様に描くのかは日本ビジュアルコミュニケーション協会のセミナーで行っております。
日本ビジュアルコミュニケーション協会

新年度のセミナーもテクニカルイラストレーション技能検定合格していただける技術を身に付けることができる内容を提供していきます。

主にテクニカルイラストレーション作図に関するセミナー
<東京開催>
4月6日 特許図面作成者のためのテクニカルイラスト入門(Adobe Illustrator編)
6月1日 テクニカルイラストレーション入門講座(手書き編)
7月27日 テクニカルイラストレーション入門(Adobe Illustrator編)
9月7日 テクニカルイラストレーション技能検定試験3級対策セミナー
12月7日 テクニカルイラストを描くための機械図面読図セミナー

<大阪開催>
8月24日(予定) テクニカルイラストレーション技能検定試験3級対策セミナー

その他のセミナーはコチラ
2019年度開催セミナー


通して参加していただければ、合格の確率は大変あがりますよ。例ねん、足蹴よくセミナーに参加されている方の合格率は高いです。セミナーの内容だけでなく、技能検定の合格者が沢山いますので、そこでテクニカルイラストレーションの出題傾向や疑問点などを聞ける点が大きいのでしょう。


テクニカルイラストレーション技能検定の実技試験は2010年の1月ですので、今からでも十分間に合います。まずは、腕試しに3級課題を描いてみてください。特許図面作成者の方はトレースはしないでね!

技能検定制度のポータルサイト「技のとびら」
技能検定の普及ロゴ

全国の工業高校へ通う学生の国家資格受験の状況

公益社団法人全国工業高等学校長協会にて、大変興味深い資料を見つけた。
01_高校
公益社団法人全国工業高等学校長協会


全国の高校生の国家資格の取得状況をまとめた資料が提供されている。

国家資格取得状況調査
https://zenkoukyo.or.jp/tyosa_irai/

高校生の国家資格受験状況をいくつか紹介

■平成29年度 受検者数の多い技能検定 (技能士3級の場合)
1 機械加工・機械検査(受験者数 4,271人)
2 機械系保全 (受験者数 2,682人)
3 機械加工・普通旋盤 (受験者数 2,357人)

※上位の3つは機械系が占めている。

ちなみにテクニカルイラストレーションは上位のランク外ではあるが、ちゃんと受験者数が記されている。

平成29年度
■技能士3級(テクニカルイラストレーション・手書き)
受験者:24名 合格者:19人

■技能士3級(テクニカルイラストレーション・CAD)
受験者:91名 合格者:72人

※高校生でも圧倒的にCADでの受験が多いようである。また受験者は機械科の学生が一番受験者が多いようだ。


ちなみに知的財産管理の情報もあった。
■技能士3級(知的財産管理)
受験者:65名 合格者:31人

工業高校の生徒に限定しなければ、受験者の多い試験ではあるが、比較的少ない印象である。また、受験者のほとんどが情報系というのも興味深い。




公益社団法人全国工業高等学校長協会は、昨年、ジャビックのセミナーに参加された方から教えていただいた組織。

コチラの団体では、全国の工業高校の教員に向けた夏期講習夏期講習を実施している。先生が生徒に教えるためには、先生も勉強しなくてはならないですからね。ソリッドワークス、オートキャド、3Dプリント、技能検定の指導方法の講座などがある。

平成30年度 夏季講習会
https://zenkoukyo.or.jp/top/summer_lesson/

夏季講習会実施団体には、ソリッドワークス・ジャパン、オートデスク、武藤工業などなど。
日本ビジュアルコミュニケーション協会も、将来的にここで夏期講習が実施ができれば、高校生へのテクニカルイラストレーションの認知・普及に大変有効であることは間違いない。


全国の工業高校へ通っている学生さん、先生方も一生懸命勉強しているんですよ!

今週末は、技能検定の学科試験が行われます。

2月10日は、技能検定の学科試験が行われます。

先月、実技試験が行われましたが、実技だけでなく学科も合格しなくてはなりません。テクニカルイラストレーションの学科試験の範囲は以下のようになっています。


学科試験の範囲

1. 製図
製図に関する日本工業規格 投影法 製図用器具の種類及び使用方法 製図用紙の種類及び規格

2. 立体図
立体図の種類、特徴及び用途

3. 立体図作成法
立体図の作図方法 スケッチ

4. CAD
CADに関する知識



「図面が描ければ、学科なんて必要ないんじゃないか」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。しっかり理論がわかっていないと、表面的な知識だけで図面を描いていることになりかねません。理論とは言っても難しく考えず、技能検定の課題を練習していれば自然と身に付いてくるようなものです。

実技試験も大変だったと思いますが、あともう一息頑張ってください!

H30年度のテクニカルイラストレーション技能検定が行われました。

国家検定制度である、「テクニカルイラストレーション技能検定」が行われました。

IMG_3706


日本ビジュアルコミュニケーション協会は東京都の実施・運営機関でありますので、協会のメンバーの何名かも試験会場へと行って参りました。


試験を受けられた方は、皆さん必死だったと思いますが、試験を実施する側も、多くの気づきや発見があります。ただ、ブログで具体的なことを書くと問題になりかねないので、詳細は控えます。


どのようにしたら受験者をもっと増やせるのか、どのようにテクニカルイラストレーションを指導したらよいのか、一日の仕事を終え、いろいろ感じることがありました。IMG_3707


試験の実施を通じて、改めてテクニカルイラストレーション技能検定は大事だなと感じました。日本ビジュアルコミュニケーション協会では、多くの人に受験をしていただけるように働きかける活動を続けますが、ただ受験者を増やすだけでなく、受験する人ができるだけ良い成績で合格できるように試行錯誤していきたいと思います。

テクニカルイラストレーション技能検定 東京会場のアクセス

テクニカルイラストレーション技能検定の試験が1月20日(日)に行われます。

東京の実技試験の会場までのアクセスについて紹介しますので、今回受験される方はご参考にして下さい。

【実技試験の会場】
日本工業大学駒場高等学校
東京都目黒区駒場一丁目35番32号

最寄り駅は井の頭線の「駒場東大前駅」です。必ず西口の改札を出るようにしてください。駅から歩いて5、6分程の距離です。

バスの利用もできますが、井の頭線の駒場東大前の利用が一番分かり易く近いです。ちなみに急行は止まりません。

アクセスmap






遅刻をすると気持ちが焦ってしまい、試験に集中できなくなってしまいますので、余裕を持って会場までいらして下さい。

東京会場のみの案内で恐縮ですが、テクニカルイラストレーション技能検定試験を受けられる全国の皆様、頑張ってください!

技能検定試験の表彰式に参加してきました!

先日のセミナーがやっと終了して、肩の重荷がなくなり、
すっかり上機嫌な日々を送っていた10月のとある日、自宅のポストに一通の見慣れない封書が入っていました。

差出人は、東京都職業能力開発協会…?

ということは、今年のテクニカルイラストレーション技能士試験の宣伝かな?
ん、今さら?
いやいや、そんな訳ないじゃん、もう願書の提出が始まってるはずだし。

などと、ぼんやり思いつつ、封筒を開いたところ…

(ゴゴゴゴゴゴゴゴ……)平成29年度後期技能検定試験において、あなたは優秀な成績で合格されましたので、技能検定試験成績優秀者として、東京都職業能力開発協会長賞を授与することと致しました。」

ギィヤーーー!!イヤァーーーー!!!!
(注:うれしさを、あふれ出る驚愕で包んだ声)

たかだか三級ごときでそんなに喜んでどうする、と言われてしまいそうですが、
テクニカルイラストレーション技能士三級試験には、自分なりにヒィヒィ言わされた記憶もあったので、それはもう素直に狂喜乱舞いたしました(三級の舞い)。
ありがたや、ありがたや。

さっそく、JAVCの事務局に連絡してみると。
事務局にもすでに直接職業能力開発協会から今回の表彰について連絡があったとのことですが、事務局のTさんからはソッコー「参加しませーん」とのキッパリしたお返事。

そっけねーな!!!! あーたの弟子みたいなもんなのによぉー!!(涙)
つめたい、つめたすぎる協会だ。凍てつく世間の風が目にしみる…(注:この行のみフィクションです。以下、ノンフィクションでお送りします)。

というわけで。
平日昼間にお仕事を抜け出して、ひとりホイホイと表彰式に参加しに行ってきました。

TI3会場

なんだか格式高い感じですね。
さまざまな職種の技能士が一堂に会して、みなさん誇らしげです。
この時点で気づいたんですが、参加者の中でスーツを着ていないのは、わたしのほかに二人か三人くらい…(しかもわたし以外は皆さん年若い方…)。
やべー、その発想がなかった(社会人失格)。
たまたま、本当に偶然この日は、タイトスカートとブラウスという格好だったのでさほど浮かずに済みましたが、夏だったら超テキトーなTシャツにロンスカみたいな格好で浮きまくっていた可能性がありますね。いかんいかん。
というか、ジャケットくらいは買っておかないと(そもそも持っていなかった)。
ちなみに、十代とおぼしき学生さんもたくさんいらっしゃいましたが、みなさん制服で参加されていましたよ。

この後、ひとりひとり名前を呼ばれて、賞状を手渡されました。さらに、記念品も。

TI3賞状

箱の中身はなんだろな♪(皆さんの今後の楽しみのためにも、ナイショにしておきます!)

さらに賞状の授与が終わったあとには、壇上に整列しての写真撮影もありました。
公式のカメラマンのほか、(恐らく)さまざまな学校、関連団体(JAVCよりもあたたかい団体かしら)の方たちからも、いろんなところからカメラを向けられます。
その数、二十人くらい。よく見ると、携帯とかタブレットをかまえている人も結構います。
しばらくの間、あっちからもこっちからも、パシャパシャと撮られまくって、まるで有名人。
これまでの人生で、こんなに大勢から一度にカメラを向けられたことがなかったので、びびって若干顔が引きつりました。
変な顔で写ってたら絶対そのせいだよね!(元の顔面レベルは置いといて)

そんなこんなで、ほんの一時間程度でしたが、とてもうれしい経験になりました。
これからテクニカルイラストレーション技能士試験を受ける皆さん、どうせやるからには、気合を入れて頂点を目指しましょう!
そして表彰されましょう!
君ならできる!!

がんばってください!


技能検定対策セミナーを行いまいました。

技能検定対策セミナーを行いまいました。@IMG_3453


今回は手書きの人は一切おらず、全員CADでの参加でした。希望された、課題の級は1級、2級、3級とすべてそろっていました。


また、参加された方のCADソフトは、Illustratorや3DCADなど、みなそれぞれでした。私たちもすべてのソフトの操作を把握しているわけではないので、具体的な操作まで指導するのは困難です。ただ、基本的なテクニカルイラストレーション技能検定の注意点などは、お伝えできます。


3級に限って、私の感想なりを少し書きます。出題した3級の模擬問題です。数値は隠しています。@IMG_3447
3級の課題図には、製図記号が含まれています。直径、半径、面取り、球など基本的なものです。機械製図を学んだことがことがる人には、なんてことのないものですが、特許図面の事務として作図に関わるようになった方などには、ちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

機械製図の本や、日本ビジュアルコミュニケーション協会で販売している、テキストに解説があるので、そのような本を読んでいただければと思います。



@IMG_3454
これが解答例。試験の指示に「等測図、等測投影図」どちらかで描くように指示があるので、この違いはしっかり理解しておくようにして下さい。すべて描けていてもこれを間違えると、ほぼ確実に不合格になります。



今回の課題が、講義の時間に描き切れていた人は、来年1月に実施される試験まで十分間に合うレベルにあると思います。また、講義の時間中にすべて描けなくても、ある程度の形まで描けた方でも、試験は来年の一月なので、休日にちょくちょく作図の練習をやれば、合格するレベルまでに十分なると思います。あきらめずに取り組んで欲しいと思います。
@IMG_3452


ただ、時間は気にせず描いてもらったので、試験が近くなったら、時間内に描き切ることを意識する必要はあります。

どのソフトにも言えますが、ショートカットは、必ず使用したほうがいいでしょう。ただ、漠然と描くのではなく、どうしたらもっと効率的に描けるのかを考えながら描いた方がいいでしょう。図面を描いているときっと、「面倒だなこの作業、」って場面が必ずあるはずです。その時は、一旦立ち止まって操作の見直しをするのがいいと思います。


3級の内容であれば、二次元でも十分作図していけるものですが、3DCADのモデリングの試験としても最適だと思います。

三次元CADでモデリングする場合は、モデリングすれば合格というわけではありません。テクニカルイラストレーション技能検定では、指示された通り、基準線を入れる、二級であれば部品番号を入れるなどの作業もしなくてはなりません。

三次元CADで受験する方は、提出できる内容にするために、CADやIllustratorを使うことまで、考えておくようにしてください。


テクニカルイラストレーション技能検定について不明な点がありましたら、このブログのコメント欄でもいいですし、日本ビジュアルコミュニケーション協会の問い合わせから、質問していただいても構いません。

テクニカルイラストレーション技能検定 3級の問題について

今回はテクニカルイラストレーション技能検定の3級の問題について紹介します。


3級が一番初級レベルの試験になります。
04_3級模擬課題---コピー-1
3級の課題図の例 ※数値は削除しています

作業時間:2時間
説明:第三角法で描かれた課題図から、等角投影図(等測投影図)で、立体外観図(姿図)を作成する。


05_3級模擬課題---コピー-3
解答例


試験では、100点を万点として、60点以上とる必要があります。すべて間違いなく描き切らなくてはいけないというわけではありません。

【作図の注意点】
すべての級について、共通することですが。図を指示された向きで描かないと、すべて描けていても、一発で失格になってしまいます。

また、等測図、等測投影図を間違えて描いてしまうと、これまたすべて描けていても一発で失格になってしまいます。



3級の問題は、立体図の基本が詰まっています。基本とちょっとの応用だけで対応できる内容になっています。立方体、円柱、あと球をしっかり理解できていれば、大部分を描くことができます。

kihonn




上記の基本を理解できていれば、それらを少し応用すれば、3級で出題される要素はすべて描けます。
kihonn2



試験問題は、これらの組み合わせです。しっかり課題図を読んで、ゆっくりでも作図ができれば、あともう少しです。同じ模擬問題でもいいので、何度も描いていれば自然と作図スピードが上がってきます。

今後ブログで、1級、2級についても紹介したいと思います。


細かい注意点まで、ブログで説明するのには、限界がありますので、以下のセミナーにご参加ください。
【テクニカルイラストレーション技能検定試験 受験対策セミナー(東京開催)】
日程:2018年9月8日(土) 13:00-17:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 東京都渋谷区代々木神園町3-1
http://www.javc.gr.jp/katsudou/180908.html

テクニカルイラストレーション技能検定 実施会場について



名称未設定-1
等測投影図の基本

今回は、テクニカルイラストレーション技能検定を実施する都道府県を紹介します。

【手書き作業】
茨城県 栃木県 群馬県 千葉県 東京都 神奈川県
岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 大阪府 奈良県
高知県 佐賀県 長崎県 熊本県

【CAD作業】
山形県 茨城県 栃木県 群馬県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 山梨県 岐阜県 静岡県 三重県 兵庫県
高知県 佐賀県 長崎県

※実施会場 平成29年度の情報です。
※CAD作業に大阪は含まれていはいませんが、兵庫県の実施の元、JAVCの関西支部である、大阪のニテコ図研さんのオフィスが試験会場になります。


上記は昨年の実施会場ですが、今年も例年通りと思われます。中央職業能力開発協会のウェブサイトに、H30年度後期の実施会場が9月頃にアップされると思います。

平成30年度 (後期)※テクニカルイラストレーションは後期に実施 
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html


【ポイント1】
試験はお住いの地域で受験しなくてはいけないということはありません。私の場合は、東京都で試験が実施されていなかった時期、東京からわざわざ、千葉県にまで行って試験を受けていました。
    
【ポイント2】
試験会場ごとに受け入れ可能人数があります。申し込みが殺到した際は、希望の地域で受験できないこともありますのでご注意ください。不安な方は、申し込みに行く前に、受験申請先に申しこみ状況を電話などで問い合わせれば教えてもらえます。



試験会場を見ての通り、テクニカルイラストレーション技能検定は、残念ながら全国で実施しているわけではありません。

そもそも、この技能検定という試験は、一般的な筆記だけの試験と違い、機械加工であれば フライス盤、旋盤など特殊な設備が必要となります。テクニカルイラストレーション技能検定では、製図室、CADなどの設備です。これらを日本全国に等しく準備するのは、簡単なことではありません。技能検定では、このような点をご理解いただく必要があるかと思います。   

お住いの地域で試験が実施されていないという人は、会場が遠いからとあきらめずに、挑戦してほしいと思います。


受検申請受付:平成30年 10月 1日(月)から10月12日(金)まで
実技試験:平成31年 1月20日(日)
学科試験:平成31年 2月3日(日)

【テクニカルイラストレーション技能検定試験 受験対策セミナー(東京開催)】
日程:2018年9月8日(土) 13:00-17:00
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 東京都渋谷区代々木神園町3-1
http://www.javc.gr.jp/katsudou/180908.html
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ