テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

特許図面

緊急でもないアンケート

ツイッターで、アンケート・投票ができる機能があるらしい。試しに、特許図面を何のソフトを使って描いているのかを世に問うてみます。
誰も回答しないよなぁ、、

特許図面作成講座初級編に参加しました。

1月20日(土)、特許図面作成講座(初級編)に参加しました。

今回のセミナーは、特許図面作成の具体的な作図方法を学ぶものではなく、特許図面作成に携わる人が、まずは知っておくべき特許図面の基本を学ぶことができる内容でした。


このセミナーの目標として掲げられたのが、「脱トレーサー!!」その要点は以下の二点。

☆(1)依頼された図面が何を伝えようとしているのか、読み取れるようになる!(依頼図面から発明のポイントをできるだけ理解する)

☆(2)発明のポイントを念頭に置いて、具体的な指示がなくても図面を描けるようになる!

セミナーでは、この目標を達成するために必要な事項がしっかり盛り込まれていたと思います。また、特許図面の大事さや、図面品質の向上についても語られ、とても啓蒙的なセミナーであったと思います。


セミナーでは、本当に学ぶことが多かったです。全部は紹介できませんが、一例として「図面から明細書の流れを読む」という部分では、図面を漠然と見るのではなく、図面のスポットライトは、どこに当たっているのか、構成、動作、作用など、ポイントを踏まえて図面を見ることで、明細書が無くても、発明のポイント・明細書のストーリーを感じ取れることがわかりました。参加された方は、きっと以前よりも図面を深く読む意識がついたのではないかと思います。


セミナーの締めくくりには、クリップを例にして実習が行われました。

@IMG_2891
このクリップを特許出願するには、どのような図面必要なのか、ラフなスケッチでよいから、発明のポイントが伝わる図面を描いてみようという内容です。


こちらは、参加者の図面の一例です。IMG_2890
これを描いた方は、特許図面の大ベテランの方です。はじめての方は、ここまで書けなくても心配ありません。


特許図面の座学の後に、仕上げとしての実習で、より身についたと思います。とても良い内容のセミナーでしたので、特許図面作成の初級者には、是非ともおすすめしたいと思いました。




==========
特許図面を描く上で身に着けるべきスキルは多々あります。まずは特許法の基礎知識、機械製図・テクニカルイラストレーションの知識、作図ソフトのスキル等などです。特許図面を学ぶといっても、簡単にひとくくりにはできません。そこが”正しい”特許図面を教える難しさであり、特許図面を体系的に学べるセミナーが無い大きな理由だと思います。

日本ビジュアルコミュニケーション協会は、テクニカルイラストレーション・機械製図は本業です。今回の「特許図面作成講座(初級編)」を一番最初の足掛かりとして、機械製図・テクニカルイラストレーション、Adobe Illustratorの操作など特許図面を体系的に指導するプログラムを提供できる資質はあると思います。今回のセミナーを受けて、特許図面セミナーのプログラムが組めるのではないかなぁ、と個人的に思いました。ちょっと考えてみようかと思います。
==========

特許図面のトランプカード

特許図面のトランプカード Art of the Patent - Playing Cards


491742f004f56ab271e2e991a3095713_original



「なんじゃこりゃ! かっこよすぎるぞ」



2acd3beb40459216fa26a8cff35023fa_original




Kickstarterという、クリエイターのプロジェクトを支援するサイトのプロジェクトの一つらしい。

Kickstarter
Kickstarter はクリエイティブなアイデアを実現するために生まれたグローバルコミュニティです。これまでに、世界中1000万以上の人が、Kickstartrのプロジェクトを支援してくれました。


それにしても特許図面をトランプカードにしようなんて発想がすごい。特許日、出願人名も載っているらしい。USPTOのマークも入っていてカッコイイ!3629c8b24349ce41b46ad889ae7ddfc8_original
ドラフツマンの名前はないが、企画者は名もなきドラフツマンへの敬意を表している。


以前も特許図面をポスターにして販売しているサイトを紹介したが、このようなイラストに魅力を感じている人は沢山いる。@70666199acafee5d3bf1d899c5425278_original




しかも、このカードのパッケージもカッコイイ。センス良すぎる。


200c2f54a2bdb16099105a7ee227cca8_original


是非とも欲しいですな。僕の描いたフローチャートは候補に入らないのだろうか?

特許図面勉強会の大阪開催

2015年8月29日大阪で初めて特許図面勉強会を行いました。IMG_0100


海外特許図面のポイントとイラストレーターの作図のポイントを紹介させていただきました。少しでもお役に立つことができましたら幸いです。

会のはじめに参加者全員に自己紹介とひと言意見をいただきました。皆さんそれぞれ、この場に興味を持っていただいたり、必要としてくれたのが伝わり刺激を受けました。
東京の参加人数と比べると少なかったのですが、仮に数人の申し込みであっても必要とされている以上、しっかり会を行うことも大事かなと思いました。


会の後、新大阪で懇親会をしてその後一人で通天閣に行ってみました。初!!IMG_0090
小雨降る中、塔が目に入った時、すこしホッとする気分になりました。

あまり時間がなく、ゆっくりできなかったのでまた機会があればいってみたいです。IMG_0097

第3回 特許図面勉強会(大阪開催)

第3回 特許図面勉強会(大阪開催) 平成27年8月29日(土)13:00〜17:00

特許図面勉強会を初めて大阪で開催します。

特許図面勉強会では講義型のセミナーと実習形式のワークショップの2種類の勉強の場を設けておりますが、今回は講義型のセミナーを行います。詳細は上記リンクで確認してください。

特許図面を長年描いているが、他の人がどうやって描いているか、全然状況がわからない方も少なくないと思います。これを機に自分の作図を見直してみるのもよいかもしれません。

特許図面勉強会の大阪開催の次回の予定は未定ですので、お近くの方はお見逃しなく。

特許図面勉強会を大阪で開催します。

第3 回 特許図面勉強会を8月29日(土)に大阪で開催します。大阪での開催希望の声が多かったので、今回の開催が決まりました。

勉強会を大阪で開催するのは今回が初めてです。大阪を初め、関西方面の方は是非ご参加を検討してください。関東と関西ではニーズや集まる方たちの雰囲気は異なるのだろうか?


講義内容の案内、募集は準備が整い次第、ウェブサイトにアップします。今しばらくお待ち下さい。


今年は自分の担当しているものが多く、ひとつ講義が終わったと思ったら、またすぐに次の準備。

落ち着かないなぁ。

特許図面勉強会を行いました。

特許図面勉強会を行いました。今回もとても多くの方にご参加いただきました。会が無事に進行するのは、参加者の方々の協力があってこそのことだと思います。ありがとうございます。勉強会写真



・主に特許図面に従事している方が、一同に集まる場は珍しいのではないかと思います。

・同業の方が集まれる場を提供できている点は、とても良いと思う。(そのような意見を多くいただいている。)

・発明があって、そのうえで図面がどうあるべきか、一番肝心なところに踏み込めていない点が課題。

・参加者の多くが図面専門であるので、意匠図面のアールの表現など、ものの形と図面表現についての研究などをしたい。(特別講師いなくても、とりあえずやってみるのもよいかもしれない)

・特別講師がいなくても、自立して会を継続できるベースを築く必要がある。(主に活動しているメンバーだけでは限界がある)

・次回、東京でやる時は何をやる? I have no idea.

・懇親会では特許図、テクニカルイラスト、CAD、技術関連の話など、いろいろ参考になる。何気ない会話も今後のアイディアや、知識になる。それも無意識に。


ノートパソコンを2台担いでの移動は結構つらい。朝一で一件予定をこなし、休みを取らず午後からの勉強会へ参加。 勉強会の後半は若干疲れてました。

今週の土曜日は特許図面勉強会です。

第2回 特許図面勉強会 (東京開催)
平成27年7月4日(土)13:00〜17:00(開始10分前から開場の予定です)
会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-503


また、勉強会の後には懇親会を予定しています。

場所;東京都新宿区西新宿1-1-1 新宿西口会館(新宿パレットビル内の居酒屋)
時間:17:30~19:30

事前の参加申し込みは不要です。勉強会終了後に改めてご案内いたします。

第2回特許図面勉強会の案内

第2回特許図面勉強会の案内を掲載しました。チラシに記載できなかった点を補足します。

今回は斜視図のトレースを行います。

全体の流れは実務者による作図の実演とポイントの解説。
その後、各自でトレースを行う予定でおります。

具体的には以下の内容を予定しています。
----------------------------------------
1.透視図トレース(3DCADから出力された3D画像)の実演と解説。

2.カバリエ図などの解説

3.等測図トレース(3DCADから出力された3D画像)の実演と解説。

4.3Dデータの活用についての解説(予定)

※各解説の後に参加者にて作図実習。
-----------------------------------------

詳細情報や変更点などありましたら、ブログにて補足します。

思いがけない出会い。

特許図面勉強会の当日、会場の国立オリンピック記念青少年総合センターへ行くと様子がいつもと違う。IMG_1379


初、生ガチャピんと生ムックIMG_1371

IMG_1372

IMG_1373
彼らの動きの良さに驚く、また以外にかわいい。
IMG_1374
「おいしょーーー!」
IMG_1375


サンプラザ中野君がなぜか「ランナー」をうたっている。ギャラはいくらだろう?IMG_1378
IMG_1376
IMG_1377
ここ最近うれしかったことはこれくらいしかない。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ