テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

y watanabe

(今さらですが)セミナーご参加ありがとうございました

開催から三週間も経ってこの記事を上げるのも何なんですが…、前回、4/7に開催された「特許図面レベルアップセミナー」についてです。
今さらかい。
いや、JAVCブログをどうこうする暇がないというある人の悲鳴(笑)をツイッターで目撃したのと、こちらはたまたま暇になったもので、まあ言うなれば援軍です、援軍。

ともかく、大変ありがたいことに、「特許図面レベルアップセミナー」は大盛況のうちに終了しました。
今回のセミナーの内容は、現実の特許図面作成実務そのもので、
イラストレーターの使い方といい、効率のいい図面の描き方といい、非常に参考になったのではないでしょうか。
講師Tさんの、超・鬼速の作図(とりあえず、たいていの受講者を「今、何が起きた?」とポカーン状態にさせるのが毎年恒例)をみて、
普段、主にツールパレットをぽちぽちして描いている方は、「ショートカットキーだのスクリプトだのを使うと、ここまで速くなるんかい!?」という発見があったかと思います。
ただ、セミナー後半のテクニカルイラストの実践となると、ポカーンを通り越してとてつもない静寂が生まれていましたね(笑)。

「 シ ー ン 」

それはもう、こわいくらいの静けさ(笑)。

寸法の記載された三面図などから作成する立体図(斜視図)のことを「テクニカルイラスト」といいますが、特許図面描きというのは、数値を入力して図面を描く機会が基本的にありませんから、この静寂の意味もよく分かります。
もしかすると、線を引くときに数値(直線の長さ寸法)を入れたことは初めて、という方もいらっしゃったんじゃないでしょうか(そもそも数値入力で線を引く機能がイラレにあったことさえ知らなかった、という方もいたりして)。

あのとき、
「いやー、特許図面はさあ、数値なんか入れて描いたりしないから、この勉強はする必要ないかな〜」
と、思ったあなた!
特に、
「アイソメ? んなもん三面図描いて、アクションで変形してから組み合わればいいじゃん〜、わざわざ描かなくても〜」
と、思ったそこのあなた!

実は、わたしもそんなふうに思って、話をテキトーに聞き流した経験がありますが(笑)、
テクニカルイラスト流の描き方を知ってしまうと、それがまったくの間違いだったことがはっきりと分かります。
なんでかって言うと、数値入力がいらない場面でも、原理や考え方を知っておくことで、作図効率は圧倒的にスピードアップするからです。そして修正対応もスムーズ。
これほんと。いや、まじでまじで。

ちなみに、当日、皆さんの様子を見ていてわたしがとても気になったところは、
数値入力で図面作成する機会があまりにもないため、イラストレーター上でどの方向が0度になるのか、みんなピンときていないんじゃないか!?という点です。

TI_イラレ角度


上図の、赤い線で描かれているのがいわゆる「アイソメ角度」。矢印の先にある角度が、イラレ上で入力すべき数値です(*の中心が線の始点になると思ってください)。
講師のTさんはスイスイと角度入力してましたね。
慣れるまではむずかしく感じるかもしれませんが、一度慣れてしまえばアクション等で角度を決定するよりも、かなり感覚的かつスピーディに描けるようになります。

そうか、そのテクニカルイラストとやらはなかなか面白そうじゃないか、もっと詳しい内容が知りたいぞ、と思われた方には良いお知らせ。
JAVCでは、6,7月に、テクニカルイラストレーションの入門セミナーが、二つもラインナップされています。
6/16に開催される「テクニカルイラストレーション入門講座(手書き篇)」は、
テクニカルイラストの超・入門編で、まずは手描きで描いてみることでテクニカルイラストの原理を学ぼうというセミナーです。
また、7/7の「Adobe Illustratorで描くテクニカルイラストレーション入門」では、Adobeイラストレーターを使ってテクニカルイラストを描く場合の描き方やコツなどを学ぶことができます(こちらの講師は、今回の講師と同じ方、イラレの鬼・Tさんですよ〜)。
それから、この二つの講座は、講座内でも説明があった「テクニカルイラストレーション技能士」に興味を持った方が、最初に学んでみるスタートアップ講座としても最適です。
興味のある方はぜひぜひ、いらしてみてください。

それでは、また次回皆さんにお会いするのを楽しみしています!

セミナーご参加ありがとうございました

jp-cc-tonegawa-10


5/13開催の「写真トレースAdobe Illustrator超入門セミナー」ですが、大変ありがたいことに、満員御礼で終了いたしました。
参加者の皆さん、部屋が狭くてミッチミチに窮屈ななか、大変お疲れさまでした。

今回のセミナーは、まさにタイトル通り「イラストレーターの超入門」的内容でしたが、後半には、講師からちょっと驚きのテクニックの披露がありましたね。
スペースキーが「人生やり直しキー」(笑)として使えるとは!
イラストレーター使用暦15年ほどのわたしですが、これは目からウロコでした。
(何のこと!?と思った方、ぜひまたの機会にセミナーにいらしてください。
JAVCのスタッフ(のうちの、いくらか若そうなの)に声をかけていただければ、いつでもご説明します!)

ちなみに、今回のセミナーでわたしが個人的にうれしかったのは、特許事務所勤務の方や特許図面関係の方が、いつもより多めだったこと!
こうしてJAVCが、少しずつでも交流を図る場になっていけば、と心から願っています。
普通に生活していて、自分の事務所以外の特許図面描きと遭遇することって、まず滅多にないことですからね〜。
ある意味、ツチノコ並みに貴重な存在ですよ。
特許図面/意匠図面を描く中で、どんな工夫をしているのか、どんなこだわりがあるのか、
もしくは、特許事務所あるあるなどなど、ほかでは聞けない話を、ツチノコ同士楽しく話し合える日が来ればいいですよね。

交流といえば、毎度おなじみのセミナー後の懇親会ですが、ぜひぜひ気軽に参加していただければと思います。
お酒が苦手な方でも大丈夫、女性ひとりだって、全然大丈夫!
(ちなみにわたしも女性で、ほぼ毎回参加します。全力でフォローいたしますので、ご安心ください
メンバーはとっても気さくで、テクニカルイラストのベテランが、それはもう豊富に控えております。
普段の仕事の話からなんでもないバカ話まで、
そしてときにはテクニカルイラストへのあふれてやまぬ情熱など、話題はなんでもアリです。
セミナー終了後の教室に、ちょっとダラダラしつつ残っていてくだされば、それが懇親会への参加表明と勝手に受け取りますので(笑)、なにとぞよろしくお願いします。
(※なお、裏技として、セミナーに参加せずに懇親会にだけ出る、というのもアリだそうです。
この場合、セミナーが終わる16時30〜45分あたりにそっと教室に近づいて、扉があいたらスッと教室にもぐりこみ、あたかもずっとそこにいたかのような顔でしれっと参加します。わたしだったら。
別に、普通の顔で参加して下さってもかまいません。)

と、いう訳で、JAVCの次回セミナーもよろしくお願いします!!


★画像は、このところ話題の、アドビ公式と「中間管理録トネガワ」(「カイジ」の焼き土下座の人ですね)のまさかのコラボ。
仕事中にネット広告をみかけて、思わずハアァ!!?という声を上げたのは、わたしだけではないはず。
ざわ…ざわ…
http://www.adobe.com/jp/creativecloud/information/cc-tonegawa.html

意匠制度の改正に関する説明会

先週末のことですが、特許庁主催の「意匠制度の改正に関する説明会」に参加してきました。

実は昨年から、JAVCの常連メンバーのうち、特許事務所系の有志数人で「意匠図面研究会」という
会を立ち上げているのですが、そのほぼ全員と会場でバッタリ遭遇しました(笑)。
みんな勉強熱心!

ちなみに説明会の内容は、
 ・ハーグ協定に基づく意匠の国際登録制度について(その概要と出願時の図面作成のポイント)
 ・平成29年に予定されている意匠審査基準改訂のポイント
という二本立てです。
非常に実務的な内容ですね。

KIMG0062


個人的に興味深かったのは、「参考図の取扱い」に関する点です。
最近、六面図等の必要図のほかに、参考図として、出願意匠のバリエーションの意匠や
出願意匠とは別個の意匠を記載するという事例が増えているとのこと。

これはどういうことかというと、
当日壇上で説明されていた審査官の方が仰っていたように、
意匠登録後に公報が発行されると、参考図に記載された関連や別個のデザインも公知となることから、
参考図に記載されたデザインについても、後願排除効が得られることを期待した戦略ではないか、
ということです。
これがまかり通ってしまうと、1件分の出願費用で数件分の出願効果が
ある程度得られるということになってしまいますね。
なんともずる賢い…。

これに対して特許庁は、必要図に表された意匠と異なるものが記載された参考図については、
その異なる要素を意匠認定の際に考慮しない、という旨をあらたに審査基準に明確に記載することで、
対策をとる方向のようでした。
ですがそもそも参考図とは、出願する意匠の理解を助ける等々の補助的な役割の図面であって、
もとより権利を特定する資料とされるものではない位置づけです。
これを審査基準にいまさら明記することだけで、有効な対策となり得るのかどうか・・・、
はなはだ不安です。
皆さんはどうお感じになられたでしょうか。

もちろん、登録意匠公報の参考図に記載された(登録意匠とは別個の)デザインに
公知性が生まれたとしても、権利の実体はあるわけもないのですから、
当然、模倣されたらそこで打つ手なしです。
やはり、正攻法での意匠出願の安全性を、お客様には主張していきたいですね。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ