テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

テクニカルイラストレーション

楕円分度器の使い方

楕円分度器の基本的な使い方を簡単に紹介しようと思います。


@CCF_000035



コチラが、楕円分度器。ちなみに、昨年の50周年記念パーティーを行った際、タニー商会の方が、在庫の楕円分度器や楕円テンプレートなどを沢山譲ってくれました。



それでは、前回紹介した技能検定の模擬課題図を例に説明します。


左の図に対して、右の図のように15度回転した状態の立体図を作成する場合の例です。
00_分度器



まずは、傾けていない、Z軸上にある図。
01_分度器



この例の場合、Y軸上に楕円分度器の短軸を合わせます。
08a5a101-s



そして、楕円分度器上の15°の位置を取ります。実際の15°ではありません。
02_分度器




次に、楕円分度器から縮み率、楕円度を読み取らなくてはいけません。
07_分度器





スイマセン、ブログで紹介するとなると、めちゃくちゃ長くなりそうなので、途中ですが一旦保留します。(ひどいブログだな〜〜〜〜)



要するに楕円分度器とは、アイソメトリックであれば、全円分度器を35°楕円と同じ比率で潰したものになります。
05_分度器


これだけでは、角度しか読み取れませんので、縮み率、楕円度の情報が必要になります。
06_分度器




結局、最後は宣伝をします。


詳しく知りたい方は、実践テクニカルイラストレーション 第2版をご覧ください。

961



次の土曜日のセミナーでは、こちらの著者の一人が、この本について紹介されます。
ご興味があるかたは是非、ご参加ください。


【書籍『実践テクニカルイラストレーション』解説セミナー 】(東京開催)
■日時:2020年1月11日(土)13:00〜17:00
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-505
■詳細 :こちら





また、特別、新年会というわけではありませんが、セミナーの後は、新宿に移動して懇親会も行いますので、興味のある方は、予定しておいてください。

テクニカルイラスト技能検定1級をIllustratorで描いてみた。

以前のブログで、テクニカルイラストレーション技能検定1級課題図を3DCADでモデリングしたものを紹介しましたが、今度は同じ課題図をAdobe Illustratorで作成してみました。

前回の記事はコチラ
デザインスパークで技能検定1級の課題をモデリングしてみた。



これがIllustratorで描いたものです。

00_1級課題図



もちろん3Dデータから書き出したデータは使わず、ゼロから描いています。
以下は作成途中の図。
01_1級課題図



今回、初めて1級課題図を描いてみたのですが、初めてということもあって、特に時間は計らずに描きました。恐らく、制限時間の倍以上はかかっていると思います。


1級は確かに大変でした。私なりに1級が大変だな〜と思った点は、まず、課題図を読むことだと思います。少ない図に寸法がぎっしりと入っていて、これを理解するのが大変。さらに、1級は断面図にしなくてはいけないので、仕上がりイメージをつかむのが非常に難しい。

私は、最初に3Dモデリングをしていたので、モデリング中に内容も分かってきましたし、完成した3Dを見れば、大変分かり易いです。モデリングは練習のために作ったものなので、本番ではそうはいきません。


完成形が最初からわかっていれば、工程の半分以上できていると言っても過言ではないと思います。やはり、最初の読図が一番大変なんではないかと感じました。


また、3Dとは違い、前後関係によって見えてこない線もあります。描く順序もしっかり考えないと、せっかく描いても削除ということもよくあります。こういったところも技術や経験と言えるのかもしれません。


あれこれ書きましたが、手書きに比べれば、イラレや2DCADは遥かに楽です。文句は言えません。

前年度の過去問はコチラのリンクから見れます。
技能検定試験問題公開サイト(平成30年度)

Illustratorで角がすべてRの立方体を描く

Illustratorで、角がすべてRになった立方体を描いてみます。


左が、角処理のしていない立方体で、右が3DCADでRを付けたイメージです。

R面取り




50mmの立方体でR10となっています。
01_R面取り


まずは、片面のみの確認です。まずはX面。直径20mmの35°の楕円が下記のように接します。

02_R面取り



角処理をするとこんな感じ。二次元でわざわざ正接エッジを入れることもないのですが、参考までに入れてみました。
03_R面取り





Z面も同様の考えです。

04_R面取り



続いて。三面にRが付くと、ちょっと勝手が異なります。
まず、先ほどと同様に、X面、Z面に楕円をあてる。

05_R面取り




そして赤線のように線を入れる。
06_R面取り



そして角は、直径20mmの正円で角を処理します。
07_R面取り


以下のような考え方になります。
08_R面取り





もとの立方体を重ねてみます。一見、一回り小さくなったように見えますが、外形線の位置が変わっただけで、面の位置は変わっていません。
09_R面取り




詳しく知りたい方は、実践テクニカルイラストレーション 第2版をご覧ください。その他の要素も、沢山書かれています。

961




また、来年の初めのセミナーでは、こちらの著者の一人が、この本について紹介されます。
ご興味があるかたは是非、ご参加ください。


【書籍『実践テクニカルイラストレーション』解説セミナー 】(東京開催)
■日時:2020年1月11日(土)13:00〜17:00
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-505
■詳細 :こちら


ボルトを描いてみました。ただそれだけです。

特にブログのネタがなかったので、ボルトを描いたので、それを載せます。

ジャビックの事務局長が作った、機械要素の描き方の通り描いただけです。詳しく知りたい方は、上記のリンクで確認してください。

00_ボルト描き方
01_ボルト描き方
02_ボルト描き方
03_ボルト描き方
04_ボルト描き方
05_ボルト描き方
06_ボルト描き方
07_ボルト描き方
08_ボルト描き方
09_ボルト描き方
10_ボルト描き方



こちらもジャビックのメンバーが関わっている、書籍 実践 テクニカルイラストレーション―デジタル表現技術にも、詳しくボルトの描き方が書かれています。

11_ボルト描き方.gif
こちらは手書きを基本としていて、先に紹介したページの方はIllustratorでの実用的な描き方と言えると思います。

テクニカルイラストレーション技能検定の2級と1級には、ボルトも出題されるので、描けるようにしておかなければなりません。

レゴの組み立て説明書がダウンロードできる

テクニカルイラストレーション技能検定3級の模擬問題の題材探しと思ってネットを見ていたら、レゴの組み立て説明書のページに行きついた。

https://www.lego.com/ja-jp/service/buildinginstructions
新旧の商品の組み立て説明書がダウンロードできます。

4101133-17


もちろん、ユーザーのための組み立て説明書ですけど、テクニカルイラストレーションとして、ついつい惹かれるものがある。


初期の物はさすがに、画像データしかないようだ。恐らく当時は手描きでしょう。4115443-1



4168270-1





こちらは、Illustratorで作成しているのでしょうね。
カラーの使い方、透明部分の表現が参考になる。

アップ


アップ02
Illustratorで読み込むとベクターデータになっている。

恐らく、レゴもCADで設計してIllustratorで描いているのかななんて思う。デンマークのテクニカルイラストレーターが描いているのかな。


比較的新しいものは、確実にに3Dデータになっている。4261683-12



4101140-7
取扱説明書は、モノクロ線画が多い中で、レゴの独特の色遣いは「かわいいなぁ〜」なんて思える。根底には遊び心があるんだろうか。



レゴブロックは、テクニカルイラストを描くときの題材としては良いんですよ。はるか昔に、ジャビッの特許図面勉強会で、100均で買った、レゴブロックのまがい物を題材に立体図を描いてもらったことがあった。ブロック01

その時のブログ。
http://javc.doorblog.jp/archives/1817219.html

また、何かの機会にこのブロックを題材にセミナーや勉強会で使ってもいいかなと思う。

インスタから転用、、、

ブログのネタが全然浮かばないかったので、インスタグラムからテクニカルイラストやビジュアル的に面白いものを、ただ、ただ、リンクに貼りました。動画は三角をクリックすると再生されます。複数のページのものは、矢印をクリックすると見れます。


面白い表現もあり、なかなか参考になります。


飛行機のパース動画、どーやって描いてるんだ??













この投稿をInstagramで見る

Working on my next WW2 digital series illustration. This scene has been done to pieces so I decided to create my own unique angle and construct the Avro Lancaster view using my @Procreate 2D blueprint mapping technique. . I think I might mirror the whole scene and have it flying right to left...! . . . Stage 1 - WORK IN PROGRESS . . . #procreate #digitalart #digitalillustration #technicalsketching #construction #sketch #idsketching #projection #perspective #layout #artwork #digitalpaint #avgeek #avporn #warthunder #lancaster #dambusters #drawing #ipadpro #technicalillustration #pilot #yesteryear #keememflying #progressshot #artist #aviationartist #avrolancaster #bouncingbomb

MPV Aviation Illustrationsさん(@marc_mpv)がシェアした投稿 -




この投稿をInstagramで見る

Using the same B-17 2D blueprints from a few posts ago to create another custom view in @procreate app for iPad. Using custom shape brush for squares, using layers and working with layer opacity to get to my end result. . Might make this one olive drab and yellow! . . WORK IN PROGRESS! . . . #B17 #handdrawn #geometricconstruction #idsketching #art #aviationart #constructedview #blueprints #sketch #artwork #avgeek #avporn #aviationsketching #illustration #technicalillustration #chosenview #owncreation #pilotlife #lineart #groundwork #blackandwhite #procreate #procreateart #perspective #technicalillustrations #b17flyingfortress #flyingfortress #digitalart #digitalpaint

MPV Aviation Illustrationsさん(@marc_mpv)がシェアした投稿 -














この投稿をInstagramで見る

squaring the circle By @troika_london⁣ ⁣. #artselectors

Art Selectorsさん(@artselectors)がシェアした投稿 -




この投稿をInstagramで見る

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 or 10? Your fave? By @huskmitnavn1 . @artselects

Art Selectsさん(@artselects)がシェアした投稿 -




この投稿をInstagramで見る

Transformation of architectural structures 🏗 📷: @paperboyo #wonderfulworldpic

Wonderful Worldさん(@wonderful.world.pic)がシェアした投稿 -


NumLockキーをTabキーに変更してみた。

テンキーをで数値入力しようと思ったら、NumLockがかかっていて数字が入力できなかったって経験をお持ちの方いるかと思います。そもそも「NumLockキーって必要ある?」なんて思ってしまいます。


さて、私はただいまテクニカルイラストレーション技能検定3級のオリジナル問題を作成して、それを実際にAdobe Illustratorで作図する作業をしているのですが、テクニカルイラストレーションを描くときはCADのように数値入力をする機会が沢山あります。


これは、直線ツールの画面です。引きたい線の長さを入力した後、角度の入力をします。
00_num


マウスでカーソルを動かしてもいいのですが、やはりTabキーを押すほうが楽だし、手の負担は少ないですよね。腱鞘炎の原因は少しでも減らしたいものです。


ただ、ここで問題が。

テンキーとTabキーはどちらも端にあり、とても離れているんですよね。通常の使い方であれば、右利き左利きのどちらであっても、手からマウスを離さなくてはなりません。02_num




そこで、フリーソフトのキー配置変更ソフトでNumLockキーをTabキーに変更してみました。
Change Key 窓の杜


01_num


こんな画面でキーを変更します。
changekey





変更後のイメージは、こんな感じです。数字の上にTabキーがあると便利!


03_num



ほんのわずかな修正ですが、とても快適になりました。テクニカルイラストレーションを描くときに関わらず、Tabキーの使う頻度は高いので、なかなか使い勝手がいいと思います。


以上、ご参考になれば。

だまし絵を描いてみた!

先のブログの続きを書こうと思って、Illustratorで立体図を描いていたら、「だまし絵が」描けました。



00_騙し絵



「まさに、エッシャーじゃないか!?」ちょっと面白いぞと思って調べてみると、何やらちゃんとルールが。あるようです。






01_騙し絵
同じ方向・同じ間隔の平行線が走ってている図形を真ん中でぶった切って、それを入れ替えてあげればできるようです。線画でも理解できるが、色を付けてみると関係がより分かり易くなる。





03_騙し絵





違う形態でもやってみる。




04_騙し絵



こんな感じになる。


05_騙し絵





たまに特許図面の斜視図で、意図せず「だまし絵」みたいになっているのを見かけますが、基本は正しく立体図を描きましょうね。


2019年7月13日(土)13:00〜17:00で、Illustratorでテクニカルイラストレーション入門セミナーやります。

【テクニカルイラストレーション入門講座(Adobe Illustrator編)】

立体図のトレーニング

わた子さんに、ツイッターで先に答えをあげられてしまったのですが、今月行ったテクニカルイラストレーション入門セミナー(手書き篇)で使用した問題を出題します。


この業界では有名な題材かな?

q1


そして2問目
この問題は、二つセットで出題するから、効果的なんだよな。

q2


これをモデリングするとどうなるのかやってみたく、講座の前にモデリングしてみたんですよ。
面に色をつけて、若干の濃淡がつくと、いくらか分かりやすくなる。以下はヒントになるので、自力で解いてみたい方は、サッとスクロールして下さい。





@01

@02


下面から見た斜視図。ヒントになるどころか、かえって分かりづらくなった!?Design4ヒント







問題に寸法を入れておいたので、是非、立体図を描きおこしてみてください、あとモデリングでもやってみるといいかもしれません。立体製図とモデリングでは、根本的に発想の違いがあると感じられます。


このようなものをIllustratorでどのように描き起したらよいかわからない方は、【テクニカルイラストレーション入門(Adobe Illustrator編)】にご参加ください。このセミナーでは、Illustratorで数値入力して、このような簡単な形状を描いていきますよ。


【テクニカルイラストレーション入門(Adobe Illustrator編)】

*詳細 :http://www.javc.gr.jp/katsudou/190727.html

*日時:2019年7月13日(土)13:00〜17:00

*会場
 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-415
 東京都渋谷区代々木神園町3-1 (小田急線 参宮橋駅より徒歩7分)

*参加費
 一般: 5,000円
 年間パスポート所持者:無料

※年間パスポート10,000円
お申し込みは日本ビジュアルコミュニケーション協会のウェブサイトよりお申し込みください。

都営交通の広告にテクニカルイラストが多い!?

先日、都営地下鉄のとある駅で、都営交通のポスターを見かけた。

@IMG_3940


特殊車両特集のようです。電車好きな人は、思わず欲しくなっちゃいそうですね。

@IMG_3938


絵画的要素が強いイラストではあると思いますが、でもただの絵とは言えないと思います。


@IMG_3939


これらは、立派なテクニカルイラストレーションと言えるのではないでしょうか。



確か、一年ほど前にも、都営交通の広告でテクニカルイラストレーションを活用したものがありました。
IMG_3096
絵のタッチが似ているので、同じ人が描いているんでしょうかね。


こっちは写真でテクニカルイラストレーションではないんですけど、アイソメ的な構図が印象的。IMG_3592



今後、都営交通の広告に、また同じようなイラストが登場しそうな気がします。楽しみです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ