テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

情報提供

工業高校の先生に関心のあるセミナーとは?

全国工業高等学校長協会では、工業高校の先生を対象に毎年夏期講習を実施している。ジャビックでは、来年度、こちらの夏期講習会への参加を検討している。

そんな中、今年開催された夏期講習会の参加者アンケートが公開されており、興味があったので内容を調べてみた。令和元年度アンケート集計結果を掲載しました。


令和元年度 応募状況一覧(最終締め切り後)
ご興味のある方は、見てみてください。開催された講習内容や、募集人数、実際に申し込みされた人数などが分かります。


セミナーは、北海道から沖縄県まで、全国を対象としていて、全部で109の講習がある。ただし、最終開催結果を見てみると、参加希望者が一人もない講習や、催行人員に達せず、開催されていないものも複数見受けられた。

中止になった講習の傾向としては、内容に関心が無いというよりかは、地方開催により、そもそも人が集まりにくかったのではないかと思われる。

さて、どのような講習が関心が高いのかであるが、上記の表をざっと見た限りでは、「ドローンプログラミング体験講座」が定員上限が高いうえに、満席になるなど、非常に関心が高いのがわかる。

また、定員上限は先のものほど高くはないが、参加者が多く満席となっているものに「ラズベリーパイ活用教室」がある。


また、各回のセミナーの参加者はさほど多くなくても、圧倒的に開催数が多く目立つものに「SOLIDWORKS」の講習がある。

アンケート結果を詳しく分析しているわけではないが、やはり旬な技術が人気に思われる。


絶対的な人数では多くなくとも検討している講座もある。武藤工業さんの「授業に役立つ機械製図「3DCAD・3Dプリンタ」、「企業で学ぶドラフター製図」などは、定員の上限を超えても開催している。

「企業で学ぶドラフター製図」は、クボタグループで新入社員にドラフターを用いて基礎教育を行っている内容を体験させるなど、面白い試みを行っている。



とまぁ、このような講習の中に、「テクニカルイラストレーション技能検定」の講習をぶち込んで、ど〜なるのでしょう。最小催行人員に達しない可能性があることも十分に感じます。

ただ、このリストに「テクニカルイラストレーション技能検定」の文字を入れるだけでも、テクニカルイラストレーションの認知に役立つであろうというのが、狙いの一つでもあります。

若干、内輪の話題でした。

『機械遺産』をご存じですか?

機械遺産をご存じでしょうか?ユネスコの世界遺産とは違いますよ。

日本機械学会が、後世に残すべき機械と機械技術の保存を促進するために、認定しているものです。


機械遺産

コメント 2019-10-24 203400



例えば、どんな物があるかというと、



カブ号F型(ホンダ自転車用補助エンジン)
heritage_014



豊田式汽力織機heritage_047



麦わら帽子製造用環縫ミシン(ブラザー工業)heritage_015



これらは、著名な企業のもので、一度目にしたことがあるという方もいるかもしれません。





さて、日本ビジュアルコミュニケーション協会として気になるのは、これでしょう!

万能製図機械MUTOH『ドラフターMH-機heritage_021


手書き時代を経験したテクニカルイラストレーターで、お世話になった方は多いと思います。
このようなものも機械遺産として認定するなんて、目の付け所が良いと思います。


認定されている全てのものではないと思うのですが、一般の方でも実際に見ることができるのがいいです。世界遺産のようなメジャーなものではないですが、大事な制度だと思います。

建築倉庫ミュージアム 構造展 -構造家のデザインと思考-

天王洲アイルにある、建築倉庫ミュージアムで構造展 -構造家のデザインと思考-を開催しています。

建築倉庫ogp-strct


建築家・伊東豊雄さんの代表作品、せんだいメディアテークのようですね。
aced6fdcc51d86b9fb54412facd9468b-1024x683



こちらは東京国際フォーラムじゃないですか。たまらないですね。ECERJG5UIAI3eo1


建築模型には、スタイロフォームなどでボリュームスタディをするためのものなど、用途は様々ありますが、コチラでは、特にコンセプト性の強い建築模型の展示が多いのでしょう。



EBw_UyKUwAANGST

現在は3DCGがあるので、ぐるぐる360°どの位置からでもモデルを見ることできますが、CGはモニターや紙の中のものであり、結局は二次元のバーチャルです。その点、模型は立体そのものでリアルです。

建築模型の場合は、スケール制限こそあるものの、「実際に空間が存在する」のが最大の強みです。

EBfw9SrUwAA2hA1

建築模型は、施主に完成イメージを伝えたり、設計者自体が空間を把握するためなどに作成しますが、本来の用途とは別に、そこに芸術性も感じ、展示しているのが、この建築倉庫ミュージアムなんでしょう。子供から大人まで楽しめるんではないでしょうか。


ECaI7gPVUAEb6lt


テクニカルイラストレーションも、建築模型と同じように、一般の人にもわかりやすくイメージを伝える用途があります。また、それだけではなく、この建築倉庫ミュージアムと同じように、本来の用途とは離れて芸術性を感じられるものが沢山あります。



テクニカルイラストレーション専門のミュージアムは難しいですけど、どこかの美術館、もしくは小さなギャラリーでテクニカルイラストレーションの作品を集めた展示があったら十分楽しめると思う。どこかのキュレーターの方、企画してくれないかなぁ〜。


ジャビックでやる?  やりたいね〜〜、、

でも、誰がやる????
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ