テクニカルイラストレーション技能士のブログ

日本ビジュアルコミュニケーション協会の会員が綴る、日常の出来事です。仕事関係が多いかな???

ちゃぺ!!

令和元年度 3級課題図の解説(その4)

またまた、令和元年度のテクニカルイラストレーション技能検定3級課題図の解説(その4
)です。今回も出題された問題を部分的に解説します。



今回は、以下のピンクの箇所の描き方です。何か虫の頭のようで、目ん玉と触角のような部分のところを解説します。

@3級試験.2




実際の課題図からは、一部形状を変えております。

00_解説その4



今回のポイントも、球の描き方です。まず、立体図で球をどのように配置したらよいかわからないという方は、以下の図のように、円の中心に楕円を置いてみると、円の中心が理解しすくなると思います。半球であれば、赤線の楕円のところで、切断してあげればよいのです。

@00_3級試験.2




まず、目ん玉の部分ですが、これは、「その1」で紹介したのと同じ考え方です。
目ん玉の大きさは、SR7 mm(※SRは球の半径です)ですので、半径7mmの楕円を配置した状態の図です。
00_3級試験.2




立体図で、球は正円になります。球半径が7mmなので、直径14mmの正円を配置します。
等測図の時は正円を1.22倍(122%)しないと、楕円とサイズが合わないはずです。
01_3級試験.2




不要なところを削除して、目の部分が完成です。
@02_3級試験.2




続いて、触角のような箇所です。円錐状のものと球が合体したもですが、このような形状は今回の試験だけでなく、例年よく出る形状ですので、しっかり覚えておいたほうが良いです。



まず、図面にしたがい基準線を入れた状態の図です。
04_3級試験.2




ベースとなる位置から、高さ15mmのところが、球の中心となります。分かり易いように球の中心に楕円を配置しました。
05_3級試験.2




ここの球はSΦ10mm(SΦは球の直径を表します)。ですので、楕円の直径は10mmで正円の直径も10mmです。※等測図の場合は、正円を1.22倍
06_3級試験.2




最後に、円錐の部分です。下は8mmの楕円を描く。
07_3級試験.2




続いて、上の5mmの楕円を描く。
08_3級試験.2




二つの円の共通接線を引きます。
09_3級試験.2




不要な線を削除。もう一方は、描いたものをコピーするなどして完成。
10_3級試験.2




今回の問題は、全体的に難しかったですが、今回取り上げた部分に関しては、よく出題される形状ですので、これはしっかり描けるようにしておいたほうが良いです。


日本ビジュアルコミュニケーション協会では、テクニカルイラストレーション技能検定の受験の推奨をしておりますが、受験を勧めるだけでなく、「受けるからには合格してもらえるように」と感じるようになりました。



来年、テクニカルイラストレーション技能検定を受験される方にとって、お役に立てば幸いです。

令和元年度 3級課題図の解説(その3)

引き続き、令和元年度のテクニカルイラストレーション技能検定3級課題図の解説(その3
)をします。



まず初めに余談ですが、具体的なテクニカルイラストレーションの描き方に関する記事を書くと、何ページにもわたって記事を見られる方が多いようなので、需要がそれなりにあるのかなと思い、第3回目も書きました。


それでは、今回は続きで、ピンクに塗った箇所の描き方のポイントを紹介します。

20200204ブログ.3



図は、前回と同じものです。寸法の入っていない箇所は、実際に測ってください。実際の試験でも同様に寸法のない箇所は計って作図します。ただし、ただし!!あくまでも、その時の試験問題を指示をしっかり確認するようにして下さい。責任は持ちません。



00_その3
※10mmのメモリを入れておいたので、画像をコピペして、縮尺を合わせればよいかと思います。



最初は課題図にしたがい、基準線を引きます。

01_その3




これだけでも、外形は引けた状態です。ここのポイントは、R3の角処理をするところです。

02_その3


ちなみに、もし試験でR3のつけ方がどうしてもわからないというときは、いっそのことフリーハンドでも構わないので、Rをつけてしまいましょう。大よその形状が描けていて、極端に寸法がくるっていなければよいでしょう。断定はできませんが、試験では寸分の狂いもない図を求めてはいないと思います、たぶん?恐らく?知りません???

それも試験のコツ?の一つかもしれませんが、何はともあれ、正しい描き方をマスターしましょう。



R3の角処理をするので、直径6mmの円が内接すると考えることがポイントです。
08_その3





まずは、円の中心となる基準線を引きます。(寸法がわからなければ、直接課題図から読み取ってください。)
03_その3




基準線をもとに直径6mmの円を三つ配置します。
04_その3




そして、3つの円(楕円)の共通接線を引きます。
05_その3




不要な線を削除します。
06_その3




この描いた図をコピーするなどして、厚みをつけで完成です。
07_その3





以前も書きましたが、今回の課題図は難しかったと思います。ただ、今回の課題図を練習しておけば、今後はだいぶ楽に感じられるかもしれません。中央職業能力開発協会(JAVADA)で過去問として公開されたら、チェックしておくとよいと思います。

また、機会があれば、その4を書きます。

令和元年度 3級課題図の解説(その2)

先の記事に引き続き、令和元年度(2020年1月19日実施)のテクニカルイラストレーション技能検定3級課題図の解説(その2)をします。(その1)の記事はコチラ

今回、受験されて作図がわからなかった方は、これで復習してください。今後、受験される方は復習と思って見てください。


今回も部分的に解説します。とりあげる形状はコチラ。(ピンク色にした部分です)20200204ブログ




3級の試験にしては、これまた、なかなか難しい印象を受けます。くぼんだ形状のところは、いじわるとしか言えないです。

02_20200204ブログ




これをすべてブログで解説すると長くなってしまうので、以下のように、グッとシンプルにして解説します。20200204ブログ2



まずは、課題図に示されているように、黒丸の基準点から作図しようと思います。

03_20200204ブログ




このようなものを描くときは、円から描くのが基本です。以下の図は、基準となる二つの円の基準線を置いた状態です。04_20200204ブログ




この基準に合わせて、直径20と直径42の円を引きました。
05_20200204ブログ




そして、この二つの円の接線を引きます。(イラレであれば、スクリプトの共通接線を使うか、なければ大よその位置で、線を引きます)
06_20200204ブログ




不要な線を削除します。
07_20200204ブログ




この描いたものに厚みを付けます。(イラレやCADであれば、描いたものをコピーするなどして厚みをつけます)
08_20200204ブログ




最後に突起になっている円も描きます。この円の基準は先ほど描いた、直径20の円の中心と同じ位置です。
09_20200204ブログ




不要な線など削除して完成です。
10_20200204ブログ



今回、この形状が描けなかった方は、そもそも立体がイメージできなかったか、もしくはイメージはできたけど、描き方がわからなかったのではないでしょうか。描けなかった方は、円から描かず、直接外形線から位置を求めようとしたのかもしれません。




今回の解説も、描き方の考え方を紹介しました。イラレの場合ですと、楕円を「オブジェクトの移動」で、移動する方向と移動する長さを入力するなどして描いていきます。

これらの操作も詳しく知りたい方は、ジャビックのセミナ−に参加されるか、ジャビックの書籍などをご購入下さい。


また、機会があれば(その3)も書きたいと思います。

テクニカルイラスト中級講座(Adobe Illustrator編) 開催報告

2020年2月8日(土) 『テクニカルイラスト中級講座(Adobe Illustrator編)』を開催しました。

@_DSC2279

日本ビジュアルコミュニケーション協会(ジャビック)では、ここ最近は、ずっとテクニカルイラストレーションの入門の内容を中心に開催しておりましたが、久しぶりに中級程度の内容を行いました。

初めての人には、難しいと感じるところは多かったかもしれませんが、テクニカルイラストレーションの考え方を知ることができたのではないかと思います。



例えば、このような角がすべてRの形状の作図の実演など、

@_DSC2274

3DCADがあれば簡単にモデリングできる形状です。モデリングデータから作れば、正確な寸法で図示できます。しかし、知識がない方だと、正接エッジの処理に返って惑わされてしまうかもしれないですね。


その他には、相貫線の考え方。
@DSC2282



楕円分度器の使い方についてなどなど。
@_DSC2284

ちなみに、今ジャビックには35°楕円分度器の在庫がそこそこあるので、参加者に、楕円分度器のプレゼント(?)がありました。持っていても使う機器があるかは不明ですが、新品を入手するのは、相当難しくなっています。ジャビックに来れば、楕円分度器を無料でゲットできるかも????です。 


今回のセミナーは、Adobe Illustratorで描くテクニカルイラストレーションという、テーマでありましたが、基本はほとんど手描きのノウハウです。その手描きの基本に、Illustratorの機能をうまく活用したものでした。



さまざまな形状の描き方を学びましたが、実務では、寸法通りすべてしっかり描くわけではなく、簡易的に描くことがほとんどだとか。作図の内容や求められるものにもよりますが、基本を知ったうえで、簡略的に描くことなどは、実務者ならではのノウハウでしょう。



今回で、東京開催のセミナーは終了です。来週のAutoCAD を使った特許図面作成ハンズオンセミナーで、今期最後のセミナーとなります。


来季も、何卒よろしくお願い致します。


追伸
先月実施された、【テクニカルイラストレーション技能検定 3級課題図の解説(その2)】を2月11日にアップする予定です。こちらもよろしくお願いします。

令和元年度 3級課題図の解説(その1)

2020年1月19日に令和元年度のテクニカルイラストレーション技能検定が実施されました。その際、実施された3級課題図の解説をしてみようと思います。形状をデフォルメして、部分的に解説します。

令和元年度の課題図は、今後、JAVADで公開されると思います。




今回の課題図は、主要な部分に球や、共通接線が多く、なかなか難しかった思います。形状をイメージするのも大変な課題だったかもしれません。少しいやらしい出題でしたね。



部分的な課題図の例
00_ブログ20200202

SRは球の半径です。球の描き方がわからなくて、手が止まってしまった方もいたかもしれません。


モデリングしたものです。完成イメージはつかめたでしょうか。01_ブログ20200202



まず、基準点の黒丸を起点にして円柱を描いてみます。
01_ブログ20200202




基準点の位置に半径21の楕円を描きます。
01_ブログ20200202



続いて、球の部分である、直径42の正円を空いたスペースに描きます。
※等測図で描いている場合は、この正円を122%しないといけません。
02_ブログ20200202



続いて、先ほど描いた楕円の中心に、正円の中心を合わせます。
03_ブログ20200202



不要な部分を削除して、球の部分の作図を完了させます。04_ブログ20200202




続いて、赤線で描いた部分も描きます。
05_ブログ20200202



不要な線を削除して完了です。今回は説明し易ように、球の部分から描きましたが、試験であれば、手前側から描いたほうが、隠れて見えなくなる線を引かなくて済みます。ただ、球の作図が慣れていないなら、球の部分から描いていったほうが分かり易かもしれません。06_ブログ20200202




また、機会があれば、他の形状も同じように紹介したいと思います。




次回のセミナーのご案内です。まだ、お申し込みいただけます。
【テクニカルイラスト中級講座(Adobe Illustrator編)】(東京開催)
■日時:2020年2月8日(土)13:00〜17:00
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-512
■詳細 :http://www.javc.gr.jp/katsudou/200208.html

【テクニカルイラスト中級講座】のご紹介

【テクニカルイラスト中級講座(Adobe Illustrator編)】(東京開催)
■日時:2020年2月8日(土)13:00〜17:00
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-512
■詳細 :http://www.javc.gr.jp/katsudou/200208.html



今回は、テクニカルイラストレーション入門講座でやっているような、立方体や円柱などの描き方からステップアップして、以下のような題材に取り組みます。


●角の丸み : 片面だけではない3面全ての丸みの表現
●フィレット : なだらかに接合する表現
●円柱端面の丸みの考え方
●包絡線 : 直径寸法が決まっているチューブ等の描き方
●相貫線 : 斜面に垂直に立つ円柱の接合部分の形状/円柱同士の接合部分の形状
●角度の付いた面の穴の考え方
●各種機械要素(ボルト/ナット・各種ワッシャ・歯車・ベアリング・スプリング等)の描き方※予定

例:角の丸み : 片面だけではない3面全ての丸みの表現

200208-01



例:円柱端面の丸みの考え方

enntyuu
(イメージ画像)



例:相貫線 : 斜面に垂直に立つ円柱の接合部分の形状/円柱同士の接合部分の形状

soukannsenn
(イメージ画像)


入門レベルの方には、難しいと感じる場面もあるかもしれませんが、実務上、必要なノウハウでもありますので、まずは、知識として知っておくのも良いかもしれません。聴講のみの受講で問題ありません。



今年度、東京開催で最後のセミナーとなります。来年度の予定は、3月の運営委員会で決めますので、しばらくお持ち下さい。

令和元年度のテクニカルイラストレーション技能検定が行われました。

2020年1月19日、令和元年度のテクニカルイラストレーション技能検定の実技試験が行われました。

@@IMG_4527


今回は3級の試験のみ実施されました。マシントラブルなどなく、無事に試験を行うことができました。

受験された方は、朝早くからご来場いただき、大変お疲れさまでした。試験時間の2時間は、あっという間だったかもしれません。

@IMG_4534




ちなみに、東京での試験が再開されてから、今回で3回目でした。実施する側も、だいぶ勝手がわかってきました。それでも試験を実施するのは一仕事です。今後も、いろいろと検討しなければいけないことがあります。


また、受験される方には、時間とお金を使って試験を受けていただくので、できるだけ良い点数で合格できるように、ジャビックもセミナーをしっかりやらなければと思います。


学科は2月に行われます。学科も気を抜かずに頑張って下さい。

『実践テクニカルイラストレーション』解説セミナーを開催しました。

書籍『実践テクニカルイラストレーション 第2版』の著者の一人が、この本の発行の経緯から、テクニカルイラストレーションの実務におけるポイントなどを解説されました。

@@_DSC2267




ちなみに、今販売されているのは、「第2版」であり。この本の前身となる「初版」は1981年に発行されました。もちろん、初版は、絶版となっています。



■初版 
0015703460LL


第2版
51672JVM07L



初版は、書店などで購入することはできませんが、この初版に書かれていたことのほとんどは、今の第2版に盛り込まれているとのことでした。

この第2版が発行されたのは、2002年です。新たに編集した主な経緯は、手書きからデジタル化への移行に対応するためだそうです。


ただし、デジタル化に対応したとはいえ、今は2020年です。第2版が出た当時と今の状況は、さらに状況が異なっています。現在は3DCADが主流となりました。

残念ながら3DCADに関するものまで網羅できていませんが、テクニカルイラストレーションの基本となるノウハウは不変的なもので、今も昔も変わりません。そのような普遍的なテクニカルイラストレーションのノウハウがまとまっているのが、この書籍だと思います。



例えば、以下の例ですと、実際の寸法通りに作図するのではなく、ある程度、誇張して描くテクニックを紹介しているものです。

20200112_00



3DCADで書き出したら、その図形の通り出力されますよね。このようなテクニックは、まだまだ人間の仕事なのかもしれません。


以下も同じような例です。

20200112_01


20200112_03



この本は、ただ立体図の描き方のノウハウが記載されているだけでなく、上記のようなテクニカルイラストレーションのテクニックもまとまっている書籍です。


マニュアル系、特許系の図面を描かれている方であれば、一冊持っているとよいかと思います。
パラパラページをめくっているだけでも、参考にできるものが見つかると思います。

楕円分度器の使い方

楕円分度器の基本的な使い方を簡単に紹介しようと思います。


@CCF_000035



コチラが、楕円分度器。ちなみに、昨年の50周年記念パーティーを行った際、タニー商会の方が、在庫の楕円分度器や楕円テンプレートなどを沢山譲ってくれました。



それでは、前回紹介した技能検定の模擬課題図を例に説明します。


左の図に対して、右の図のように15度回転した状態の立体図を作成する場合の例です。
00_分度器



まずは、傾けていない、Z軸上にある図。
01_分度器



この例の場合、Y軸上に楕円分度器の短軸を合わせます。
08a5a101-s



そして、楕円分度器上の15°の位置を取ります。実際の15°ではありません。
02_分度器




次に、楕円分度器から縮み率、楕円度を読み取らなくてはいけません。
07_分度器





スイマセン、ブログで紹介するとなると、めちゃくちゃ長くなりそうなので、途中ですが一旦保留します。(ひどいブログだな〜〜〜〜)



要するに楕円分度器とは、アイソメトリックであれば、全円分度器を35°楕円と同じ比率で潰したものになります。
05_分度器


これだけでは、角度しか読み取れませんので、縮み率、楕円度の情報が必要になります。
06_分度器




結局、最後は宣伝をします。


詳しく知りたい方は、実践テクニカルイラストレーション 第2版をご覧ください。

961



次の土曜日のセミナーでは、こちらの著者の一人が、この本について紹介されます。
ご興味があるかたは是非、ご参加ください。


【書籍『実践テクニカルイラストレーション』解説セミナー 】(東京開催)
■日時:2020年1月11日(土)13:00〜17:00
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 C-505
■詳細 :こちら





また、特別、新年会というわけではありませんが、セミナーの後は、新宿に移動して懇親会も行いますので、興味のある方は、予定しておいてください。

2020年 明けましておめでとうございます。

謹賀新年


2020年、明けましておめでとうございます。本年も日本ビジュアルコミュニケーション協会(ジャビック)をよろしくお願いいたします。

ちなみに、新年にあたりジャビックからのお知らせはありません(((( ;゚д゚)))


ですので、個人的な今年の目標などを書こうと思います。

まず、今年の目標のひとつとして、テクニカルイラストレーション1級技能士を目指そうと思います。実際の試験日は2021年になりますが、それに向けて頑張ろうと思っています。


”今年度”の試験は2020年1月19日(日)に実施されます。今年受験される方は、きっと最後の追い込みをしている時期ではないでしょうか。ちなみに”次の年度(2021年)”では1級、2級、3級のすべての試験が実施される予定です。

今から、ざっと一年ありますので、テクニカルイラストレーション技能検定が気になっているかたは、是非、目標の一つとしてご検討ください。




さて、個人的なこととしてもう一つ。今年から普通二輪免許(マニュアル)を取得すべく、1月から教習所に通います。

昨年末、教習所の入校の手続きをしたのですが、この歳になって、また教習所に行くなんて、全然想像もしていなかったです。

バイク(マニュアル)は全くの未経験。不安もありますが、やはり、新しいことを始めるのは、ワクワクしますし、新しい世界に触れるのは楽しいものです。


2020年 図面関連、趣味共に充実した年にしたいです。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ投稿メンバー

JAVCメンバー
■ニテコ図研
■パテントドローイングサービス
■テクニカルライン
■平野安正
■テクニカルイラストレーターの日々忘備録...
■Gallery I&P


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ